彼は海にいる、

June 26 [Fri], 2009, 4:23
一向に、自己満足なのだから、
誰に、どう思われようが、
関係ないではないか、


それを、
幾度、
こころのなか、
繰り返したことか、

しかし、
恐れおののいている、
自分の気弱さ、
いまになっても、
実際の背丈よりも、
はるかに高く、
あたしの方が、
すこしばかり大きくなったって、
間に合いそうもないのだから。












A氏から、メールが届く。

「・・・・」



あたしの名前を、
ただ単純に打っているだけだ。
真意は、見えないけれども、
どうしたって、A氏は、
あたしに、話を聞いて欲しいのだろ、
以前、
あたしが、A氏にそうしたように、





(とりとめもない、)


ばらばらになった、

(あるいは、そうなったように思える、)



大事なパーツを、

拾い集めて、

なんとか、




「こういう形だったのさ、」



と、

ピースをつなぎ合わせて欲しい、

そうして、



「なんでもないじゃないか、」

だなんて、

笑ってくれたら、

感無量で、




それは、

たとえ様もない、

漠然とした、

不安なのだから、



きっと、A氏は、

だれか、

他人に、

すこし、身をえぐられるようなことでも、

言われたのだろう。



A氏は、やさしい。

あたしのように、

他人を無闇に傷つけ損なうまねはしない。




そんなことをして、

むしろ、

同時に自分を損なっている、

ねじまがった、あたしなんかより、

よっぽど、

我慢強いのだから。




















A氏は、

しばらく、

あたしの話を聞いて、

笑った。



なんだか、

変な笑い方だった。



そうして、

「今度、海にでもいこう、」

と、

突然言った。




あたしは、

断る理由もなければ、

率先して計画する理由もなしに、



彼の目にとらえられたまま、

すっとんきょうな返事をしてしまう。




きっと、

「いいよ、」



と、

とれなくもないような。














それから、

いままで、


A氏の消息はわからない。



きっと、

海にでもいるんだろう。




根拠もなしに、

あたしは、

A氏について聞かれたら、

そう答えている。




絶対な自信をもって。




方向、

June 26 [Fri], 2009, 4:20
こういった、

話に付き合ってくれるのは、

きみ以外に、いないと、

確信しているのだけれど、

いつからか、

こうして、

あたしばかり、意地を張るようになったものだから、

きみには、

困惑させてるだろうと思う。





でも、

いつだって、

口に出して言わずとも、

きみに向かって、

あたし、

懺悔している。






きみの方を、

まっすぐ、向いて。

おもてへでといで。

June 26 [Fri], 2009, 4:12
「こんばんは、」


闇夜にむかって、
二歩、前身、
そうしたところ、
なんだか、
おかしなところがむずかゆくなって、
きたのです、
それは、
自分の手じゃ、
どう苦心しても掻けない部分なので、
あたしは、
相当困ってしまって、
足をすすめることなど、
どうでもよくなってきたものですから、
思いっきり、
こう叫んだんですよ、

「きみの方からきてくれるといいのに!」



もちろん、
きみから返答なんて、
ありゃしません。
また、
のらりくらりと、
一日やりすごしては、
ひとり夜を迎え、
酒でも何杯かやって、
腐ったように眠っているのでしょ、
あたしには、
容易くわかるんだから、
きみが想像ってる以上にね、



この手紙を、
きみはね、
一生かかっても、
読むことはできませんよ、
なんでかって、
あたしが望まないからにきまってる、
きみに解釈されてしまっては、
もう、
意味なんてなさないんだからね、
だから、
引き出し奥、しまいこんで、
機会をみつけて、
焼いてしまおうと思っている。
きみは、
それを知りもしないんだから、
悲しむこともないんだろうけど、
こういった自己満足をするくらい、
自由にさせておくれ。
きみが、
のらりくらりと、
一日やりすごし、
夜を迎えて、
お酒を、何杯かやるのと同じようにさ、
きっと、
かわいげある戯言なんだと、
きみは、わかってくれるね、











おもてへ、でといで。






レモングラス、

June 16 [Tue], 2009, 13:20




ぼくは、

表現をやめた。




ぼくは、

生きるのをやめた。






あの日、

あのとき、




あの瞬間、




(きみが、ああやって、器を割ったときからだ)、








あたしは、

どうやら、

駄目になってしまった。







いや、

もしくは、


かろうじて、駄目にならないために、







ぼくは、



「考え事」、



やめてしまった。










いまの、

ぼくは、

きみの言うとおり、




(そう言うと想定して)、






「でくのぼう」だよ、














だから、

泥水のなか、

沈む。

沈む。





その温度は、

ぼくには心地よい。





ただ、

そこにきみはいない、

あらわれない、

そこを、

(きみは、)

好まないからだ。



簡単な話だろう、







きみは、

あたしの沈む場所を、

好まないだろう、






あたしの、

永遠の、

愛すべき、

その場所を。






「理屈っぽいんだから、」







飛行機は、

空高く、

飛んで、

弧を描き、

そのはるか下、




きみは、

いつものよに、

口笛吹いて、

あるくだろ、

あるくだろ、







そのポケットには、

まだ、

ちいさな隙間、

あるのだろ、






だから、

あたしは、

嗚咽もらし、

きみの幸せ、

祈るんだよ、






「さようならと、」








きみの、

ちいさな胸から、

あたしが殺される日は、

近い。









きみの善良な細胞が、

あたしを、

根こそぎ、破壊するだろ。






あたしは、

それを、

嗚咽をもらしながら、

祈る、
祈る、
祈る、



祈る。

















しん、とした、空間。

「おかあさん、おなか、いっぱいです、」

あたしがいうと、

母は、

あたしを力強く抱きしめた。




いつものように、

いつかの眠れない夜のように、





母からは、

きまって、

あのフレグランスの香り





「強く、いきなさい、」


「つようく、」





あたしは、

思いきり、

そこ香りを鼻に吸い込み、

眠りにつく。



「そのコンセントを引き抜く、」







つようく、

つようく。

すい、

May 21 [Thu], 2009, 21:26








かなしくなってしまう、

かなしくなってしまう、




きみが、

目をそらしたせいだよ、



きみが、

すい、

と、

目をそらしてしまうからだよ、






あたしをみたら、

なにが悪いのか、






だから、

かなしくなってしまったよ、

かなしくなってしまったよ、






きみなんか、

もう、

すきでない、

すきでないから、

すきでなくなってしまうから、










いっぱい、

後悔してしまえ、


きみんなかから、

すい、

と、

きえてやる、







かなしくなっちゃうよ、

かなしくなっちゃうよ、





ああ、

あ、

もう、

くぅ、







こんなあたしも、

すい、

と、

きえろ、




きみがしたみたいに、

すい、

と、






ああ、

ちくしょう。









聴こえてくるから、

May 21 [Thu], 2009, 21:14





きみが、

はぶりが、いいときは、

要注意。





(じぃぃぃい、)




みはっているとね、

聴こえてくるからね、






(「つらい、、、、、っらぃ、、、、」)






聴こえてくるから、

聴こえてくるからね、





きみってひとは、

それが聴こえないひとに、

へんに、

甘えたがって、

あたしを、

たよりゃしないから、




あたしだって、

くぅぅ、

すこし、

悔しくなって、

いじわる、してしまうんだから、





「(あたしのが、よっぽど、)役立つのにさ、」








聴こえてくるのに、



(つらい、、、つらい、、、っらぃ、、、、、)




だったら、

いっそ、

聴こえなけりゃ、いいのに。







いいのにさ、




























きみはロマンチスティック、

May 19 [Tue], 2009, 22:34







きみは、

ほんとにロマンチスト、



きみのまわりには、

いつでも、

星がキラキラ、

またたいているのだろ。






きみは、

実際、厭世的なふりしてるけど、


エンセイイロ、エンセイイロ、



(実際は、)

あたしなんかより、


より、以上、もっとも、

いつも、

明るい振りしてるあたしなんかより、

(よっぽど、)

(ヨッポド、)




ろまんちすとー。



ろまんちすてぃっく。







でも、

それ、

嫌いぢゃないよ、





きみは、

ロマンチストでいるとよいよ、


永遠ロマンチスト、

永遠ロマンチスティック。





バランスが、

いいからね、




(バランスが、)


イイカラネ、





ふん、


へいへい。





あたしが、

根暗だなんて、

きみには、内緒だよ、





うん、

なに、

(なんだと、)



エイコラ、

根暗だなんて、

失礼な!





もったいぶりやがって、

この、



ロマンチスティックが、


はっはーん。










救わなくて、結構。

May 19 [Tue], 2009, 22:27








「おいで、ぼくがいるよ、」





手をさしのばす、

気持ちの悪い、そいつ。



でも、

無視したら、

失礼にあたるのではないかと、



あ、

やはりぼく、

八方美人、




ひとに嫌われたくない、

なんでかというと、

なんでかというと、



あたしが嫌われたら、

お母さんは、

悲しむと思って、ね、




実際、

そんなことないのよ、

ふ、

ふ、

ふ、





あいそわらい、

なんてひどい言葉だろうね、

さみしいね、



ふ、


ふ、


ふ、







なにも、

考えないようにしている、

時間、

が、

おおいので、



手ばかり、

手ばかり、


うごかすよ、

ぼくはね、

人に見られていると、



やはり、

まったく、

だめだ、

ひとの、

目玉が、大嫌い、


いったんね、

なかよくなったとしても、

ひとの、

目玉、

大嫌い、



















あぁん、


して、


くちを、ひらいて、


うん、


おいしいでしょう、

そうでしょう、




あぁん、

して、



くちをあけるなんて、

きみは馬鹿。



まんまと、

あけた、

きみは、馬鹿。





そうおもう、

あたしは阿呆。








救わなくて、結構。









グッドバイ、

May 19 [Tue], 2009, 22:01



「グッドバイ、ちろ、」



きみが、背中をむけて、

あたしを置いて、

もう、二度とはもどらない。





あたしは、それを、

夢で見ては、


びくり、


起き上がり、

リアリティのありすぎる、

そういった夢の情感に、

ため息をつくばかりで、




「はぁ、おとなしく、寝かせろ、」






実際、やり直したいことが、

多すぎる。


やり直したくないと、

そのときは思っていたことばかりなのだけど、


いまになっては、

それは、



「すこぶる」やりなおしたいと思ってしまう。







そのときは、

(意地でも)やり直したくない、

なんて思っていくせに、



いまになっては、

やり直したい、

だなんて、






あたしはやはり、

優柔不断なのか、

たいした思惑もなくそんなことを考えているのか、



自分に、心底がっかりだ。









けれど、

きみとの事に関しては、

やはり、「やりなおしたくない。」





いまの自分が、

あたしのすべてで、


今以上、

今以下、


なんてない。





「あんな未来、」

「こんな未来、」なんて、ない。






あたしが、

全部責任もって、選んでいることなのだから、

傷つこうが、

血が出ようが、

そこに塩を、ぐいぐい、すりつけられようが、

どうだっていいんだ。




グッバイ、青春、

グッバイ、きみ。


達者でやれ。

まんまるの、つき。

April 13 [Mon], 2009, 1:14






すぅ、すぅ、すぅ。


うまく、ねむれない、ひが、つづいた、

とき、には。




きみの、うた、

おもいだす。


そして、

まんまるの、つきを。




すぅ、すぅ、すぅ、

はぁ、はぁ、はぁ、



うまく、およげない、ひが、つづいた、

ときには、



きみの、

こえ、おもいだす。





きみは、

まんまるの、つきのように、



じっさいに、

あたしを、おびやかしながら、



「だいじょうぶだよ、」



そう、

いってくれさえ、

すれば、いい。





はぁ、はぁ、はぁ、、、、、、、、、、、、、、、、、。。。。。。。。。。。
P R
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:ちろ。
  • アイコン画像 性別:女性
  • アイコン画像 誕生日:5月3日
  • アイコン画像 血液型:O型
  • アイコン画像 趣味:
    ・アート-おえかきだよぬ
    ・音楽-光合成にひつよう的な
読者になる
2009年06月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30
最新コメント
アイコン画像ひろ
» 彼は海にいる、 (2010年02月04日)
アイコン画像
» きみはロマンチスティック、 (2009年05月22日)
アイコン画像
» 救わなくて、結構。 (2009年05月22日)
アイコン画像ちろ、
» 救わなくて、結構。 (2009年05月21日)
アイコン画像ちろ、
» きみはロマンチスティック、 (2009年05月21日)
アイコン画像
» きみはロマンチスティック、 (2009年05月21日)
アイコン画像
» 救わなくて、結構。 (2009年05月21日)
アイコン画像
» はろーはろー、はろー (2009年04月04日)
アイコン画像
» 彗星シャワー、はじけろ、 (2009年03月23日)
アイコン画像ちろ、
» 白紙。 (2009年03月21日)
Yapme!一覧
読者になる