◆PR◆
目の下のたるみっておばさん度増しちゃうよね・・。
自分だけは特別だ、なんて思わないでくださいね。
やってみたら本当にすごかった!目の下のたるみをとる効果的な方法を発見


どうしても消えない赤いニキビ痕を消すための3ステップ【最終手段】

January 09 [Fri], 2015, 9:14
女性にとって困る肌トラブルはいくつもあります。その中で男性ウケをアップさせたいなら「ニキビ」は絶対に改善させないといけません。男性に話を聞いてみると、8割以上の男性が「ニキビがある女性は嫌い・苦手」だと答えるのです。冷静に考えてみて、ニキビっていい印象を与えるわけがないので、そう思われてしまっても仕方ないですよね。実際にスキンケア不足や生活習慣の乱れが原因になるものなので、不潔な印象をもたれてしまいます。ニキビはもちろん、ニキビ痕も消したいもの。赤みを帯びたニキビ痕に悩まされている方にぜひ実践してもらいたいのが以下の3ステップです。


(1)まずは洗顔を正しく行いましょう

そもそもなのですが、ニキビができてしまうことを予防しなくてはなりません。ニキビ痕を治しても今のままのスキンケアではまた新しいニキビが発生する可能性があります。なので、まずは正しい洗顔方法を身につけることが大事です。ニキビができやすく、ニキビ痕になりやすい方はどうしても洗顔時にゴシゴシとしてしまう傾向が強いです。ゴシゴシするとお肌は血行が悪くなり、ニキビができやすくなるので注意が必要です。洗顔は泡だけで洗うことがポイントになってきます。手が触れるか触れないかぐらいの感じで十分に汚れを落とすことができます。洗顔料に関してもスクラブ洗顔などお肌に負担をかけるものからは卒業しましょう。なるべく泡立ちのいいものを選ぶようにしてください。


(2)洗顔でダメなら美白美容液を使いましょう

洗顔を丁寧に行ってあげるとある程度ニキビはひいてきます。それでもダメだ、と言う場合は、美白美容液を使ってみましょう。このときポイントになるのが、ビタミンCが配合されているかどうかです。ビタミンCが配合されているものを選んであげましょう。ビタミンCは抗炎症作用があったり、皮脂の分泌を正常化させる働きがあるので、今あるニキビに対して、さらには今後できるニキビを対策できます。また、ビタミンCはメラニン色素を抑えるのでニキビ痕に対しても有効です。ビタミンCはもともと浸透があまりよくないので、浸透のいいビタミンC誘導体として配合されているものがおすすめです。


(3)美白美容液でダメならケミカルピーリング

美白美容液を使ってもニキビ痕が改善されないという場合は、ケミカルピーリングを行なってみましょう。ケミカルピーリングとは、簡単に言うと、古い角質を取り除く美容法です。AHAといった成分を使って古い角質を取り除くことで、ニキビ痕を消し去ることができます。ただ、お肌への影響が少し大きいので、敏感肌の方は細心の注意を払って行なってみましょう。これまではクリニックやエステで行なってもらうのが主流でしたが、最近は自宅でピーリングができるジェルなんかも登場しています。自宅用のほうが刺激が少ない傾向にあります。

美肌になりたいならコエンザイムQ10!効果効能と摂り方のポイント

January 05 [Mon], 2015, 8:56
美容成分といえばコラーゲンやヒアルロン酸、今だったらプラセンタあたりを想像される方が多いかもしれません。たしかにこれらの美容成分はお肌を元気にしてくれるものですが、言ってしまえば、その働きは限られています。もっともっとお肌は色々な悩みを抱えるものなので、他にも美容成分について知らなければなりません。ぜひ知っておいてもらいたいのが「コエンザイムQ10」の働きです。そのネーミングを聞いたことがあるという方は多いのではないでしょうか。ここではコエンザイムQ10の美容効果と摂り方のポイントに迫ってみます。


(1)コエンザイムQ10はアンチエイジングに大活躍

コエンザイムQ10の働きとして最も有名なのが抗酸化作用です。抗酸化作用とはよくいいますがどのような働きのことなのか曖昧に思っている方も多いでしょう。抗酸化作用、つまり、酸化に対抗する働きのことですね。お肌は活性酸素が増えることで酸化してしまうのですが、酸化とは簡単にいえばサビつき・お肌の老化のことです。活性酸素を増やさないように抗酸化作用を高めることでお肌の老化を防止するのがコエンザイムQ10などを始めとするアンチエイジング成分の役割なのです。他にも、お肌の新陳代謝を良くする働きもあります。疲労回復にもいいと言われているので、中年以降ならだれでも摂取がおすすめできる成分なのです。


(2)コエンザイムQ10は実は食べ物から摂ることができる

コエンザイムQ10って化粧品などに配合されているイメージがとても強いですが、実は食材にも含まれている成分なのです。コエンザイムQ10は肉類、魚類、豆類、野菜など様々なものに含まれています。肉類なら全般、魚類ならイワシやサバ、マグロなどの青魚系がおすすめです。青魚に含まれるオメガ3脂肪酸もまたお肌にいいので青魚不足の方は積極的に取り入れてみください。豆類なら大豆や枝豆、きなこあたりがおすすめです。野菜だとキャベツやほうれん草、ブロッコリーあたりがおすすめです。キャベツは食物繊維が豊富なので便通を改善させてお肌の調子を整えてくれたりもします。


(3)コエンザイムQ10はサプリメント・化粧品で摂ると効率的

(2)でも言及したようにコエンザイムは食材から摂れる美容成分です。でも、お肌に必要な量を補うには、とてもじゃないですが食材から賄うのは難しいです。たくさん食べると太る原因になったりすることもあるのでその点も注意しなければなりません。いちいちレシピを考えるのも面倒ですよね。そこでサプリメントや化粧品からお肌に与えてあげることを考えてもらいたいのです。コエンザイム10系のサプリメントだと費用もとても安いですし、化粧品にも高い確率で配合されているので、おまけとして配合されているぐらいのものでも十分です。効率良くお肌に与えることを考えたほうがいいです。

水を飲む人のほうが飲まない人に比べてお肌の調子がいい理由とは?

December 26 [Fri], 2014, 9:15
あなたの周りにも、年齢からは想像もつかないほどお肌のキレイな方が1人はいるのではないでしょうか。私は幸いにも、美容系の会社に所属していますので、そういった方が周りにたくさんいます。お肌のキレイな方ってそうではない方と比べると、色々なところに違いがあるんですよね。私が驚いたのは、とにかく水分補給を心がけているところ。ある方は、会社に2Lのミネラルウォーターを持参していたりします(笑)。最初は笑ってしまったのですが、その理由を聞いて納得しました。美女がこぞって水分補給を心がけるのはこんな理由がありました♪


(1)朝にコップ1杯の水を飲んで便秘改善

まず、必ずといってもいいほど朝の水分補給を心がけているそうです。朝って本当に朝で、朝起きてからすぐにコップ1杯の水を飲んでいるそうです。なぜか理由を聞いてみたら、朝は腸の動きが鈍くなっているようで、本来は便を排出させないといけない時間帯なので、この時間帯に便を出してあげないとダメだというのです。コップ1杯の水を飲んであげることで、腸の蠕動運動を活発にできると言われているらしく、朝からドバっと出るようになると教えてくれました。私も実際に実践してみましたが、便秘体質だったのに今でもほぼ毎日出るようになっています。水ってすごい!とその時実感しました。


(2)冬場は白湯を飲むことでお肌の新陳代謝を向上

水分補給はなるべく行なうほうがいいのですが、冬場に関しては飲み過ぎには注意したほうがいいかもしれません。というのも、冬は何をしなくてもお水が冷たいので、腸を冷す原因になってしまうからです。(1)では水分補給が便通改善に役立つと言いましたが、その反面、冷たいお水は腸を冷やして便秘を加速させる可能性もあるので、冷たいお水には注意しないといけません。冬場におすすめなのは白湯(さゆ)です。白湯は体を温めるのに本当に効果的で、新陳代謝の向上にもつながるので、冬場は普段から意識して飲んであげるようにするといいです。


(3)今なら水素水が圧倒的におすすめ

今モデルさんの間で密かに話題になっているのが水素水です。水素水とは、その名のとおり、水に水素が高濃度で溶け込んでいる飲み物です。水素ってあんまり体にいいイメージはないと思いますが、活性酸素を取り除くのに効果的と言われています。活性酸素は年齢とともに溜まってしまうものですが、これがお肌の老化の原因になると言われているので、活性酸素を取り除ける=アンチエイジングに大活躍ということになります。血液サラサラ効果もあると言われているので、ダイエットにもよかったりします。粉末タイプのものよりもそのまま飲めるペットボトルや個包装タイプのほうがおすすめです。

吹き出物肌の原因は代謝低下!お肌の代謝を高めるマッサージとツボ押し

December 22 [Mon], 2014, 8:57
肌荒れを起こしては対策、の繰り返しになっていませんか?自分は肌荒れしやすいタイプだからお肌が荒れてしまうのは仕方ないこと、と諦めてしまうのが一番ダメなパターンです。大人になってからの肌荒れは基本的に自分自身に原因があると思ったほうがいいので、これからは肌荒れしにくいお肌を作ることを意識していきましょう。吹き出物の原因は皮脂以外にも代謝低下が原因だと言われることが最近多くなっています。お肌の代謝を高める3つの方法を実践してみましょう♪


(1)マッサージのコツ1:まずはお顔周りの血行を促進

吹き出物肌から脱出するには顔の血行をよくして代謝を高める必要があるわけですが、血行というのは体全体が関与してくるものだと思ってください。なので、顔の血行だけを良くしようと思ってもなかなかよくならないのです。顔の血行を良くするには、まずはお顔周りの血行を良くしないといけません。顔の周りだと耳の下と鎖骨にリンパが集まっているので、耳の下から鎖骨に向かってさすってあげるようにマッサージをしてみましょう。こうすることでお顔周りの血行が良くなり、次第に顔全体の血行もよくなってきます。この一手間を加えるのと加えないのとでは大違いなので、このステップは必ず取り入れてください。


(2)マッサージのコツ2:内側から外側に向かってマッサージ

次に実際に顔をマッサージしていきます。顔をマッサージするときにポイントにしておきたいのが、内側から外側へ向かってマッサージをしてあげることです。内側から外側へ向かうことで、老廃物を外側へ排出することができるので、代謝向上と同時にむくみも取り除くことができたりします。マッサージは基本的に人差し指もしくは親指を使って行なってあげるようにするといいです。ほうれい線がある方は、ほうれい線に触れるとシワが深くなることがあるので、シワにはなるべく触れないように注意しましょう。マッサージをするときはクリームを付けて行なうと乾燥予防にもなります。


(3)肌機能を向上させるツボ押し

マッサージを行なうという方はとても多いと思うのですが、ツボ押しまでやられる方は少ないのですよね。ツボ押しって実はかなり効果的なので、知らなかった方はぜひやってもらいたいのです。顔にはいくつかのツボがあります。特に押してもらいたいのは「乳様突起」です。乳様突起は耳のすぐ裏側にあるツボで、位置としては、骨の出っ張りが目安になります。このツボを押すことによってお肌の新陳代謝を促す事ができると言われているので、親指を使ってギューッと10秒ぐらいかけて押す&離すを何度か繰り返してあげましょう。他にも鼻の両脇にある「迎香」、目尻の外側にある「瞳子りょう」といったツボが吹き出物予防に効果的です。

意外!普段食べていたあの食べ物が冬の肌トラブルに役立っていた件

December 16 [Tue], 2014, 9:18
冬の食べ物と聞いて何を思い浮かべますか?カニやあんこう、かぼちゃ、ごぼう、だいこん、いよかん、みかん、りんご、と色々思い浮かべることができますよね。冬は食材の宝庫と言われてることもあるように、美味しいものが増える季節です。冬の食べ物の中でお肌の調子をよくしてくれるものって実はたくさんあるのです。腸内環境はお肌の調子を表すものですから、食べるものにも気を使ってあげないと冬はお肌の調子もあがってきません。冬に食べるとお肌の調子がグンッとアップしちゃう3つの食材がありますので、その効果についてまとめてみることにしました♪


(1)鮭でお肌のカサつきを予防・改善

冬の魚といえば、私は真っ先に鮭を思い浮かべます。そのまま食べてもいいですし、お味噌汁に入れて食べたりするのも絶品ですよね。色々な調理法があるので、飽きないのもいいところでしょう。鮭が美容にすごく注目されているのは、鮭のピンク色の色素のもとになっている「アスタキサンチン」という成分にヒミツがあります。アスタキサンチンは活性酸素(=お肌の老化が進む原因)を取り除く働きがありますので、アンチエイジングに大活躍してくれるのです。最近はアスタキサンチン配合のアンチエイジングサプリや化粧品もかなり多くなってきています。


(2)かぼちゃで肌荒れ対策

普段からよく食べる野菜でもありますし、甘さがあるので好き嫌いが分かれにくい野菜として人気のかぼちゃ。実はかぼちゃも美容にすごくいいのです。そのヒミツはビタミンAを多く含んでいることにあります。ビタミンAは皮膚の粘膜を強化する働きがあると言われていますので、肌荒れ予防にすごく効果的なのです。またβカロテンもお肌にすごくいい栄養素のひとつです。βカロテンは油を使うことで吸収率が上がると言われているので、調理の際に油を使ってあげるといいです。


(3)みかんでニキビ、美白、ハリ不足を解消

果物で何がいいか?と聞かれたら「みかん」と自信をもって私は答えます。冬になると親戚からみかんが送られてくるので、私は毎年のように食べるのですが、みかんはただ美味しだけではないんですよ〜。みかんには「ビタミンC」がとても多く含まれています。ビタミンCはメラニン色素をブロックする働きがあるのでシミ・くすみ対策に効果的だとしてよく知られていますが、他にも、炎症を抑えるのでニキビ予防、さらにはコラーゲンとの結びつきを強めるのでお肌のハリ感アップにも効果的だったりします。

大事なのはスキンケアじゃないかも?マシュマロ肌の本当の作り方

December 10 [Wed], 2014, 9:02
今流行のお肌といえば「マシュマロ肌」ですよね。一見キレイに見えるお肌をした方ってたくさんおられると思うのですが、柔らかいお肌を持っている人って実はそんなに多くなかったりします。マシュマロ肌はキレイなお肌+柔らかいお肌なので誰からも羨ましがられるお肌として今すごくなりたいお肌として人気になっています。マシュマロ肌を作るには日々のスキンケアにもう1つ、2つ、何かをプラスしてあげなければならないのです。食事、睡眠、あらゆる面からアプローチしてあげるようにしましょう。


(1)食事で取り入れたいのは亜鉛と鉄分

お肌の調子を整えるのには基本的に栄養バランスを整えることが大事です。他にも、ビタミンが多く含まれる野菜や果物を取り入れるといいと言われていますよね。例えば、ビタミンCはニキビやシミ、お肌のハリ不足など様々なトラブルを対策してくれます。さらに取り入れたいのが亜鉛と鉄分なのです。亜鉛と鉄分はともに皮膚の新陳代謝を高める働きがありますので、お肌の調子を根本的に支えてくれる成分なのです。亜鉛や鉄分は牡蠣や豚肉のレバー、牛肉、ほやなどから多く摂取できます。


(2)半身浴でお肌の新陳代謝を向上

マシュマロ肌を手に入れるために最も大切なのは、お肌の新陳代謝を高めるということです。お肌の新陳代謝とは、お肌というのは古い角質が溜まってしまうもので、これを排除するにはお肌の新陳代謝(=ターンオーバー)を高めることが大事になります。例えば、30〜40分の半身浴をするだけでも体全体の血行が良くなり、お肌の新陳代謝が高まりやすくなります。毎日行うのは無理にしても週に3〜4回行うだけでだいぶ変わるので、ぜひ実践してみてください。


(3)睡眠を見なしてみましょう

特に若い女性に多いのですが、夜更かしをしてしまいやすいですよね。なんとなく眠れないから、好きなテレビ番組があるから、夜更かしをしてしまう理由は人それぞれですが、お肌のことを考えるなら夜更かしはやめるべきです。お肌と睡眠はとても深い関係にあるからです。私たちは寝ている間に成長ホルモンが分泌されるのですが、これがお肌の新陳代謝を向上させるのに欠かせないと言われています。成長ホルモンは入眠後3〜4時間で分泌されると言われているので、最低でも5時間の睡眠はとるべきです。ただ、5時間では疲労がとれません。疲労もしっかりととるために毎日6〜7時間の睡眠を心がけるようにしましょう。