鎧の中の安心感。 

July 16 [Mon], 2007, 2:00
何も着ていないはずなのに

何かに包まれているような感触

無機物の堅さにほんのり柔らかい感触

生ぬるい安心感。

脱ぎ捨てたくなった

この余裕、この慢心、このプライド。

ナイフで刺される刺激が欲しい。

この胸を、この腹を、ただ一突きして欲しい

心地よい貫通

心地よい風穴

すがすがしい思い切り

血が出るように

内面から噴出したい本当の感情

無防備な感情

鎧を

脱ごう。

槍で刺されてしまおう

そして噴出す血のごとく

感情を解き放とう。

もう十分暖めたのだから

もう十分温まったのだから

生きる気で

突き進もう

傷だらけにならないで歩く自分に

さよならだ。

傷つけてしまう・・・ 

April 04 [Wed], 2007, 19:39
傷付ける事しばしでごめん…

鈍感でごめん…

「疲れた」とか「もういい」とか

言われないと解らない程鈍感

でも気付いて欲しい

俺がどれだけ貴方に言われてからオロオロ
してしまうのか

どんな不安を覚えるのか

まるで貴方が砂になって俺の手からすり抜けていく感覚

必死で掴んでももう遅いような感覚

だから「疲れた」とか「もういい」

っていうのはあまり言わないで?

俺は貴方がいないとダメな男…

傷付けたのは自分だからなんて
割り切れない男

だから離れないで欲しい

貴方と最後なんて言葉は口にしたくないよ

いつも最初が来る方がマシ

ごめんね勝手で…

でも愛してるのは貴方だけだからどうしても貴方が砂になるのは嫌なんだ

いつも必死だよ

いつも一生懸命だよ

いつも愛しているよ…

来夢(らいむ) 

April 04 [Wed], 2007, 19:38
貴方と俺の夢は二人きりの幸せな世界

夢はとても単純で今まで生きてきた複雑な物じゃない

けどすごく難しい…

増えた気持ちが夢を創った。

俺は夢に向かってちゃんと歩いてるかな?

なんかわざわざ遠回りしてるみたいにも感じる長い道

その気になれば今すぐにでもできるはずなのにね…

でもきっともっと確実な道を通るために頑張ってるんだよね

今すぐにできる事って夢じゃない

叶えられる夢ならそれは夢じゃない

叶えられないけど叶えたいと思う

その遠い存在が夢

でもだったら今俺と貴方が夢に見てる物はなんだろう

夢じゃないのかな?

きっと今は夢

でもいつか夢じゃなくなる

その後きっと違う夢が産まれる

そうやって夢を持ち続けていたい

したい事、したくない事

全て夢に繋がっていく事

きっとたくさん越えていけば夢は夢じゃなくなるんだよね

汚いかもしれないけど夢=欲望だよ。

俺の貴方に対する全ての欲望は夢に繋がってるんだよ

だから安心して・・・

ずっと夢を完遂するまで

放さないから・・・・

涙一筋 幸せ一言 

April 04 [Wed], 2007, 19:37
涙がこぼれるたび昔の事を思い出す

それは辛いことでも悲しい事でもない

日常のある日の事

涙を一筋こぼすたび思い出も一筋現れる

そこに何かヒントがあるのだろうか

訳も解らないまま涙の中に何かを探す

思い出を一生懸命探る

でもいつもそこにはなにもなくて・・・

ただ懐かしいだけ・・・

そしてただ切なさや悲しみがこみ上げてくる・・・

涙が一筋・・・ふた筋・・・

そんな時に貴方から・・・

ねぇ・・・名前を呼ばれるだけで・・・

今まで悲しくて切なかった胸に

暖かい幸せと

どうしよもない愛しさが込上げてくる・・・

愛してる・・・

愛しき想いよ 

April 04 [Wed], 2007, 19:37
愛しき想いよ、天まで届け

愛しき想いよ、明日へ繋がれ

愛しき想いよ、君まで届け

愛しき想いよ、心を震え?

この愛しき時間よ、限りなく続け

愛しき言葉よ、海へと返れ

切なき想いよ、愛しき想いへ落ちてゆけ

愛しき君よ、ここへ来い

何処の想いよ、二人に語れ

永遠なぞ欲するがままだと

さよなら友情・・・

さよなら独りよがり

さよなら不安

さよならアイツ

たくさんのものにさよならを言って

今、君と今宵を楽しむ

とても美しく。

いみじく耳痛し静寂

黙して幸せを感ずる事

まことうれし

近い未来に夢を語れ

静寂に愛を語れ

なんと愛しき想いの溢れた未来だろうか

夏の夜 

April 04 [Wed], 2007, 19:36
夏の夜は匂いがする

昔から嗅いできた匂い

どこか切なく

どこか安心できる匂い

そう…花火をした後の匂い

そして胸を躍らせワクワクする明日への匂い

明日への期待と今日の不安…

いろんな想いが交差し交わる

気分のいい匂い

夏の香りは懐かしい

たくさんの想い出達は夏の香りに誘われて

頭に過ぎりまた消える

そんな切なくもしみじみ感じる安心感

氷雨 

April 04 [Wed], 2007, 19:35
雨は冷たく…

冷めた空気が僕の心深い闇と現実の渦を蘇らせる

心は酷く熱いのに奥深くから氷雨につられ

冷たく切ない想いが熱くなった心に痛く感じる

でも冷たい空気冷たい想いがいつも僕に現実を見せてくれる

これが今の世の姿だと

もうこの世に春なぞ来ないと

真実か偽りかは知ることができない。

ただ氷雨は痛く惨い者だ

なぜそこまで切ない想いをぶつけるのだろう

僕には辛いだけなのに…

いつでも熱く熱く燃えていたいのに…

春の匂い 

April 04 [Wed], 2007, 19:34
春の散歩は気持ちがいい

冬の重苦しい物が取れて軽くなり

匂いは花だけでなく風の匂いもする

散歩してると

心がポカポカしてくる

のほほんと歩いていると…

たまにぶつかる

春はいい季節だ

でも夢ばかりを膨らませる時がある

俺はそんなに夢がないから

関係ないけど

春夢心地の風そよそよ

時と狭間と速度 

April 04 [Wed], 2007, 19:34
無駄な時間なんか過ぎちゃえ

俺にとって不都合な時間なんかいらない

幸せ、楽しい、嬉しい、そんな時間だけになってしまえ

他なんか秒速で流れてしまえば良い

消えてなくなるくらい早く過ぎてしまえ

勉強の時間なんかいらない

意地悪な時間なんか消えちゃえ

めんどくさい事なんか消えちゃえ

欲深な事でも

そんな望みなんかたくさんある

どこでも

いつでもあるもんなんだ

とっとと予定通り過ぎてしまえ

無限の時間があれば思える

無限の中では全部楽しく流れる時間だけでいいのにな?

バイバイ時間

バイバイ常識の鎖

バイバイバイバイ

欲深になるのは悪い事かな?

いいじゃない

知ってるんだから

苦しい事も

悲しい事も

切ない事も

だから求める時間のマッハ

過ぎ去れ要らない時間

消えろよ

邪魔な時間達

時間の選択ができるならいいのにね?

笑ってしまえ

こんな自分

笑い飛ばしてしまえ

こんな時間

仕方ないよ

要らないんだもん

わがままなんだもん

バイバイ

春の夜に夏の香り 

April 04 [Wed], 2007, 19:33
こんな夜長に誰でしょう?

戸をあけてみたら

夏がいました

まだ早いですよ

いくら暖かくても

夏ではないんですよ

お帰りなさい

西へ西へ

さぁお行き…

ここはまだ春ですよ

貴方はまだ招かれてはいません
P R
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:UZURA
  • アイコン画像 性別:男性
  • アイコン画像 誕生日:9月18日
  • アイコン画像 血液型:B型
  • アイコン画像 現住所:宮城県
読者になる
2007年07月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
Yapme!一覧
読者になる