福山雅治だけどギンギツネ

May 10 [Wed], 2017, 3:15
ご存知の通り、冬が来ると寒くて血液が上手に流れなくなります。血液の流れが良くないと肌細胞に満足な栄養が届かず、代謝が乱れることになってしまいます。



その結果、肌トラブルを起こしてしまうため、血行の促進を心がけてちょーだい。

血液の流れが改善されれば、体の新陳代謝が良くなり、綺麗な肌をつくるようになります。コラーゲンの最も有名である効能は肌の効果です。コラーゲンをとることによって、体の中に存在するコラーゲンの新陳代謝が促進されて、肌に潤いやハリを与えてあげることが可能です。体内のコラーゲンが減少すると老化を助けることとなるので、可能な限り、若々しい肌を維持するため積極的に体内に取り込向ことが必要です。化粧水や乳液をつけるタイミングにも順序というものがあり、きちんとした使い方をしないと、効果をほとんど得ることができなくなります。顔を洗ってからつけるのは化粧水です。これにより肌の補水を行ないます。

スキンケアの際に美容(若さやキレイさを保つための努力をするのとしないのでは、年を経るごとに大きく差が開いていくでしょう)液を使うタイミングは化粧水の後。
それから乳液、クリームと続きます。


お肌の補水をしっかりとしてから油分の多いものを最後に持ってきて、肌にフタをするのです。

洗顔後の保湿はドライスキンの予防・改善に重視されることです。

ここをサボってしまうとますます肌が乾燥してしまいます。


加えてクレンジングやメイク用品についても保湿力や保水力のあるものを使ってちょーだい。

これに限らず保湿効果のある入浴剤を使ったり、温度の高いお湯を使用しないというのもドライスキンに効果的です。肌のカサカサが気になる場合には、セラミドをご飯に取り入れてちょーだい。

セラミドは角質層において細胞に挟まれて水分や油分と共にある「細胞間脂質」のことです。角質層は何層もの角質細胞から構成されていて、このセラミドが細胞と細胞とを糊がついたように繋いでいます。



表皮の健康を保持する防護壁のような機能もあるため、必要量を下回ると肌荒れするのです。
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:ミウ
読者になる
2017年05月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
最新コメント
ヤプミー!一覧
読者になる