空港で 

February 01 [Tue], 2005, 17:01
1日日

空港は平日なので空いていました。
出発はPM9:15 QF60便です。
早めに家を出たので 余裕がありました。

成田までは 荷物も預け 手ぶらだったし 時間もあったので 京成の特急でのんびり行きました。それで充分。国内では節約です。

帰りの便の到着は 夜で きっと寒くなるでしょうから
ダウンジャケットを空港のカウンターに預けていきました。これがかなり良かったです。

帰国到着したとき 成田は暖かかったのですが 上野駅に着いたら猛烈な寒さだったのです。ケアンズと東京では30度以上の気温差があったと思います。しかし この後アタシはダウンを着ても 結局は風邪をひいてしまうんですが・・

冬の旅は要注意です!

機内食まで時間があるので 空港でラーメンを食べました。

外は 段々薄暗くなっていきます。
あんまり旅行気分にならなかったな。どうしてでしょう。

しかし 5年ぶりに日本脱出です。

麻薬捜査犬 

February 02 [Wed], 2005, 6:01
2日目

8時間(時差1時間込み)くらい乗ったら ケアンズです。

乗客はほとんど日本人だったように思います。
飛行機はケアンズ経由シドニー行きでした。
機内の中では眠れたような眠れないような。
まぁしかたないでしょう。

早朝 ケアンズ空港に降り立つと 
早速 麻薬捜査犬でしょうか?
活躍していました。

ある日本人の人は手荷物の中の大量の食べ物をチェックされていました。ククク。

かわいい働く犬です。

街の中 

February 02 [Wed], 2005, 11:55
  

 
ケアンズの街の中です。
かなりの暑さにうだってしまいました。
蒸し暑いのなんのって。

ケアンズ=爽やかな気候だと勘違いしていたアタシはココは日本か?と思いました。

初日は街中を見て歩こうと思いましたが 
歩くのは午前中早くが 限界のようです。(泣)

ケアンズは 素朴な街です。

木陰が欲しい 

February 02 [Wed], 2005, 12:10












街中には ところどころに緑もあります。
まぁこんな樹ばっかりなのです。ケアンズというところは。

熱帯雨林の林には こういう樹ばかりです。

これは 街中にあった樹。みんな木陰で休んでました。
あまりの暑さに・・・

ホテルで 

February 02 [Wed], 2005, 17:35














ホテル(ケアンズ コロニアル クラブ リゾート)の敷地はジャングルみたいになっています。
部屋はコテージのようになっていてすべての部屋が1階か2階です。
ホテルの敷地内にも自然がたっぷりです。





ヨーロッパの人などは こういうところに長期滞在するんじゃないでしょうか?

本当の贅沢ですね。

敷地内には高級レストラン(アタシは行かなかったけれど)プール(ここは夜も入れます)ジム、ランドリーなどもあり、朝は 鳥の声で起きます。

夕日 

February 02 [Wed], 2005, 18:18
 
ホテルの隣は だだっ広いサッカー場になっています。
遠くのほうで 少年たちが サッカーの練習をしていました。

散歩をしていたら 番犬らしきシェパードがいて
歩いている女の人に吠え掛かっていました。

『アナタの犬?』と聞かれたので
『ノー!!』と言いながら アタシはビビッて遠回りして歩きました。

そんなこんな・・していたら
日が落ちてきました。ケアンズ初日の夕日です。

きれいでした。

ケアンズ2日目の朝 

February 03 [Thu], 2005, 6:46

3日目

ホテル(コロニアル クラブ リゾート)の入り口です。
こうやってみるとかなりトロピカルですね。
早起きしてみました。




正面はこんな感じ ホテルはケアンズの街からは ちょっと離れたところにあり 街までは1時間に1回のシャトルバスがあります。正直 ちょっと不便かなとも思いますが。 
自然と便利さはあんまり共有できないですもんね。

朝の花 

February 03 [Thu], 2005, 6:53
夏ですから朝は 早起きしないと損しますよね。
近くのお宅のガーデニングなどなど。

















39 

February 03 [Thu], 2005, 7:00


39(THANK YOU!)と書いてあるポストを見つけました。

39は 今回の旅では 縁のある数字でした。
かわいい色合いなので写真に撮りました。

この辺りに住んでいる人で 子供と一緒に大笑いしているお母さんを見かけました。なんだかとってもおおらかで 楽しそうでした。

それにしても この旅で 何回〜39〜と言ったことでしょう。

ウールーヌーラン熱帯雨林 

February 03 [Thu], 2005, 9:56


今日はウールーヌーラン国立公園の熱帯雨林に向かいます。ウールーヌーランは どちらかと言うとマイナーな熱帯雨林で地元の人が行くということです。

左の写真は鳥の巣ということですが 車の中から撮ったのであんまりよく写っていないですね。






ここは 天然の川の滑り台になっています。
川をちょっと泳いで渡って 岩によじ登りスルーっと滑るアレです。

なんだか初めはちょっと怖かったけれど やってみると
かなり楽しく 病み付きになりそう。

水着のおしりのところが苔で真っ黒になってました。
足元は苔でツルツル滑りました。
ウォーターシューズが必需品ですね。

余談ですがココで同じワゴンに乗った20歳前後の日本人男女二人連れの行動力にはびっくりしてしまいました。アタシがモタモタしている間に もうサッサとかなり深い大きな川を泳いで渡り、岩によじ登り、飛び込みなどしています。

女の子の方はスポーツ用水着で1日中いて ほとんど裸みたいな格好でスタコラ歩いています。スタイルも良くて 結構それがさまになっているのです。

しかも、この二人は 恋人や夫婦でもなく ただの友達ということでした。世界のあちこち行っているようでした。アタシは 日本人も変わったなぁと妙に感心してしまいました。(なんだか年寄りくさいですね) 

そして 彼らに今まで日本人があんまり持っていなかった無理のないのびやかな自由さを感じ ちょっと 羨ましくさえ 思ってしまったのでした。
2005年02月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:kei-aoringo
読者になる
Yapme!一覧
読者になる