【 更新情報 】

スポンサードリンク

毛穴の黒ずみ解消法

毛穴の黒ずみ解消法を一生懸命やっていても、黒ずみは小鼻に居座る頑固モノですよね。

毛穴の黒ずみ解消法で真っ先に思いつくと言えば、洗顔とパックあたりでしょうか。

毛穴の黒ずみ解消法として期待するのが、やはり「とりあえず除去」ですよね。

毛穴の黒ずみ解消法のいろんな対策がある中で、洗顔やパックといった除去を試みている人が多いと思います。

毛穴の黒ずみ解消法の中で口コミでも最も効果的で「とれた」と実感できるのも洗顔とパックです。

ですが、毛穴の黒ずみ解消法だけでは、また黒ずみが出来てしまって繰り返しているという声がとても多いですね。

毛穴の黒ずみ解消法だけでは、毛穴は開いたままですので角栓はできやすいですからなかなか美肌の道は遠いです。

毛穴の黒ずみ解消法は、角栓除去をはじめスキンケアをトータルで行ってこその対策です。

また、洗顔やパックでは除去できない黒ずみもあります。

だからと言って、洗顔を怠ることはタブーで、自分のあったスキンケアで毛穴対策していきましょう。

毛穴の黒ずみの原因

毛穴の黒ずみ解消法をいろいろ試す前に、黒ずみの原因やタイプを知っておきましょう。

毛穴の黒ずみ解消法は、原因究明やタイプ別で集中ケアすることで大きな効果が期待できます。

毛穴の黒ずみ解消法の製品で最も多いのが、皮脂の酸化によって黒く見える「汚れ」を除去するタイプですね。

毛穴の黒ずみ解消法である洗顔やパックを試してみたら、スッキリ綺麗に除去できたという声が多いのもこのタイプです。

つまり、黒ずみ初期状態ですね。

毛穴の黒ずみ解消法で洗顔やパックをしてみてもなんだか黒いぽつぽつが残るという人は、毛穴の周りがメラニンによって黒ずんでいるのかもしれません。

毛穴の黒ずみ解消法としては、メラニンを抑える化粧品などが有効ですね。

ただし、毛穴に詰まった皮脂がメラニンを作ってしまうこともありますので、洗顔はしっかりやっていきたいですね。

毛穴の黒ずみ解消法を試しても効果がないという人の中には、汚れではなく「産毛」や「たるみ」が原因で黒く見えていることもあります。

産毛が埋没毛となっている場合は、肌を柔らかくする洗顔やスキンケアを行い、産毛が濃い場合は抑毛ローションなどを使ってみると良いかもしれませんね。

たるみの場合の黒く見える原因は、影です。

スキンケアにリフトアップ化粧品を使ってみると効果が期待できるかもしれませんよ。

毛穴の黒ずみ解消 注意点

毛穴の黒ずみ解消法として販売されている製品は、なんだかんだで結構期待できる製品が多く、スッキリ除去できる石鹸やパックが多いです。

ただ、毛穴の黒ずみ解消法としてイマイチなのが、再び現れる黒ずみですよね。

毛穴の黒ずみ解消法として、除去も大切ですが黒ずみの原因を絶つのも重要です。

その為の毛穴の黒ずみ解消法として大切なのが「保湿」です。

毛穴の黒ずみ解消法で注意したいのが、必要な皮脂を除去してしまわないことです。

毛の穴黒ずみ解消法として皮脂を一生懸命とっている人がいますが、逆効果で乾燥をまねきますし、何故皮脂が余計に出ているのかを考えてみましょう。

答えは簡単、水分不足ですね。

毛穴の黒ずみ解消法では皮脂は大敵ですが、あぶらとり紙でとりすぎてもいけません。

ティッシュやファンデーションパフで軽く除去することで十分です。

また、皮脂が出てきたと思ったら、水分補給と保湿を行ってあげましょう。

日頃のマメなお手入れが、きっと減ってきたという実感に繋がると思います。


毛穴の黒ずみおススメコスメ

正しい洗顔法

毛穴黒ずみケアで、まずは洗顔を徹底していきましょう。

毛穴黒ずみケアで洗顔を徹底すると言っても、何度も洗うのはタブーです。

毛穴黒ずみケアとして皮脂が出たら小まめに洗うという人もいますが、乾燥をまねきますし余計に皮脂が分泌される原因になります。

毛穴黒ずみケアには、言うまでもなく正しい洗顔を行うことが大切です。

毛穴黒ずみケアとしては物足りなさを感じてしまうかもしれませんが、朝晩の洗顔だけで十分です。

毛穴黒ずみケア用として、スクラブ入りや塩入り、ピーリング効果のあるものもありますが刺激が強いと感じたら正しい使い方をしていたとしても使用を中止した方が良いですね。

毛穴黒ずみケアの洗顔でいつも心に置いていてほしい注意点は、遠回りだとしてもゴシゴシ洗うなど刺激を与えず優しい洗顔を心がけましょう。

ごしごし黒ずみを一掃する思いで洗顔するよりも、石鹸をよく泡立てて、泡で洗い、よくすすぐ、いつもの倍すすぐことで大きな結果を得られるでしょう。

小鼻には石鹸カスが残りやすいものです。

石鹸カスを残さない洗顔は正しい洗顔のポイントでもあります。

毛穴黒ずみケア製品

毛穴黒ずみケア製品はたくさんありますが、角栓を除去するタイプの毛穴パックや毛穴シートは愛用者も多いと思います。

毛穴黒ずみケア製品では目に見えてとれる角栓が気持ち良くて、リピーターも多くやりたくてウズウズするという人も中にはいますね。

毛穴黒ずみケア製品は、とれないものをとる物ですからやはり刺激・負担というリスクを背負わねばいけません。

毛穴黒ずみケアでパックを毎日しているという人もブログや口コミなどを見ていると意外に多いことに驚かされますが、必ず使用方法は守るようにしましょう。

毛穴黒ずみケアでパックを行えば、角栓は除去されますが肌は刺激を受け、いずれ硬い肌になってしまう恐れがありますし、傷んだ肌は乾燥し皮脂を分泌するようになります。

毛穴黒ずみケアは正しく使ってこそ効果があるわけで、気持ちが良いからと何度もするのは逆効果ですよ。

そして、毛穴黒ずみケアをした後の毛穴ケアも忘れずに行いましょう。

キレイにとれた角栓をある程度眺めたら、今度は自分のお肌、パックリ開いた毛穴も見つめてみましょう。

しっかり化粧水で毛穴を引き締めておかないと、開いた毛穴にまた汚れがたまり新たな黒ずみとなってしまいます。

毛穴パックはほどほどに、気になる時の応急処置くらいの感覚であればと思います。

お肌の保湿

毛穴黒ずみケアで忘れがちなのが、水分補給と保湿ですね。

毛穴黒ずみケアとして重視してなかったという人も多いと思いますが、黒ずみの原因である皮脂の分泌を正常に保つためにも大切です。

毛穴黒ずみケアで小鼻の角栓を除去した後、日中開く毛穴、小まめに保湿を行うことで、徐々にではありますが余分な皮脂が出なくなり美肌の道へと導いてくれます。

毛穴黒ずみケアのあと、化粧水・乳液・美容液などでケアしますが、黒ずみタイプ別によって選ぶと更に効果的です。

毛穴黒ずみケアで新たな黒ずみを作らないために、皮脂の酸化を防がなければいけません。

そんな時の毛穴黒ずみケアには、ビタミンCなど抗酸化物質が効果的です。

年齢を重ねた毛穴黒ずみケアには、肌のハリや引き締め効果が期待できるコラーゲンやヒアルロン酸など含む美容液が良いですね。

毛穴黒ずみがシミになっている人には、メラニン抑制効果の高い化粧水を使うと良いですね。

毛穴黒ずみは黒ニキビと呼ばれることもありますが、炎症を多々起こすことがありますね。

そんな時は、殺菌効果のあるものを選ぶと良いかもしれません。

また、産毛が気になる人には、大豆イソフラボンなど抑毛効果のあるローションなどがおすすめですよ。
P R