Last Train Home

October 19 [Sun], 2008, 0:46


行く当てもなく 独り寂しく

彼は通りを歩く

もしできることなら

どこかに逃げたい気分だ


こんな気持ちは初めてだ

彼の日々はかつて幸せに満ち溢れていた

その想い出が今 消え失せて

彼は独り その場にとり残される


最終電車に乗って


彼の家は全くの抜け殻で

冷気と静寂しか感じられない

彼は抜け殻の真ん中に立ち

ジッと壁を見つめる


かつてはすべてが上手く行っていた

永遠に続くと思ってた

しかし今 彼は寂しく歩いて

夜の中に消えていく


最終電車に乗って


オレはコントロール不能だ

大声で叫ぶコトしかできない

心が爆発する前に叫ぶんだ

そしてもう 答えは見えない…









バスケチームの送別会があり、街で飲んだオレはひさびさに最終電車に乗って帰った。


横山健のこの歌を思い出した

まさにそんな気分だった…

所詮はそんなものだったのだ

でも振り返らない

人生とは得てして上手く行かない事の方が多い

足の踏み場もないくらい散らかった部屋は

まるで自分の心の状態を表しているかのようだ

今日から何か変わるだろうか

いや変えていかなきゃ何も変わんねえ






ひさびさに故郷に帰って羽根を伸ばそう

プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:keep-airguitar
読者になる
2008年10月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31
最新コメント
Yapme!一覧
読者になる
P R
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
http://yaplog.jp/keep-airguitar/index1_0.rdf