【 更新情報 】

スポンサード リンク

RYOBI(リョービ)と美和ロック(miwa)ドアクローザーの価格と特徴

安心と安全がコンセプトの美和ロックですが、そのロック名の通り、防犯などをメインとして活躍されている会社ですのでm商品の安全性や、防犯性などに重点を置いている会社で
、ドアクローザーを販売している会社というよりは、防犯グッズをメインに販売している会社というイメージが強いと思いますが、セキュリティ関係で培ったノウハウがドアクローザーの開発にも活きていますね。
ドアクローザーだけでなくセキュリティー関係もチェックしてみたい方は一石二鳥の会社だと思います。
美和ロックのドアクローザーの値段ですが、だいたい6千円くらいから高いものでは1万2000円ぐらいまでの幅があります。
ドアロックには定評がある会社ですのでそちらも要チェックですね!!

RYOBI(リョービ)についても彼らのモットーとしてはドアクローザーをたんなる道具と捉えず付加価値を付けるという姿勢を貫いている会社で、全ての人にとって使い勝手のいいドアクローザーを目指しているそうです。そして人によって思いドアを開けるのが困難な人、年齢や性別などによって思いドアを開けたり閉めたりすることは重労働ですが、それを解消するために安心と快適を目的としたドアクローザーをRYOBI(リョービ)という会社は目指しているそうですよ。
RYOBI(リョービ)のドアクローザーの販売価格は安いもので3000円台から35000円台までと幅がありますので、用途に合わせて選んでみてください。

ニッカナ(ダイハツディーゼルNHN株式会社)製品の価格と特徴

ニッカナ(ダイハツディーゼルNHN株式会社)の特徴として挙げられるのがドアクローザーにたくさんの付加価値を付けている点に重点を置いてつくられているので、デザインや機能性といったところにただのドアの開閉だけのためでかではないというところにこだわりが感じ取れます。
ニッカナ(ダイハツディーゼルNHN株式会社)のコンシールドドアクローザーなどもニッカナのこだわりが見てとれます。
ちなみにコンシールドドアクローザーとは、目立ちがちなドアクローザーの器具を収納でき目立たなくする事ができますので、すっきりとした印象がありますよ。
そして使いやすさにもこだわりを持ってつくられているので、ニッカナならではの使う人の目線で作られている商品が多いですし、また価格としてはこれもまた他のメーカーと同じように様々な機能がついているかいないかで価格は違うのですが、一番安いものとしては5千円台から高いものでは3万円近くまで値段の幅があります。
詳しい商品情報などはパンフレットを取り寄せてチェックするか、将来の万が一の修理のことまで考えると代理店などで購入したほうが安全な気がしますけど、DIYでチャレンジしてみてもいいと思いますけどね。

ニュースタードアクローザーの価格と特徴

ニュースターという会社のモットーでドアクローザーのスムーズさや快適性を追求している会社でありそれを元に商品開発に取り組んでいる会社です。
このニュースター(日本ドアチェック製造)のドアクローザーは適材適所に当てはまる豊富な品揃えがあり、品質もしっかりしていてISOも取得するほどの会社ですので品質管理という点においては一目置かれる会社です。
日本だけではなく、海外の主要な国でのシェアも大きいグローバルな会社なので日本のトップブランドといっても過言ではないと思いますよ!!
また各社ごとのドアクローザーの機能としてはそれほど大きな違いは内容に思います(名称などは違いますが・・・)
そして気になるニュースター(newstar)のドアクローザーの販売価格ですが玄関用、室内用、パラレル仕様やコンシールド仕様など付加価値によって値段はピンからきりまであるので一概には言えませんが、一番安いもので5000円近くから販売されていて(室内用)、一番高いものは6万円近くするものまで幅広くありますので、必要な機能などを見て選ぶといいと思いますよ。見るだけならネット販売店をチェックするのもいいですし(取り付けから修理までトータルでサポートしてくれる代理店もありますよ)自分で取り付けるDIYするのなら、ホームセンターをチェックしてみるのもいいかもしれませんよ。

ドアクローザーの調整方法と構造や機能

まずドアクローザーの機能ですがその名の通りドアや玄関を閉める際の速度調節が主な仕事ですがドアを止めたい角度に保っておくことも出来ますので、物を運ぶ時や、足腰の弱い高齢者の通行の際に便利ですよ。
そしてその他には風の強い日などにいきなりドアが開き手をはさむなどの危険な体験をされる方もいらっしゃると思いますがその事故を予防する機能も備わっていますし、ツーディレイドアクション機能といってドアの角度が80度くらいになるまではゆっくりとドアが閉まる機能があり、これもまた高齢のおじいちゃんおばあちゃんをお持ちの家族には安心の機能ですね。

気になるドアクローザーの種類ですが、玄関用や室内用など、用途によて様々な種類や形態がありますので一概には言えませんが、家庭で必要なものといえば上記の二種類ぐらいですよね。
また特別な機能としてドアクローザー本体のパーツが見えないように収納できるタイプの物「コンシールドドアクローザー」というドアの景観を損なわないタイプの商品などがあります。
そしてそんなドアクローザーの油圧などの調整方法についてはメーカーごとに仕様が異なりドアクローザーに速度調節ねじがついていてドライバーを用いて調節するものもあれば、調整弁のようなものがついていてそれを回して調整するものなど色々とあります。

ドアクローザーとは?

ドアクローザーといっても何のこと?と思われる人も多いかもしれませんが、誰もがこれまで生きてきた中でお世話になってるものなんですよ・・・多分ですけど。 
皆さんオフィスや学校などでドアを閉めた時ガタンと音を立てずにゆっくりと閉まるドアを目にした事がありますよね? 手をはさむなどの危険を回避するためにこれらのドアの上部についてるへんてこな形をした器具それこそがドアクローザーなのです!!

あまり表立って目立つものでもないので多くの方には知られていませんが影ながら僕らの生活を支えてくれている素晴らしいものなんですよ。
そんなドアクローザーですが取り扱っているメーカーも色々あり、その中でも有名なのがニュースター(newstar)、RYOBI(リョービ)、美和ロック(miwa)、ニッカナでおなじみのダイハツディーゼルNHNやYKKなどが一例として挙げられます、あとYAMAHAも扱っているようですね。

そして各社メーカーによってアピールポイント、価格、調整方法、性能や機能も違いますので詳しくはメーカーホームページを一度見てみるのもいいですし、各社ともパンフレットを用意している会社が多いので、それを取り寄せてチェックしてみるのもいいと思います!!いっぱいあって迷ってしまいますけど。
P R