クレンジングと角質ケア

July 15 [Wed], 2009, 12:34
いくら頑張って手入れをしても、 汚れがちゃんと落ちていなければ、スキン
ケア効果は半減し、せっかく努力したのにむくわれません。
特に夏は温度や湿度が上昇し、汗・皮脂の分泌が非常に活発になります。
ベタベタした肌は、ホコリ等が付着しやすく、毛穴を詰まらせてしまうため、
ニキビができやすくなるものです。

紫外線対策で、メイクも厚くなりがちですが、メイク汚れはもちろん、汗や皮
脂をそのままにしておくと、くすみの原因になります。

このような肌のトラブルを防ぐためには、汚れをきちんと落とすことです。
これはお手入れの基本ですよね。
ここは、入念な洗顔(クレンジング)をしたいところです。
まず、クレンジング剤は手の平に出した後、指で円を描くように温めてから顔
にのせると毛穴の奥の汚れまでなじみやすくなります。

顔を優しくマッサージをするように、クレンジング剤を十分になじませ、メイ
ク汚れや毛穴の奥の汚れを浮かせて落とします。
そしてできるだけ、肌に負担をかけないよう、やさしく洗う事が大切なポイン
トです。
よごれのないキレイな肌になれば、美白、エイジングケア、保湿など毎日のお
手入れの効果、シミとり シワとり対策アップします。
クレンジングだけでは取ることができない毛穴の黒ずみには、ぜひ角質ケアを
試しましょう。

まず、クレンジング前に顔に蒸したタオルをあてて、充分毛穴をひらかせ、固
くゴワついた皮膚を、じっくりやわらかくしてあげましょう。
実は温まった柔軟性のある肌は、汚れも取れやすく、保湿もしやすくなってい
ます。
お風呂の時間には、お風呂の蒸気を利用してのオイルマッサージがとても効果
的です。

そもそもキレイな肌を作っているのは、良質な角質です。
良質な角質を作るには、食事や睡眠を十分に取ること、血液や細胞などから内
側の手入れをすることが、最も有効であるのは言うまでもありません。