毛深さの原因は男性ホルモン?女性ホルモンで改善できる?

September 28 [Wed], 2016, 12:09
父親の血を強く遺伝してしまったようで、子供のころから毛深さに悩まされていました。プールの授業の時に男子にからかわれて恥ずかしい思いをしたのは今でも忘れられません。

毎年、夏が来るのがすごく憂鬱で、自分の体に自信を持てないせいで恋愛にも積極的になれなかったんですが、そんな私も毛深い体を卒業することができました。



どうやったらムダ毛が消えてくれるのか?ムダ毛処理の方法を徹底的に研究して試した結果、脱毛サロンに行かなくてもムダ毛が目立たなくなりました。

おかげさまで、ノースリーブで電車のつり革に堂々と掴まれるようになったし、ストッキングですね毛をごまかす必要もなくなったんですが、私が一体、どんなムダ毛処理をしたのか?その方法をこのブログで詳しく紹介しています。



■毛深くなる原因

全身もしくは体の一部の毛がどうして濃くなってしまうのかというと、男性ホルモンが主な原因です。男性ホルモンには毛根の働きを促す効果があるんです。

人によって男性ホルモンの影響がどこに強く現れるかが違っていて、わき毛だけ濃くなる人がいれば、私のように全身びっしりボーボーになるケースもあります。



カミソリで剃ってムダ毛処理するのは、決してダメとは言いませんが、長い目で見ると、肌をガサガサにして荒れ放題になるし、埋没毛を大量に作ることになります。

ムダ毛を減らそうと思ったら男性ホルモンの影響をキャンセルするのがベストです。そのためには女性ホルモンの働きを活発にさせていきます。



■イソフラボンの効果

女性ホルモンの効果で男性ホルモンの影響を相殺することができるんですが、ホルモンそのものを人工的に操作するのは体への副作用が強すぎます。

そこで、ホルモンと似た働きをする天然成分を使います。たとえば、大豆に含まれるイソフラボンという成分には、女性ホルモンと同じような働きを持っていることがわかっています。



ダ毛を減らしたい部分にイソフラボンを塗ることで、男性ホルモンの働きをキャンセルして、毛根の働きを抑えることができます。

効果が出るまでに1ヶ月くらいかかってしまうものの、イソフラボンなら肌を荒れさせる心配はないし、ムダ毛を産毛よりも細かい状態まで減らすことができます。



■抑毛ローションと言えばこれ

イソフラボンのような抑毛効果のある成分を使ってムダ毛を抑えてくれるのが抑毛ローションです。抑毛ローションにはいろんな種類がありますが、おすすめなのがパイナップル豆乳ローションです。

パイナップル豆乳ローションには合計3つの抑毛成分が使われているので、より効果的にムダ毛毛を減らしてくれるんです。



肌の調子を整えてくれる美容成分も含まれているというし、返金保証もついていたので、試しに使ってみたところ、期待していた以上の効果がありました。

1ヶ月でどのくらい減るのかな?と不安もあったものの、パイナップル豆乳ローションを塗った部分のムダ毛が半減いかになってくれたんです。



おかげさまで今は、かすかなムダ毛が生える程度で、肌を触った感じもつるつるすべすべになりました。人前で肌を見せるのが怖くなくなったんです。

私の身体から忌々しいムダ毛をなくしてくれたパイナップル豆乳ローションがこれです。今ならまだ返金保証がついているので、効果を試してみるなら今のうちですよ。
↓↓↓









ムダ毛の自己処理にパイナップル豆乳ローションをおすすめする理由

September 28 [Wed], 2016, 12:05
抑毛ローションは、パイナップル豆乳ローション以外にもいろんなものがありますが、浸透力の強いものであることが絶対条件です。
どれだけ効果的な抑毛成分が使われていたとしても、肌にしみ込まなければ意味がありません。毛根まで到達してはじめて、ムダ毛を抑えることができます。

パイナップル豆乳ローションには、抑毛成分の浸透力を強化する工夫が施されているので、抑毛効果をしっかり引き出すことができます。
美容成分だって肌の中までしっかり染み込んでいきますから、肌の奥から美肌を作ることができますよ。