【 更新情報 】

スポンサード リンク

アメリカンアイドル シーズン6の優勝者ジョー ダンスパークス

アメリカンアイドル シーズン6の優勝者ジョーダンスパークスですが、アメリカではかなりの人気を獲得していて、特にアメリカのteenから絶大な人気を得ています。その中でも男性人気よりは女性人気のほうが多いようです。女性ですがアメリカンフットボールの経験もあり、以前はよく弟と公園でアメフトのボールでキャッチボールをしていたとか。 それが理由かわかりませんが体も大きいです・・・しかし繊細で優しい心を持っているアーティストです。
そしてFOXで放映されたアメリカンアイドル シーズン6では安定感のあるコンテスタントとして伸びのある高音を披露し着実にファンを獲得しました。その中でもカントリーシンガーとして大成功を収めているマルティナマクブライトをメンターとして迎えた回では、マルティナマクブライトの名曲「broken wing」を歌い大絶賛をうけました。
ファイナルではブレイクルイスと優勝を争い、結果として優勝を獲得しましたが、ブレイクとの差は歴然でした。審査員のサイモンも優勝者のために作られた歌「This is my now」を聴いた時に、その段階でジョーダンスパークスが優勝すると断言し、結果その通りになりました。

アメリカンアイドル シーズン6の準優勝者ブレイクルイス

アメリカンアイドル シーズン6での準優勝者ブレイク・ルイスですが彼の特技はボイスパーカッションを得意としていてそれをオーディションの際に披露するなど、今までのコンテスタントにはない独自の路線で勝負していました。
また歌を披露する際にボイスパーカッションを組み込んだり、ムーンウォークなどを取り入れてパフォーマンスで多くのファンを獲得していました。そしてBON JOVIがメンターとして登場した週では、彼は本領を発揮しました。そしてこの出来事がきっかけであのメリンダ・デューリトルを抑えて準優勝になった理由だと思います。
準優勝後はすぐにデビューが決まりオーディオ デイドリームというアルバムのリリースが決定するなど彼自身の個性を前面に押し出したアルバムになりました。
そしてアメリカンアイドル シーズン7ではコンテスタントや審査員が見守るなか彼自身の曲How many wordsを披露しました。
しかしこの後ぐらいから彼のキャリアは思わぬ方向へ向かいます。
彼自身がブログでシーズン7のコンテスタントについて悪いことを書いたり、アメリカンアイドル シーズン6のコンテスタントであったサンジャヤマラカーを批判したり挙句の果てにはラジオ出演時にアメリカンアイドルシーズン7のコンテスタントであるデビットアーチュレタを退屈でつまらないと発言しアーチュレタファンの反感を買い、最終的にはそれが原因ではないのですがレコード会社との契約を打ち切られました・・・現在も地道に活動は続けているようです。

アメリカンアイドル シーズン6のtop4(メリンダ)

アメリカンアイドルでtop4に終わったのはシングルマザーのラキーシャ・ジョーンズでした。女の子を女手一つで育てている姿は、視聴者の心をつかみましたし、またラキーシャジョーンズが歌ったAnd I'm telleing youというドリームガールズでジェニファーハドソンが歌った名曲を歌いこなし、一躍人気をえましたが、その後は選曲に苦しみ思ったほどの評価を得る事ができずにtop4で終わってしまいました。
しかしその後はブロードウェイのミュージカルに出演し、つい最近シングルをリリースするなど徐々に活躍の場を広げています。

そしてなんといってもアメリカンアイドル シーズン6で一番の驚きだったのがフロントランナーで審査員のサイモンも優勝の可能性が一番高いコンテスタントといわれ続けていたメリンダ・デューリトルが落選しtop3出終わってしまったことだと思います。
メリンダは元々バックシンガーとして活躍していました。最初は自信のなさそうな印象があった彼女ですが徐々にフロントシンガーとしての自信を身に付けていきました。
現在はComing back to youというアルバムの製作が終わりアメリカでは予約が開始されていますし、彼女のシングルIt's your loveという曲がリリースされていますよ!

アメリカンアイドル シーズン6のtop12(その2)

サンジャヤ・マラカーやアントネラ・バーバラなど歌とは違う面で目立っていましたが歌唱力のあるコンテスタントもそれなりには残っていました・・・しかしそういうコンテスタントがアメリカンアイドル シーズン6ではハリウッドラウンドやtop12で落選するという今までのアメリカンアイドルにない展開2なっていました。その中でも驚きだったのが、アメリカンアイドルシーズン6のtop12の中でかなりの実力者であったAJが落選した時だと思います。サイモンとポーラもこの結果には驚きを隠せませんでした。
その他のコンテスタントとして挙げられるのはジャスティンティンバーレイク似のルックスと甘い歌声を持ち合わせたクリス・リチャードソンです。本選ではjason mrazのGeek in the pinkを歌い絶賛されました。
その他には現在はカントリーシンガーとして活躍しているフィル・ステイシーがいます。彼は歌う際に、歌の歌い出しが下手と言われ続けていましたが、デビューしアルバムもリリースしていますのでそちらも要チェックですね。

そのほかには、ユーモア豊かな性格とオタクっぽい雰囲気ながらアメリカンアイドル シーズン6でtop12まで勝ち残ったクリススライなどがいます。彼もアルバムをリリースしていて彼の伸びのある声が存分にいかされていますし、最近の情報では彼の曲がラスカルフラッツの曲としてリリースされるそうですのでソングライターとしての才能もあるようですね。

アメリカンアイドル シーズン6のtop12(サンジャヤマラカーなど)

アメリカンアイドル シーズン6のtop12ですが、いろんな意味で個性のあるコンテスタントが何人かいました。その中でも飛び抜けていたのがインド人の両親を持つサンジャヤマラカーでした。
オーディションをサンジャヤの姉と一緒に受けてその時サイモンにお姉さんより実力があると言われ、その言葉の通り、姉はハリウッド予選で落ち、サンジャヤはtop12まで駒を進めました。
そしてハリウッド予選で落ちた姉を泣きながらなぐさめる姿がほほえましい姿とし視聴者には写りましたね。
ただ肝心の歌唱力ですが、アメリカンアイドル シーズン6のtop24に残り毎週歌を披露したのですが、毎回といっていいほど審査員に酷評され続けました。しかしそれとは裏腹に毎週残り続けるという今までのアメリカンアイドルとは違う傾向がでたシーズンでありました。審査員のランディジャクソンが言った「今までのコンテスタントの中で一番したたかなコンテスタント」という言葉が彼がtop12まで残る事ができた理由の一つであると思います。
その他にもバックシンガーとしてキャリアを築いてきたメリンダやゴシップに見舞われた美女アントネラバーバラなどがいました。
メリンダはアメリカンアイドル シーズン6の優勝候補で、その歌声に審査員のポーラアブデュルも涙を流すほどでしたがtop3で幕を閉じました。
P R