ケイのブログです。 はじめての方は、カテゴリ「このブログについて」をご一読下さい。

2008年04月
« 前の月    |    次の月 »
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30
最新コメント
アイコン画像Naomi
ドライカレー (2007年09月30日)
アイコン画像ケイ@生活日誌
部屋探し (2007年01月15日)
アイコン画像なおみ@一人暮らし
部屋探し (2007年01月10日)
Yapme!一覧
第1週 / 2008年04月14日(月)
先週の水曜日から、前期の授業が始まっています。今年から、専門の授業が多く入ってきたので、学部で授業を受けることが多くなりました。

昨年度はほとんどが教養の授業だったので、選択肢がかなり広く、どの授業をとるか迷うことが多かったのですが、今期は卒業あるいは免許の必修の授業が大半なので、時間割の半分ぐらいは既に決定している感じです。

集中講義も多いので、現時点では48単位分、履修登録をしています。授業数が多いので少しキツいかなあとも思うのですが、なかなかどの授業も削れないので、減らしても登録が44単位ぐらいになると思います。

不安な授業が2つぐらいありますが、単位を落とさないようにやっていきたいなあと思います。
 
   
Posted at 22:31 / ●大学生活 / この記事のURL
コメント(0)
タコとナスのトマトパスタ / 2008年04月13日(日)
先週から前期が始まりました、2年生になりました。
このブログも長い間放置してしまったので、どうしようかなと思ったところですが、また再開してみます。

自炊ノートを更新するのは実に半年ぶりです(苦笑)
タコとナスのトマト煮込みを大量に作ったので、それをパスタにしてみました。

材料:イイダコ、ナス、トマトピューレ、にんにく、オリーブ油

タコは、ボイルのものではなく、生のものから調理しました。魚介類をさばくことに特に抵抗はありませんが、台所ににおいが残るような気がするのが難点です。
 
   
Posted at 23:21 / ●自炊ノート / この記事のURL
コメント(0)
JAVA / 2008年02月17日(日)
JAVAの課題が終わりました。私のメモに間違いがなければ、これで後期の課題は全て提出完了です。授業終了から1週間、ようやく春休みに入れる感じがします。

高校ではC言語を勉強していたので、JAVAは後期になってはじめて勉強しました。Cに近い部分があったので勉強は始めやすかったものの、JAVAの方が難しいように思いました。

課題は、時間が足りなくて当初予定していたものよりもいくつか機能を減らしてしまいましたが、とりあえず追加課題まで提出はできたのでよかったかなと思います。


出ていた課題は全部提出したので、あとは成績開示を待つだけです。後期は、前期に比べて登録授業数は少なかったのですが、他学部の基盤科目など、専門的な科目を多くとったので結構苦労しました。いくつかは不安な科目もありますが・・・、のんびり待ちたいと思います。
 
   
Posted at 23:08 / ●大学生活 / この記事のURL
コメント(0)
絶対わかる量子化学 / 2008年02月13日(水)
著書名:絶対わかる量子化学
著者:齋藤勝裕
出版社:講談社
出版年:2004年

化学の試験前に読んだ本です。量子力学の分野は本当に難しく感じるところが多かったですが、この本にはずいぶん助けられました。

数式をできるだけ避けて、図で示すことを念頭において書かれた本だったので、視覚的にとらえやすく、分かりやすかったです。

深く専門的に勉強しようとしている人には物足りないかもしれませんが、基本から勉強しようとする人には良いかなと思いました。
 
   
Posted at 15:00 / ○読書 / この記事のURL
コメント(0)
卒論発表会 / 2008年02月12日(火)
コースの卒論発表会を見学してきました。

それぞれの先輩が扱っているテーマが本当に様々なのでおもしろかったです。

私はまだ1年生なので、研究室配属や卒業研究というのはずいぶん先になりますが、自分の方向性を考える上でとてもよかったかなと思います。


 
   
Posted at 18:56 / ●大学生活 / この記事のURL
コメント(0)
科学史における女性 / 2007年12月04日(火)
作品名:科学史における女性
著者名:H.J.モザンス
訳者名:山下愛子
出版社:柏書房
出版年:1986

こちらも教養の期末レポートに関連して。レポート計画書の参考文献として読みました。全部は読めていませんが、女性科学者の様々なエピソードや考察がされていておもしろかったです。

 
   
Posted at 00:12 / ○読書 / この記事のURL
コメント(0)
キュリー夫人の生涯 / 2007年12月03日(月)
作品名:キュリー夫人の生涯
著者名:崎川範行
出版社:東京図書
出版年:1980年

教養の授業の期末レポートのために読みました。前回の「ニュートンの生涯」のシリーズみたいです。わりと読みやすく、おもしろかったです。

課題のラッシュでしたが、なんとか提出に間に合いました。今回提出したのはレポートの計画書なので、期末レポートのためにもう少し調べることになりそうです。
 
   
Posted at 23:06 / ○読書 / この記事のURL
コメント(0)
ニュートンの生涯 / 2007年11月30日(金)
作品名:ニュートンの生涯
著者名:スーチン
翻訳者名:渡辺正雄 田村保子
出版社:東京図書
出版年:1977

レポート課題のために読んだアイザック・ニュートンの伝記です。課題だけやるには読まなくても大丈夫そうな部分もありましたが、読みやすくおもしろかったので、1冊全部読みました。

ニュートンについての話ももちろんおもしろかったのですが、ハレー彗星の研究を行ったハレーのエピソードがすごく素敵でした。ちなみに、次回のハレー彗星の出現は2061年とされています。長生きすれば見れますね(笑)
 
   
Posted at 02:23 / ○読書 / この記事のURL
コメント(0)
面談 / 2007年11月29日(木)
今日はチューターの先生と面談がありました。前期の成績について話してきました。今回新たに開示される成績もあり、改めて自分の課題を実感しました。

とりあえず後期の目標は、理科の単位をできるだけ良い成績で取得することと、TOEICのスコアを伸ばすことかなと思っています。特にTOEICは前回受けたときはほとんど勉強をしていなかったので、次回は勉強してから受験したいなと思っています。


今日、大学ではAO入試の1日目の試験が行われていました。校内でも高校生の姿を見かけたりして、非常に懐かしく思いました

写真は、大学のバス停付近のイチョウの木です。バスを待つ間、冷たい風が吹くたびにこの葉が落ちていたのが印象的でした。あれからもう1年経ったんだなと思うと不思議な気がします。もっと頑張らなきゃなあと思った次第です。
 
   
Posted at 22:54 / ●大学生活 / この記事のURL
コメント(0)
学園祭 / 2007年11月17日(土)
高校の学園祭に行ってきました。在学時は、部活や生徒会などで担当があり、あまり他の学科やクラブの展示を見る機会がなかったのですが、卒業してようやく、ゆっくり見ることができました。

同じ高校でも、他の学科の専門内容はなかなか分からなかったりするので、知り合いの後輩に解説もしてもらいました。素敵な作品がいっぱいで楽しかったです。

同じクラスだったメンバーとも会えて、色々話を聞けました。特に、地元の工業大学の子の話は、私も進学を考えていた時期があったので、おもしろかったです。大学に入ってから苦労している科目が近かったりして、参考になりました。


学園祭の後、内輪で集まりがあったのですが、そこで一人の女性と出会う機会がありました。電子系を専門にされている方で、仕事のことや学生時代のことについてお話していただきました。理工系の女性と知り合う機会はなかなかないので、とても楽しかったです。
 
   
Posted at 22:23 / ●日常生活 / この記事のURL
コメント(0)
  | 前へ  
 
 Powered by yaplog!