顔太り解消は難しいけど無理じゃない!2週間やれば変わる顔やせダイエット

February 16 [Mon], 2015, 8:51
昔の写真と見比べてみると、顔太りがすごく気になったりしますよね。どうして年齢とともに顔は太りやすくなってしまうのでしょう?それは、表情筋や口輪筋が衰えてしまい、脂肪が蓄えられやすくなってしまうためです。大人になってくると喜怒哀楽を表現することも少なくなってしまうので、どうしても顔の筋肉は使われにくくなってしまいます。だから、年齢とともに顔太りに悩まされてしまうのは仕方ないことだとも言えるのです。でも、ブルドック顔は恥ずかしいですよね。そこで今日はこれから2週間やってもらいたい顔太り解消法をご紹介します。


(1)まずはリンパマッサージで血行促進

顔太り解消のためにまず行なってもらいたいのがリンパマッサージです。リンパマッサージの大きな目的は血流を促進できることにあります。一見、顔太りには関係ないと感じるかもしれませんが、大ありです。顔太りを感じやすい方は、むくみを感じている可能性が非常に高いのです。むくみは血行不良によって起こってしまうリンパマッサージがすごく有効になってきます。顔の血行不良を改善させるのに効果的なリンパは耳の下と鎖骨周辺にあります。顎の下から耳の下のリンパに向かって引き上げるようにマッサージし、耳の下から鎖骨に向かってさするようにマッサージをしてあげるだけで顔全体の血行を良くすることができます。


(2)舌回し体操で表情筋をトレーニング

顔太りが気になってくる原因のひとつはむくみですが、もうひとつに脂肪を原因とするものがあります。表情筋が衰えてくると皮膚が重力に耐えられなくなってしまい、これがたるみとして形成されてしまうのです。たるんだ筋肉はトレーニングよって鍛えるしかありません。最も簡単にできるものでおすすめなのが舌回し体操です。舌を使って歯茎を舐めまわすような感じで時計回りでもいいですし、反時計回りでもいいのでぐるぐると回転させてみましょう。これだけで顔周りの筋肉を鍛えることができます。毎日行なうことが大切です。


(3)美顔ローラーで頬肉を取り除こう

お金は多少かかるのですが、お顔の贅肉を取り除くのに効果的なアイテムとして美顔ローラーもおすすめします。使ったことがある方も多いのではないでしょうか。おすすめしたいのはリファシリーズですね。リファシリーズはマイクロカレントやリンパドレナージュといった贅肉やリンパを取り除く機能がついていますので、ただコロコロするだけで簡単に顔太りを解消させることができるんです。ボディまで使えるものだと4万円ぐらいするのですが、顔専用のものだと2〜3万円で買えます。

お酒好き=太りやすいというのは大きな間違い!お酒との上手な付き合い方

February 09 [Mon], 2015, 8:50
あなたの周りにもお酒好きの方っていると思います。もしくは、あなた自身が大のお酒好きなんてこともあるかもしれませんね。お酒を良く飲む人は太っているというイメージがありませんか?私の父親が大のビール好きで、たしかに“立派な”ビール腹をしていましたね(笑)。ああいうふうにはなりたくないと思ってこれまでお酒を毛嫌いしてきましたが、社会人にもなるとお酒の席はどうしても増えてしまいます。でも、お酒とも上手に付き合っていけば太らないで済むのです。お酒を良く飲まれる方に注意してもらいたいことをいくつかあげてみます。


(1)お酒はカロリー・糖質の低いものを選ぶ

お酒にも色々な種類があります。まずはカロリーに注目してみましょう。カロリーが低いのはビールもしくはワインです。ただ、ここでポイントになるのが糖質にも注意すること。ビールなんかはカロリーが低いですが、糖質が多いので、たくさん飲むと体脂肪がつきやすくなります。実際、ビールだと何倍も飲めてしまうので、そう考えると少ない量で満足できるワインのほうが断然おすすめなんですよね。ブランデーやウイスキーなど、いわゆる蒸留酒は製造過程で糖質が加わらないので、カロリーこそ高いものの、実はダイエット中におすすめできるお酒だったりします。ビールはとにかく危険、ということを覚えておきたいですね。


(2)お酒のお供は揚げ物ではなく大豆製品を選ぶ

お酒の選び方に注意するのとともにお酒と一緒に食べられる肴についてもちょっと注意したいことがあります。まず絶対禁物なのは揚げ物です。揚げ物は脂質が非常に多いので、ダイレクトに体脂肪を蓄えてしまう原因となってしまいます。おすすめなのは大豆製品。例えば、豆腐や枝豆ですね。大豆には良質なタンパク質が含まれています。タンパク質は筋肉を作る働きがあり、代謝向上に欠かせない栄養素です。大豆製品以外なら、刺し身もおすすめ。刺し身もタンパク質を摂れますし、サバやイワシなんかはオメガ3脂肪酸と呼ばれる代謝を高める成分も摂れるので、実は刺し身はダイエットにかなり向いているんです。


(3)シメの雑炊やラーメンは絶対にNG

居酒屋でお酒を飲んだらシメとして雑炊やラーメンを食べたりしていませんか?これがあなたが太る原因の大きな理由だと言えます。食べる順番ダイエットというのがあって、この理論でいえば、最後に炭水化物を持ってくるのは理にかなっているのですが、散々飲んで食べた後などでそこに炭水化物を持ってくるということは大打撃としかなりません(笑)。シメを食べたい気持ちはわかりますが、好き勝手飲んでは食べたのですから、最後ぐらいはケジメをつけましょう!

便秘以外にもダイエットに役立てたい方が知っておくべきヨーグルトの選び方

February 03 [Tue], 2015, 8:50
ヨーグルトといえば、乳酸菌を多く含むので便秘解消に役立つことで知られていますよね。乳酸菌は腸内で善玉菌の量を増やしてくれますので、これが便通を良くするのにいいと言われています。便秘を解消することができるので、腸内で不要なものが溜まりにくくなりますので、ぽっこりお腹を引き締めることができます。また、人によっては1〜2kg程度の減量にも期待することができるかもしれません。でも、実はヨーグルトはそのような便通改善効果以外にも期待できることがあると言われているんです。今日はヨーグルトの成分からみるダイエットに関する意外な働きについて迫ってみることにします。気になる成分が配合されているヨーグルトを選んであげるようにするといいです。


(1)代謝向上を望むなら「クレモリス菌」

代謝を高める成分として知られているのが「クレモリス菌」です。もっと具体的に言うと、クレモリス菌は血液をサラサラにする働きがあると言われています。体の中で血液の量が増えることで、脂肪が燃焼されやすくなるなど、代謝が高まりますので、代謝向上を望むのであれば、クレモリス菌が配合されたヨーグルトを選んであげるのがおすすめです。


(2)メタボが気になるなら「ガゼリ菌SP株」

メタボ対策に役立つと言われているのが「ガゼリ菌SP株」です。最近特によく耳にする成分だと思います。CMなどでもこのワードをよく耳にするように、今とても注目されている菌類で、メタボ対策に役立つので、中年以降のダイエットに役立ててもらいたいと思います。多くのヨーグルトに配合されるようになってきているので、比較的、手に入りやすいです。


(3)番外編:ヨーグルトに加えたいものとは?

ヨーグルトはそのまま食べるだけでも全然構わないのですが、より効果的にダイエットに役立てるためにあるものをプラスしてもらいたいと思います。そのあるものというのが、例えば、オリゴ糖。オリゴ糖は善玉菌の餌となりますので、便通改善により役立ててくれるようになります。ショウガパウダーやシナモンパウダーなんかは体を温める働きがありますので、脂肪燃焼や代謝向上に役立てることができます。個人的におすすめしたいのはBCAA配合のアミノ酸パウダーをミックスすることです。BCAAはバリン・ロイシン・イソロイシンの3つの必須アミノ酸の総称で脂肪燃焼にすごく効果的だと言われているので、体脂肪が気になる方はぜひ取り入れてみてください。アミノバリューやアミノバイタルといったBCAA配合の有名ブランドのサプリが充実しています。

ダイエット効果アップに欠かせない成長ホルモンを促す3つの方法とは?

January 28 [Wed], 2015, 8:51
「成長ホルモン」というワードは聞いたことがあると思います。でもそれが実際にどのような働きをするかまでは知らない方も多いのでは?成長ホルモンが分泌されると、筋肉量の低下を予防できると言われています。筋肉量の低下を予防できる=代謝を高めるという意味になりますので、ダイエットにおいて成長ホルモンがいかに大切であるかはよくわかると思います。ただ、成長ホルモンをどうやって促すのかを知らない方もまた多いんですよね・・。成長ホルモンは主に3つの方法で促すことができます。


(1)睡眠:入眠後3〜4時間がポイント

成長ホルモンの分泌を促すのに最も効果的だと言われているのが、睡眠です。これまで、成長ホルモンを促すためには早寝早起きをすることが大事(具体的には22時〜2時の間に寝ることが大事)だと言われてきたのですが、最新の研究ではこれが見直されています。実は睡眠時間よりも入眠の深さのほうが大事だと言われ始めているのです。もっと具体的に言うと、入眠後3〜4時間がすごく大事で、この間に深い眠りにつけると成長ホルモンが分泌されやすくなることがわかっています。なので、単純に睡眠時間を増やすのではなくて、眠りの深さを追求したほうがいいのです。


(2)運動:適度な運動を心がけること

成長ホルモンの分泌を促すためにやってもらいたいことのひとつに「運動」が挙げられます。運動はダイエットにおいてそもそも欠かせないものなのですが、成長ホルモンにも大きく影響を与えます。私たちの体は筋肉が破壊されると、その筋肉の修復のために成長ホルモンの分泌が活発になると言われているからです。なので、適度に運動をしてあげたほうが成長ホルモンの分泌量を増やすことができるわけです。もちろん、運動はダイエットにおいていいものですから、一石二鳥だといえるでしょうね。週に2回程度運動をするようにしたほうがいいでしょう。


(3)食事:特定の食材を摂って分泌促進

意外なところでいえば、「食事」に工夫するだけでも成長ホルモンの分泌を促すことができるんです。では、どういったものを食べたらいいのでしょう。「アルギニン」と呼ばれる成長ホルモンを促すアミノ酸が多く含まれている食材が使われた料理を好むようにするといいです。豆類だと豆腐や納豆などの大豆製品、魚介類なら特にエビ、肉類なら特に鶏肉がおすすめです。ナッツ類にも多く含まれていて、ナッツ類であればくるみまたはカシューナッツがおすすめです。

顔太り、足太り、二の腕太りに効くリンパの場所とマッサージのやり方

January 22 [Thu], 2015, 8:49
部分痩せはすごく難しいと昔から言われています。実際はどうなのでしょう?たしかに気になるところだけダイエットをするというのは難しいかもしれません。ジョギングのような全身を使うような運動をすれば、結局、体のすべてを鍛えることになりますからね。でも、私は部分痩せはできると思っています。部分痩せをしたいという方のためにぜひご紹介したいのが「リンパマッサージ」です。リンパマッサージをすれば、顔太り、足太り、二の腕太りを解消させていくことができます。各リンパの場所やマッサージのコツを見てみます。


(1)顔太りは耳の下や鎖骨のリンパを刺激

顔太りに悩まされている方の多くが実はむくみが原因だと言われています。むくみというのは血行不良の状態が続き、老廃物がうまく排泄されなくなってしまった状態なので、血行を良くすることを最優先すべきです。顔の血行を良くするリンパは耳の下のやや裏側にあります。ここから鎖骨のリンパに向かってさするようにマッサージしてみましょう。これだけで顔全体の血行を良くすることができます。顎の下から耳の下、鎖骨を向かいながら行えば、顎のお肉も取り除くことができます。


(2)足太り鼠径部や膝の裏のリンパを刺激

足はもともと筋肉が多い部位で、筋肉は使われないと脂肪に変わってしまいますので、足が太りやすくなってしまうのは仕方がないといえるんですよね。でも、足もリンパマッサージをすれば、細くすることができます。足に関与するリンパは、鼠径部と膝の裏にあります。まず鼠径部(太ももの付け根周辺)を指でさするようにマッサージしてみてください。その後、足首から膝の裏のリンパに向かって下から上へマッサージしてみましょう。こうすることで太もも、ふくらはぎのむくみが取れやすくなります。


(3)二の腕は脇の下やひじの内側のリンパを刺激

二の腕太りに悩まされるのは、30代以降にすごく多いですね。世の中には二の腕フェチの方もおられるのですが、全ての方がそうではないですし、夏になれば露出も増えてくるので、二の腕はしっかりと対策しておきたいところです。二の腕が気になる方は、ひじの内側のリンパを指圧するようにマッサージしてあげるのがおすすめです。ひじの内側にはリンパが集まっているので、しっかりと指圧することで血行がよくなり、脂肪の燃焼を促すことができるようになります。二の腕はどうしても使わないことが多い筋肉なので、プラス、筋トレも加えたいところです。

ダイエットのプロから教わったふくらはぎを細くするリンパマッサージ

January 16 [Fri], 2015, 8:50
男性では少ないのですが、女性で悩む方が多いことといえば「足太り」が挙げられると思うんですよね。特にふくらはぎが太いのが悩みという方が多いのではないでしょうか。普段の生活の中で、ふくらはぎって実はあんまり使わない筋肉だったりするので、どうしても太りやすくなってしまうんですよね。でも、ふくらはぎ太りは意外にも簡単に解消させることができるので、皆さんにもその解消法をお教えしたいと思うんです。ぜひやってもらいたいのが「リンパマッサージ」です。リンパマッサージは難しいというイメージがあるかもしれませんが、やり方さえわかっていれば誰でも簡単にできます。


(1)ふくらはぎが太る原因はほとんどがむくみ

まず、ふくらはぎがなぜ太くなってしまうのかについて考えてみましょう。先述したように、ふくらはぎは普段の生活で徒歩のときぐらいしか使いませんから、通勤で何十分も歩かれるような方を除いて、普段あまり使われません。筋肉を使わないと筋肉が衰えますよね?筋肉が衰えると脂肪を燃焼する力が弱くなったり、代謝活動が低下します。代謝活動が低下すると水分や老廃物が溜まりやすくなってしまい、これがむくみとして発生してしまうんですね。ふくらはぎ太りのほとんどがむくみだと言われていますので、むくみを解消させる方法を見つけることが大事です。


(2)むくみを改善させるリンパマッサージのやり方

では、ふくらはぎのむくみを解消させるのに何をすればいいのかという話になりますが、冒頭でも言ったように「リンパマッサージ」をすることをおすすめします。ふくらはぎには実はリンパはありません。ただ、その周辺にリンパ節があります。それが膝の裏の膝窩と呼ばれる部位です。この部位にリンパ節が集まっていますので、ちょうど膝の裏あたりを指圧してあげるといいでしょう。また、ふくらはぎそのものには血行を良くするツボも多く存在しますので、良く揉み込んであげるといいです。


(3)リンパマッサージの効果的なやり方のポイント

ふくらはぎのリンパマッサージをするときのポイントなのですが、ふくらはぎがむくみやすくなるのは、水分や老廃物が重力によって下がってしまうのが大きな原因となるので、下から上を意識してマッサージしてあげるのがとても効果的です。上から下にマッサージすると余計にむくみが溜まりやすくなるので、この点だけ注意してください。より効果的に行いたいなら、お風呂に入っているときなど血行がいい状態で行ってあげるといいでしょう。