リルル、ジュドー 

2007年04月26日(木) 22時12分

このタイトルで分かった人、多分僕と趣味合うでしょう。





そう、ついにドラえもん出してしまいました・・・
僕、ドラえもん大好きなんです。
別にアニメが好きとかじゃないですけど。
まあ、今ドラえもんについて語ったら時間が足りないし、文字数が足りないです。すいません。
なのでドラえもんについては詳しく書きません!
とにかくこの映画について語ろうと思います。

まず、この映画は1986年公開されました。
はい、僕生まれてないです。
でも小さい頃から何回観たことか・・・
それでもまだ観飽きません!
何回観ても・・・泣けます。
これはただのアニメ映画の枠には収まりきれない何かがあります。
もちろん、他のドラえもん映画24作品も素晴らしい作品ばかりです。
ただ、これは特別です。
おもしろいというか感動というか言葉にできない魅力があります。

大きなテーマでいうと、人間とロボットの共存ですかね。(僕の勝手な解釈)
そのなかでの人間模様。だったりロボット模様。
単純に戦闘シーンののび太達のかっこよさもあります。
実はこの映画は、ドラえもん映画の中で唯一のび太達の手で地球を救った映画でもあります。
そんな危険の中でののび太達の小学生らしい行動だったり、時には勇気ある行動。
特にしずかちゃんを助けにくるところなんかは名シーンです。
そのしずかちゃんですが、この映画では特に大活躍します。
頭を使って考え出した唯一ともいえる地球を救う方法が悲しい結末も生んでしまいました・・・



うーん、長くなるなぁ・・・
これ以上書きません。
とにかくこれは観た方がいいと思います。
とくに大人になって世の中を知ってきた今、観てほしいです。
ドラえもん映画は世界を変えます。うん。絶対。影響されてください。


ちなみに、ドラえもん映画のオープニングではおなじみの、
のび太「ドラえもーーーん」の台詞はこの映画で初めて使われました。

変わったなあ〜・・・ 

2007年04月25日(水) 23時14分
いや〜久しぶりだったな〜

カラオケはこっちに越してきて初めて行きました。

まず驚いたのはワイヤレスのマイク。

これならハウリングしねーぜ!!

あとリモコンみたいなので曲選んで転送までできるのも初めて見た。

探す時間が格段に短くなったぜ!!

一番びっくりしたのが、マイクと一緒にかごに入ってた、マラカスとタンバリン。



結局使わなかったぜ!!

またまた!! 

2007年04月24日(火) 21時17分
今日も甲子園だぜ!!

ヤクルトが相手だったぜ!!

地味に先取点取られたぜ!!

しかしサヨナラだぜ!!

1−2xだぜ!!

きもちがいいぜ!!

この調子で3タテくらわすぜ!!

欲を言うならもう少し打線にがんばってほしいぜ!!

投手陣踏ん張ってるぜ!!



まあ今日は矢野さんありがとう!!

よく眠れるぜ!!

約三十の嘘 

2007年04月24日(火) 21時07分



今日観ました。
さっき観ました。
面白かったです。
以上。





嘘です。
映画ではこんな簡単な嘘は出てきません。ごめんなさい。
でもほんとに面白かったです。
良くも悪くも裏切ってくれたなって感じですね。
詐欺師の映画ですから。

僕の中では、観る前と観たあとでは、この映画のイメージががらっと変わりました。
というよりだいぶ前から観ようと思ってて、
勝手に間違ったイメージをふくらましていました。
ごめんなさい。


ただ、個人的にこの映画は、僕の持つ映画のイメージというのにすごく合っていて、
「これが映画なんだな」って思いました。

『みせない映画』です。

このような映画のすばらしいところは、ずばり見せないことにあると僕は思います。
この映画でいうと、詐欺師が詐欺してる場面はありません。
でも詐欺師なんです。
どんな詐欺の手口だったのか、役者さん達の台詞だけで、勝手にイメージしました。
この観る人の、『イメージ』が映画では重要になってくると思います。

と、まぁ、僕の勝手な意見です。申し訳ない。
この事に関しては、コメントもらえるとうれしいですね。

最後に、この映画で勉強になったのは、
完全な人間はいないってことかな。
不完全でいいってことです。
人間だもの。


すいません。みつを風にしめてみました。。

岸和田少年愚連隊 

2007年04月23日(月) 22時10分
                  


これ結構前の映画ですよね。
芸人ばっかりでてますよね。
友達とかに観てる人多かったから、
おもしろいよとは言われてて、自分の中でハードル勝手に上げてたんですけど・・・

見事に超えてくれました!

「お笑い芸人だからこそ」って感じの作品だった。
へたな俳優さんよりぜんぜんリアリティがあって、すごい良かったです。

あと、観終わって思ったんですが・・・『井筒監督作品』オーラがバリバリに出てます!
監督で映画って決まってくるんだな〜って改めて思える作品でした。




ちなみに当時は多分無名だったM−1王者も出ています。

狩野狩野狩野!!! 

2007年04月22日(日) 21時05分
なんてすばらしいんだ!!

この3連戦での活躍、死ぬまで忘れないよ!!

時の人にならならいように、日々是前進!!!

リンダリンダリンダ 

2007年04月22日(日) 17時39分
はい、最高。
この映画最高。
いいな〜って。
なんかいいな〜って思える映画。
これが青春なんだろうな〜って。
base ball bearを知ったきっかけもこの映画でした。


なんかこの映画評価したくないしされたくないよね。
監督でもないくせに。
でもほんとそう。
なんか、ずっと存在しててほしいっていうか。
・・・よくわかんね。


僕はね、この映画を人生のテーマにしようかなと思ってます。
今を楽しもう、と。
先の事なんて考えなくていいんだ、と。






今日の夕飯何にしよう・・・買い物行ってきまーす。。

コメディはアメリカでしょ 

2007年04月21日(土) 21時53分



初めての洋画の紹介。
ジャンルはコメディ。

僕は洋画より邦画の方が観た本数は多いと思いますし、
いい映画が最近になって増えてきたと思います。
ただ、別にそこにこだわってるわけではありません。
でもコメディに関しては、アメリカのコメディに勝るものはないと思ってます。
まあこれもぼくの偏見ですけどね。

この映画に出演しているジャック・ブラックや、
『マスク』などのジム・キャリー。

僕の好きな俳優さんです。
この二人が出てる映画はほとんどチェックします。
そういえば、ジム・キャリーはもうすぐ新作に出るみたいですね。
もちろんコメディです。

えー、この映画の話にもどりましょうか。
もちろん、面白かったです。
とてもファニーです。
いい話だ〜って映画です。
でもそれで終わらないのがこのこの映画の素晴らしいところです。
この話、実話らしいんです。
しかも、タイガーマスクのモデルになった実話らしいです。
タイガーマスクをモデルにしたんじゃないですよ。
タイガーマスクがモデルにした人の話です。
もういいですね。
タイガーマスクを知ってる人は分かると思いますが、
孤児たちに勇気を与える覆面レスラーの話です。
僕はタイガーマスク知らないんですけどね。

ジャック・ブラックが好きな人もそうでない人も、
面白く観れると思います。

昨日からヤバい 

2007年04月21日(土) 20時39分
ヤバい・・・

今狩野には神が降りてる・・・絶対。

ちゃんと後継者って現れるもんなんだね。

いやースゴイ。

やっぱ青春映画 

2007年04月20日(金) 22時55分

この映画ですね・・・

まず借りようと思った動機なんですけどね・・・

ずばり、長澤まさみちゃんが出演してたから。

それのみでした。 ごめんなさい。。

でね、感想ですけどね、始まって5分で思ったのが、




高専にこんな可愛い娘いないだろうな〜・・・でした。

そもそも女の子がいないに等しいでしょう。

まずそこにびっくりしちゃいましたね。

でもね、だんだん観ていくうちにね、

なんかうれしくなってきちゃたんですよね。

僕は高専生じゃないんですが、似たような工業系の大学に行ってまして、

そういうところがフューチャーされてるからうれしくなっちゃった。

だから観ているうちに自然と焦点が他の3人の高専生にいっちゃってました。

ただ、言えるのは、塚本さんや小栗さんみたいな高専生は99%いないってことです。

伊藤さんは、リアルです。ナイスキャスティング!



文科系ではありますが、こういう青春してる作品ってのは僕は好きなので、

自信を持っておすすめできます。

まあ、他人に自分の趣味を押し付けるのは良くないので、絶対観てね!

・・・とは言えません。

ただ、なんかいい気持ちになれるって感じの映画でしたよ。
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:ケチャ
  • アイコン画像 性別:男性
  • アイコン画像 血液型:A型
  • アイコン画像 職業:大学生・大学院生
  • アイコン画像 趣味:
    ・音楽-国内外問わず、ロックかな
    ・映画-映画らしい映画
    ・スポーツ-やっぱ野球っしょ!
読者になる
2007年04月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30
最新コメント
Yapme!一覧
読者になる