ビル 

2008年10月17日(金) 13時04分
大っきいビルに近づいて 見上げる

頭がくらつくぐらい大っきい


その目線の先にある空

さらに大っきい

ありがとうの言葉 

2008年09月26日(金) 22時09分
ありがとう
その言葉
感謝の言葉
ありがとうは何でありがとうなんだろう
ふ と思う
英語に直すとThank you
あなたに感謝する
日本語も
感謝します
でいいんじゃないか

なぜにありがとうなのか
漢字に直すと
有り難う
ありはむずかしう

ありがとうは感謝の言葉
有りは難しい
と書いて有り難う

僕は思う
有ると感謝するのが難しい

有ると気づく事が難しい

無いとそのありがたみを感じる
だから有り難うなんだ


だとすると
ありがとうは人に感謝を伝えると共に自分にも有ると感謝する事が難しいよと言い聞かせている言葉なのかもしれない


別れた君へ
ありがとう


日本人
最高やなぁ

今の多摩川 

2008年09月05日(金) 19時14分
お笑いを辞めて早一年ちょい

もがき苦しんだこれまでの時間

やっと今僕はちょっとずつ落ち着きを取り戻してきた

そんな感じがする

久々に多摩川に来て何も考えずにぼーっとできてるからだ

少し湿っているけどやさしい夜の風
川の向こうにはラブホテルの美しいネオン

虫たちのソプラノの声に風に踊る草たちのアルト
たまに聞こえてくる電車のテノールにゴォ〜という深い音色をだす川のバス
そんな合唱に包まれながら
生い茂る草の絨毯に寝ころんでいる

あぁ〜…

やさしく抱きしめられてる包まれてるようなこの感じ





ぼーっとしなが今僕は地上という天井に背をつけ
空を見下ろす

いつもは見下ろされている鳥や雲を今日は僕が見下ろしている


今日も三日月は魅力的だ

春をみる 

2008年04月15日(火) 22時11分
桜をみていた 春だから
春だから桜の木は花を咲かせた
それをみている
みんなみている
何で桜に人はよってくるのだろうか
綺麗だから
優雅だから
一年に一度だから
散るから
みんないるから

それとも流れに逆らわず生きているから
春が来たら咲く

ふと桜の下に咲く雑草を見てみた
桜に負けないぐらい光っていた

桜は桜として生き
雑草は 雑草として力強く生きている
どちらも心奪われた

輪(わ) 

2008年01月30日(水) 16時35分
全力でぶつかり砕け散る花
精一杯生きて枯れる花
今咲き始める花
咲き続ける花
風に乗る花
咲こうとがんばっている花
もう今はここにいない花今ここから経とうとする花
花はいっぱいいる
どの花がいいのかわからない
でもどの花も綺麗なのは間違いない
そしてどの花もいた事を僕は知っている

買い物袋を自転車のハンドルにさげて
冷たい風を体いっぱいに感じながら坂道を「うぉーっッ!!」と叫びながら猛スピードで降って僕は思う


「豚汁ほしい…」

深く… 

2007年10月09日(火) 16時30分
自分が辛く苦しく追い詰められても取り乱さずに人のことを考える
大切な人のことを考える

あなたのおかげで本当の思いやりをみつけたよ

ありがとう

男は甲斐性! 

2007年09月18日(火) 9時05分
小さい頃から母から「男は甲斐性!」と言い聞かされてきた
今まで甲斐性という意味はぼんやりと聞き流してきた

今僕はお笑いをやめて目標を失っている
男とは目標を失うと何てもろいものか(僕だけかもしれないけど)
将来への不安
自信喪失
ストレス
自分を見失い戸惑い
そして焦る
怒り 暴言
人を傷つけ
すべてを投げ出す
お笑いをやめたとたん
自分の嫌な所 今まで無意識に隠してきたところが一気に出てきて自虐的になる
どれだけ掛け替えのない大切な人であっても その波にかられて傷つけてしまう
それが積み重なるとさらに自分が嫌になって独りになりたくなる

大切な人に別れの文を書いているとゴメンね!は書けるのに どうしても別れよの文字が書けない
どうしてなんだろう
自分に素直じゃないの…
ふっと映画の[シンデレラマン]が頭をよぎる
プライドを捨てて家族を守る姿
苦しい時ほど大切な人を守りぬく男…「男の甲斐性」

どんだけ弱ぇんだ俺は
自分の都合で別れよって
やっとわかったよ
ありがとう この苦しみ
そしてごめんね
大切な人

滝の跡 

2007年07月27日(金) 16時55分
山の奥

ジブリの生き物たちがそこから飛び出してくるような大自然

優雅に
そして堂々と大きな体を風のリズムに揺らして
僕を迎えてくれた

四方に伸びている山の木々は自由の中にも規則があるのか
とても美しく気持ち良く心の中に流れこんでくる
その一角に遠の昔に湧き水が枯れ果てた滝の跡があった

その滝の跡は落ち葉や草や苔で埋まっていて
まったく滝としては動いておらず静かに眠りについている

その代わりなのかそこから20mくらい右に新しく元気で勢いのある若い滝が流れている

僕はその眠っている滝に言葉を投げかけてみる

返事がない…

もう一回

返事がない…
次は石ころを投げて起こそうと試しみる

するとうるさいと言わんばかりにものすごい勢いで岩に跳ね返り僕の足をかすめて飛んできた

軽く腰が抜けた

でもそのかいあって話してくれるという

僕はその滝を見て素直に思った事を言ってみた
「何であなたは役目を終えたのにそこにいるんですか?あなたの存在は意味がないじゃないですか」と
するとなぜか笑われた気がした

「わしは意味とかじゃない。山の一部であって山の歩んで来た過去である。だから消えもしないし事実だからこそ意味ではない
わしがいるから今の山がある…」


今の僕の状状況と一気にリンクしはじめてきた

ボロボロ泣けてきた
傍から見たらおかしな奴にしか映らないだろう
でも関係ない
ワンワン泣く

あなたを否定した僕を
あなたはやさしく包み込んでくれた
がんばったな
よくやったよ
と言ってくれた


ありがとうお笑い
ありがとうファンでいてくれて支えてくれたみんな
ありがとう先輩
ありがとう仲間たち
ありがとう矢野

ありがとな矢野
ありがとう
お前とやれて最高だったよ

 

2007年05月20日(日) 1時56分
愛する者のために何かしてあげられる
だからがんばれるし自分を逃がすことができる

愛する者のために何もできない
何もしてあげる事ができない
それは自分の無力さや悔しさや怒り やりきれないという言葉では言い表せないくらいな気持ちで
きっと両手に抱えきれずに押しつぶされてしまう感じなんじゃないかと思う

僕は時代に恵まれているせいか
愛する者が少ないせいか…
まだ愛する人がいるのに何もしてあげられないと泣き声をあげ苦しくなった事はほとんどない

けど戦争中はそうもいかなかったらしい
母から息子へ
息子から母へ
手紙も電話も連絡は一切ダメで出した者は処罰されるそんな時代
母親は息子が気になるが生きているか死んでいるか消息さえもわからない
そんな中たった1日だけ息子が帰ってくる事を知った母親は
配給もままならないにもかかわらず自分の食べる物を削って帰ってくる息子のためにおはぎを作る
砂糖がないからおいしくはないかもしれないけど…

愛する者のために何かしてあげられるという喜びは自分を犠牲にしても苦しくないんだろうか
男より女の方がそういう気持ちは大きいのかなぁ
そんな事を考えていたら母の日が来た
26年間母の日にプレゼントをあげたことがなかった僕は照れくさかったけど
初めてカーネーションを贈ってみた
母の日当日に贈ったから1日遅れて母に届いた

そしたら母からありがとうのメールが届いた
「綺麗なお花、有難うね。今日届きました。弘の気持ち、とってもうれしいです。でも、母さんはメールだけでいいんだよ。そのぶん、何か美味しい物でも食べて、元気に楽しく過ごしてくれてればそれで満足です・・お金使わせちゃって悪かったね。有難うね。じゃぁ、又ね。有難う!」

何でだろう

なんでだろう
涙が出てくる

母の言葉に嘘はなく
愛されてる実感がやさしく心を温める
ありがとうと言わなければいけないのはこっちの方なのに…

今も昔も母は子のために命を削る
そんな心はなんて儚く美しいんだろう
そんな心を持った母が僕の母親で
僕は本当に幸せ者で運がいい

産んでくれてありがとう
京ちゃんの子どもでよかったよ

平静 

2007年05月15日(火) 17時48分
なりたいのになれない
認めたくないのに認めさせようとしてくるもう一人の自分
そのもう一人の自分と戦う自分
もう一人の自分は真実なだけに恐ろしく強く
容赦なく突き進んでくる
そのもう一人の自分と戦い
憎み 怒り 拳をあげて打ち合えばなぜか自分が傷ついていく

戦うよりも腕を広げて受け入れてあげよう

認めたくないもう一人の自分を認めて愛してあげよう
2008年10月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31
最新コメント
アイコン画像ほにゃ
» ありがとうの言葉 (2013年09月06日)
アイコン画像
» 桜咲く頃 (2009年11月27日)
アイコン画像いいよいいよーーwwwww
» ビル (2009年06月16日)
アイコン画像ハーモニー♪
» ビル (2008年11月25日)
アイコン画像まみ
» 春をみる (2008年04月18日)
アイコン画像ナガエ
» 輪(わ) (2008年02月01日)
アイコン画像真美
» 輪(わ) (2008年02月01日)
アイコン画像ナガエ
» 輪(わ) (2008年01月31日)
アイコン画像匿名
» 輪(わ) (2008年01月31日)
アイコン画像ナガエ
» 輪(わ) (2008年01月30日)
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:ke-gift
読者になる
Yapme!一覧
読者になる