石松と赤塚

May 07 [Sat], 2016, 11:31
基礎代謝の数値をあげて体質改善を図るためには有酸素運動が効果的だと一般的に知られています。一番簡単に取り入れられて効果もあげやすいのは実は、ウォーキングなんです。といってももちろん、ダラダラ歩くだけでは基礎代謝量を上げることは難しいです。たとえば方法としては、下腹部に力を入れつつ顎を心持ち引いて、できるだけ遠くの前方を向くなど筋肉を使いながら歩くように心がけることで、効果を出すことができます。



呼吸に気を遣を遣って、お腹から行うだけでも、私たちは痩せるそうです。体が締るストレッチとしては大きく呼吸しながら肩甲骨を動かすことが良いのだとお聞きしました。
肩こりにも成果が見られるんですが、両腕を上に垂直に伸ばしながら息を吸い、腕は上を向いたままキープし、肘を曲げて体の後ろに下ろしていきます。この時に息を吐くと同時に肩甲骨を縮めるイメージです。実際、有酸素運動は、せめて20分は運動しないと大して、効き目がないといわれてきましたが、今はノンストップで行わなくてもせめて20分運動していれば結果が出るといわれています。

また、筋トレのほとんどはぐっと息をつめて激しく動く運動ですが、無酸素、有酸素両方の運動をかわるがわる行うことでそれぞれの効果をアップすることが良い結果を生むはずです。体型の変化はすぐに表れるわけではないのではないでしょうか。とても厳しく体重を制限することは免疫力の低下につながりますので、計画的、段階的に体型を変化させる方法を選びそれを繰り返して、ゆっくりと体重を落としていくのが基本です。
体重が少なくなったからとやめてしまうと、リバウンド現象が起きてしまいますので、最低3ケ月は行いましょう。

ダイエットで高い人気を誇る有酸素運動ですが、とても効果的な心拍数を自分が理解することで自分の自身を効率よくエネルギーを燃焼して、脂肪の燃焼率を高めることが出来るようになります。

長時間続けて体を動かせば動かすほど痩せるのではなく、特に激しい運動などは筋肉に酸素が行き届かなくなってしまい、逆効果とも言えるのです。
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:Yamato
読者になる
2016年05月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
最新記事
最新コメント
ヤプミー!一覧
読者になる
P R
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
http://yaplog.jp/ke86lymska0bcy/index1_0.rdf