ジャカルタの交通機関

November 23 [Sat], 2013, 17:44
○道路
ジャカルタは交通渋滞に悩まされており、1992年には渋滞解消のために'three in one'のルールを導入している。これは、午前7:00から午前10:00まで、午後4:00から午後7:00までの通勤ラッシュの時間帯、車1台に3人以上乗っている車しか市内の主要な通りに入る事ができないというものである。また、逆にこの規制を悪用して商売にしている「ジョッキー」という人たちもいる。これは規制の入口で待ち構えて指で乗車できる仲間の人数を知らせ、人数の足りない車に同乗して給料をもらい、入場規制をくぐり抜けるというもので違法行為である。
しかし、ジャカルタ中心部では1日に車が200台以上、バイクが900台以上増えており、2011年には車両の占有面積が道路の面積そのものを上回るという事態を迎えるとされている。[31]

○航空
ジャカルタ市の北西に隣接するスカルノハッタ国際空港(西ジャワ州チェンカレン地区)がジャカルタのメイン空港であり、ここから各地へ国際線、国内線が就航する。空港名は独立時の大統領と副大統領であったスカルノとモハンマド・ハッタにちなんで名づけられた。この空港はインドネシア人にはチェンカレンまたはソエッタの通称で呼ばれている。空港のIATAコードであるCGKは、空港所在地であるチェンカレンに由来している。スカルノハッタ国際空港は毎年4000万人の乗客が利用する、インドネシアでもっとも大きな空港である。ジャカルタの第二空港であるハリム・ペルダナクスマ国際空港は市の南東に位置し、1985年にスカルノハッタ国際空港が開港するまではジャカルタのメイン空港であった。現在ではプライベートやVIP、大統領機などの発着に使われている。ジャカルタ都市圏にはほかに、Pondok Cabe空港や、離島であるケプラウアン・セリブ県のプラウ・パンジャン飛行場などがある。

○鉄道
地域内には鉄道が走っている。ジャカルタコタ駅 (Kota Station) からは、ジャワ島内の各都市(ジョグジャカルタやスラバヤなど)とを結ぶ長距離列車が主に発着する。ガンビル駅(Gambir Station)からはバンドンまでなどの中距離列車が発着する。ジャカルタ近郊部には通勤電車としてKRLジャボタベックが運行されているが、一方で地下鉄のような都市内部の大量旅客輸送は立ち遅れている状況にある。
ジャカルタ・モノレール (Jakarta Monorail) が建設中であるが、2008年7月現在、工事は完全に停止中である。
市内中心部の輸送力を増強し道路の混雑緩和を図るため、南ジャカルタのルバックブルスから中央ジャカルタのドゥクアタスの間の14.5kmにMRT(Mass Rapid Transit、都市内部の高速交通機関)の建設が決定された。2006年11月、インドネシアと日本の間で円借款の調印が行われ、2008年6月にMRT条例が可決されて、MRT会社の設立登記の準備が進められている[32]。

○バス
トランスジャカルタ (TransJakarta) という専用レーンを走行するバスが7路線で運行されている。ジャカルタ特別州当局では2008年9月までにあと3路線を新設する計画で工事を進めている。当初は運賃が割高なため利用客が少なかったが、燃料費高騰の影響を受けて自家用車からバスへの転移が進み利用者が増加しつつある[32]。
トランスジャカルタ以外にも路線バスが運行されており、中型バスはメトロミニ、コパジャなどと呼ばれている。大型バスでは冷房化が進行している[32]。

○タクシー
通常のタクシー以外に、オートバイのタクシーである「ojek(オジェック)」や三輪車のタクシーである「bajaj(バジャイ)」、自転車タクシー「becak(ベチャ)」などが運行している。ジャカルタ市内では42事業者25,019台の登録があり、それ以外に周辺都市から85事業者約16,600台が乗り入れて営業している[32]。

参照元:ウィキペディア「ジャカルタ

[PR]黒子のバスケのカレンダー

ジャカルタの教育機関

November 23 [Sat], 2013, 17:43
ジャカルタには多数の高等教育機関が存在する。以下はその一例。

・インドネシア大学 - ジョグジャカルタのガジャマダ大学と並んで同国を代表する国立大学。
・ジャカルタ国立大学
・ジャカルタ・ムハマディヤ大学 - イスラーム団体・ムハマディヤの大学。
・インドネシア・カトリック大学
・インドネシア・クリスチャン大学
・ビナ・ヌサンタラ大学

なお、ジャカルタには在留邦人の子弟向けのジャカルタ日本人学校(SEKOLAH JEPANG JAKARTA)がある。1969年5月5日開校。ジャカルタ・ビンタロ地区に小学部と中学部、幼年部が設置されている。

参照元:ウィキペディア「ジャカルタ

ジャカルタへの日系企業の進出

November 23 [Sat], 2013, 17:42
日本企業が多く進出し、自動車、オートバイ、工業製品などの生産を行っている。日本企業の工場は、タンジュンプリオク、プロガドゥンなどのジャカルタ行政区内やジャカルタの東に隣接する、西ジャワ州ブカシ県、カラワン県などの工場団地に多く建設されている。
地元TV局のRCTIが石森プロダクション・伊藤忠商事・バンダイと提携して放送中の特撮変身ヒーロー番組『ガルーダの騎士ビマ』は当市で撮影されている。

日系企業が進出している主な工業団地
・MM2100
・EJIP

参照元:ウィキペディア「ジャカルタ
P R
2013年11月
« 前の月  |  次の月 »
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
http://yaplog.jp/ke0fygbf/index1_0.rdf
ヤプミー!一覧
読者になる