葉酸と妊婦

March 20 [Sun], 2016, 21:20
妊娠や胎児における葉酸の重要性を踏まえると、妊娠中は当然のこととして、受胎した時に、十分な摂取が必要である葉酸ですが、忙しさから葉酸の摂取を怠ってしまう場合もあります。

こうした悩みを解決するために、ぜひおススメしたいのが葉酸サプリを飲む事なんです。

サプリを飲めば、食生活に負担をかけることなく理想的な葉酸量を補ってくれるのですので、普段のご飯で十分に摂取できているのか不安な方も安心です。

亜鉛と言えばアルコール分解やコラーゲンの精製など、人間の体にとって必要不可欠の栄養素ですよね。

妊活中にも、亜鉛の摂取を心がけてちょーだい。

何となくと言うと、亜鉛は卵巣に作用し、グレードの高い卵子を成育するために、欠かせない栄養素だという事が報告されているからです。

女性のみならず男性が摂取した場合、健康的な精子の増加をサポートする効果があるのです。

亜鉛は妊活中の夫婦の心強い味方です。

ぜひご夫婦で亜鉛摂取を始めてみるのが良いと思います。

妊娠前から妊娠3ヶ月の妊娠初期において、葉酸の摂取が推奨されています。

ところで、この期間を過ぎた妊婦に葉酸が必要ないのでしょうか。

確かに妊娠後期における葉酸摂取は、妊娠初期ほど言及されていません。

ですが全く摂らなくなってもいいのかというと決してそうではないんですよね。

葉酸の働きである、赤ちゃんが先天性の障害を発症するというリスクを低減してくれるという話では、先に述べた妊娠初期という摂取時期が重要な期間だという事です。

ですから、この時期での摂取を特に意識して欲しいという事であって、葉酸の摂取はこの期間だけに限った話ではないのです。

妊活中や妊娠初期の女性にとって、葉酸の働きは最も重要なものだと言われており、日本の行政機関である厚生労働省も妊娠を希望する女性や妊娠初期の女性に、積極的な摂取を推奨しているほどなのです。

では、葉酸をたくさん摂った方が期待できるんでしょうかか。

実は葉酸は、水溶性であるため、尿、汗と共に体外に排出され、体内に溜まっていくことはほぼ無いと言っていいでしょう。

ですが、葉酸をたくさん摂ればいいのかと言うと決してそうではなくて、過剰摂取によって発熱やかゆみ、あるいは呼吸障害などの重大な副作用につながる惧れもあります。

葉酸サプリは簡単に葉酸の摂取が出来る妊婦の心強い味方ですが、過剰摂取に注意して、指示された用法を守って摂取するようにしてちょーだい。

プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:寧々
読者になる
2016年03月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
最新記事
最新コメント
ヤプミー!一覧
読者になる
P R
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
http://yaplog.jp/keckeenarhat5m/index1_0.rdf