ポリフェノールサプリメント(サプリ)の健康効果

January 31 [Thu], 2013, 15:38
「ポリフェノール」には4,000以上の種類があり、非常に広範囲の健康効果があります。
知名度が高い「ポリフェノール」としては、ブルーベリーやぶどうに含まれているフラボノイドの「アントシアニン」です。
「アントシアニン」には、肝機能を活発にしたり、目の疲れをとる効果があります。
次に、お茶やワインに含まれる「カテキン」はコレステロール値を下げ、高血圧の予防に効果があります。
お茶や赤ワインには、下痢、二日酔いなどに効果がある「タンニン」が含まれています。
大豆に多く含まれている「イソフラボン」は、骨粗しょう症の予防や動脈硬化の予防に効果がありますが、特に女性のホルモンバランスの乱れからくる生理不順、更年期症などに効果があります。「イソフラボン」は、植物性エストロゲンと呼ばれ、女性ホルモンと同じような働きをします。
ごまに含まれる「セサミン」も、肝機能の向上、コレステロール値の低下のほか血管障害に効果があります。
そばに含まれる「ルチン」は、動脈硬化や心臓病、高血圧に効果がありますが毛細血管を強化して内出血を防ぐなどの血管障害に効果があります。
ウコンに含まれる「クルクミン」は、肝機能障害、胆汁分泌の促進、抗ガン作用に効果があります。
トマトに含まれている「リコピン」は、血糖値を下げたり、がんや動脈硬化の予防に効果があるほか、視覚機能の維持やコレステロール値の低下に効果があります。
いずれの「ポリフェノール」も、「活性酸素」の悪影響から細胞を守る(ブロックする)「抗酸化作用」があります。
「活性酸素」は、癌や生活習慣病、細胞や血管の老化を招く原因になってしまいます。
このような優れた効能や「抗酸化作用」のある「ポリフェノール」を、食べ物から摂るとしたら経済的にも大変ですし、過剰に摂りすぎるとカロリーオーバーにもなりかねません。
そこで、有効な成分だけを必要な分量摂れる「ポリフェノールサプリメント」をおすすめします。
サプリメントは、「ポリフェノール」の有効成分の質や量はもちろん、ダイエットも考慮に入れて造られていますので安心です。







プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:keana-care
読者になる
2013年01月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
最新コメント
ヤプミー!一覧
読者になる
P R
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
http://yaplog.jp/keana123/index1_0.rdf