しかし敵はほかの2社だけでなく、今年になって様々な異業種が参入をはたすこ

March 07 [Sat], 2015, 0:02

 【商品名】:MCM超人気iPhone6ケース 一流の品質新作 MCMiPhone6ケース


 

【対応機種】: iphone6 iphone6 plus

 

【ご注意】:

 

●新品未使用商品ですが、海外工場での大量生産品となりますので、製品や箱の細かい傷や汚れなどがある場合がございますがクレーム対象外とさせていただきます。 気にされる方は、トラ

ブル防止のためご入札をご遠慮ください。

 

●製品の仕様、付属品等は予告なく変更する場合がございます。

 

●在庫は常に変動してますので落札のタイミングにより商品が在庫切れの為ご注文をお受けできない場合もありますので予めご了承ください。

 

●お客様のご覧になられますパソコン機器及びモニタなどの違い、また室内、室外での撮影により 実際の商品素材の色と相違する場合もありますのでご了承下さい。

 MCMiphone6カバー


 MCMiphone6カバー


今年の携帯電話業界最大のトピックは、やはり米アップルによる「iPhone6」の発売だろう。日本でも9月19日に発売が開始されたが、大方の予想通り発売日(あるいその数日前から)には誰よりも

新しいiPhoneを手にしたい熱心なユーザーがショップの前に集まり、長蛇の列ができることとなった。
エルメスiphone6ケース
 そうして「iPhone6」が発売され華やかな話題に沸いた携帯電話業界ではあったが、しかしそうしたなか、携帯大手3社の2014年9月中間連結決算が発表されると、その華やかさの中から1社のみが

外れてしまっていることが浮き彫りとなった。その1社とは、かつて「王者」と目されていたNTTドコモ <9437> だ。携帯大手3社が発表した14年9月中間連結決算によれば、ソフトバンク <9984> が

増益、auのKDDI <9433> が増収増益と好調に業績を伸ばしたものの、NTTドコモだけが減収減益という結果であり、「一人負け」の様相を呈することとなってしまった。またこうしたNTTドコモの不

振の影響を受けて、親会社であるNTT <9432> は15年3月期の業績予想を下方修正した。

 「iPhone6」の発売時には3社ともに横並びの料金プランを発表し、またその前にも3社が軒並み国内通話完全定額制や、通信容量を家族間でシェアすることのできるプランなどを打ち出し激しい顧

客争いを展開し続けたわけなのだが、こうしてNTTドコモだけが負けてしまった背景はどこにあるのか?それはNTTドコモが開始した国内通話完全定額制サービス「カケホーダイ&パケあえる」により

、料金通話が落ち込んでしまった点にある。
シャネルiphone6 ケース
 しかしそれでも今月の17日に総務省が発表した電気通信サービスの契約数およびシェアに関する2014年度第2四半期(9月末)のデータによれば、事業者別のシェアでNTTドコモは前年よりもシェア

を落としているものの、トップである。なのでまだまだNTTドコモにも「王者」に返り咲く可能性は十分あり、来年以降のその動きに注目したい。

 しかし敵はほかの2社だけでなく、今年になって様々な異業種が参入をはたすこととなった「格安スマホ」も台頭しつつある。「料金が高い」と言われることの多いスマートフォンにおいて、「格

安スマホ」との差別化、また付加価値をどのように付けることができるかが、今後のNTTドコモの復活の鍵を握っているのではないだろうか。本連載の年末恒例企画として、昨年と一昨年は「その年

のタブレットを振り返る」というテーマでコラムを執筆してきた。しかし今年は編集部から「2014年の“PCとスマートデバイスをまとめて振り返る”というテーマでどうでしょう?」と打診が来た

。このテーマを変更した原稿依頼そのものが、今年のタブレット端末の状況を示しているのかもしれない。
6Plusケースシャネル
 日本市場においてタブレットが急に売れなくなったとか、まったく伸びていないという話ではない。欧米、とりわけ米国市場では必要な人に行き渡った印象はあるが、日本はそこまで爆発的にタ

ブレットの利用が進まなかった。その理由は諸説あるも、いまだによく分からない。

 一方でスマートフォンの大型化によるタブレットとのクロスオーバー、小型Windowsタブレットの充実、低価格Androidタブレットがこなれてきたことなど、「タブレットとはこういう製品である

」といったカテゴリの分類そのものが、危ういものになってきた。

 どのタブレットも主要な目的を達するための機能や性能による差が大きいと言うよりは、「ユーザー体験」の質が大きく異なるのに、すべてを同じタブレットという分野でくくるのは難しく、利

用者の裾野が広がることを阻害するかもしれない。例えば、iPad、Windowsタブレット、Androidタブレットの3つを厳密に見ると、同じジャンルの製品としては捉えられないのだ。

 本誌の1つの役割が、パーソナルなコンピュータを購入したい消費者が、新たに購入したいコンピュータ製品を選ぶためのヒントを提供することとするならば、これらを「タブレット」「PC」「ス

マホ」と単純に分類するのではなく、ユーザー体験ベースでジャンルレスに製品トレンドを捉える必要も出てくる。
iphone6ケース
 そんなことを考えつつ、2014年のPCとスマートデバイスを振り返ってみたい。

●実用品と嗜好品の狭間であえいでいたWindows

 スマートフォンとタブレットの急速な一般化の中で、(従来からのパーソナルコンピュータという意味での)PCはその存在感を失ってきた……というのが、ここ数年で語られる定番のストーリー

だった。しかしこの論旨には以前から疑問がある。スマートフォンもタブレットも、それぞれに便利な道具ではあるが、PCが持つ本質的な価値を代替するものではないからだ。
6Plusケースシャネル
 PCの価値とは、やや大げさに言うならば、人間がその知性によって発揮する創造性、何かを達成するためのアイデアを、より高めるための万能性の高い道具だと思う。もちろん、スマートフォン

やタブレットを、そうした目的で簡易的に使うことも可能だし、創造性をサポートするためのアプリも作ることは可能だろう。しかし、スマートデバイスは基本的にアプリケーションサービスを享

受する、受け身で使う機器だ。

 かつてのPCはインターネット文化の最先端を切り開いてきたデバイスとして、最新のコンテンツ、最新のサービスを最良の状態で受けられるという価値を提供し、利用者もそれを支持してきた。

 ところがインターネットを通じたサービスコミュニティの規模が大きくなり、スマートデバイスによって手軽にサービスへの窓を持てるようになると、使いこなしが必要な道具よりも、受け身で

使えるスマートデバイスへと気持ちが傾く人が増えた。これがスマートフォン、タブレットが登場してから、コンシューマー市場でのPCがダメになると言われてきた本質なのだと思う。

 しかし、「PCという道具」を使いこなしてきた世代に関して言えば、スマートデバイスが流行して以降も道具としてのPCを重視していたり、一度、PCから離れた人でも結局、道具としてのPCに回

帰している例も少なくないのではないだろうか。むしろ問題は世代間のギャップにある。

 例えば「若年層のPC離れ」といった数字がいくつも出てきているが、今どきは小学校からPC教育が導入されており、学習の現場でもPCは不可欠なものだ。もちろん就職してからも、PCを道具とし

て使う職業は多い。
シャネルiphone6 ケース
 有効な統計数値を持ち合わせていないが、「PCを使う」という原体験がスマートデバイスの流行後に減っているわけではない……と思うのだ。しかし、「嗜好(しこう)品、あるいは趣味の道具

として使われるPC」に触れる機会は、どんどん減っているだろう。

 彼らにとっては、スマートデバイスがネットコミュニティやデジタルコンテンツとの接点として、ライフスタイルに寄り添うようにして存在している。その一方で、PCは学習のため、リポート作

成のため、あるいは何かの作業を完遂させるための道具になっている。嗜好品として、趣味の道具としてPCを楽しんでいなければ、スマートデバイスとPCのいずれもが「ライフスタイルを彩るコン

ピュータ」と訴求しても、必然的に後者への注目は後退してしまう。

 では、もっと趣味としてのPCを盛り上げられないかと考えたとしても、そもそもPCの成り立ちが「エンターテインメント」とは真逆から来ている。その後、PCのパフォーマンスが向上すると、そ

の柔軟性やインターネットとの接続性が生かされ、新たなエンターテインメントが生まれる発信源にはなっていたが、PCという商品そのものは「大多数の受け身の消費者」には向いていない。それ

に、PCという産業全体を支えているのが、企業システムとそこにつながる多くの仕事用PCであることは明らかだ。

 前振りが長くなったが、ここに至って「iPad」の登場によって起きた世界的タブレットブームが落ち着き始めているのに、さほどPCが巻き返すことができなかった理由は、実用品であり企業シス

テムの一部でもあるPCのプラットフォームを支えるWindowsと、スマートデバイスへとその目が向いてしまったコンシューマーの狭間(はざま)で、適切な対応を取り切れていなかったMicrosoftの

影響が大きかっただろう。

 しかし2014年、Microsoftは米国本社の経営者交代とともに「変われる」ことを示した。よい結果がこの後に待っていると断言するのは時期尚早だが、iPad登場以降の迷走は止まったと思う。

●新CEOが率いるMicrosoftは何が変わったのか?

 経営者が変化すると企業は変化するものだ。ビル?ゲイツとスティーブ?バルマー。癖の強い2人の経営者が退いてから、本当にMicrosoftはうまく立ち回れるのかと注目が集まったが、新CEOのサテ

ィア?ナデラ氏は、実に上手に立ち回っているように見える。

 バルマー時代、Microsoftのライバルが登場する度、WindowsあるいはOfficeといった同社が強みを持つソフトウェアプラットフォームを武器に、それに対抗するための開発を進めてきた。

 世の中でiPadが急速に広がり始めると、WindowsをARMプロセッサ向けに移植してみたり、タッチパネル対応、タブレットに最適化をしてみたり、といった対応は、振り返ってみると戦略的な意図

よりは、場当たり的にその時々の何かに対応しようとしただけに思える。

 ところが、ナデラ氏は単純に「スマホの時代になった」「タブレットが流行している」といった現象面だけを見て事業戦略を練るのではなく、ライバルの本質的な強みとは何かを意識した上で事

業運営するようになった。

 例えばMicrosoftは、一定条件を下回るスペックの端末に対するWindowsライセンスを無料化した(これにはWindows Phoneも含まれる)。Windowsのライセンスフィーが大きな収益源になっている

にも関わらず無償化した理由は、アプリやコンテンツの流通エコシステムがプラットフォームを活性化させるからだ。Appleはそこを強みにしている。

 Microsoftはスマートフォン、タブレット、PC、Xboxと幅広いデバイスカテゴリ向けのアプリ開発スキームをそろえた上で、製品単価が安い、あるいは競争の激しい分野に関してライセンスを徴収

しないことで普及を加速させようとしたわけだ。残念ながら、スマートフォン分野はうまくいっていないが、小型の低価格Windowsタブレットが増えていることで、一定の効果は現れているように見

える。

 その一方で、MicrosoftはWindowsを特定のテクノロジートレンドに寄り添わせるのではなく、適応幅の広いプラットフォームになるよう配慮し始めたように思う。とりわけWindows 10にはそうし

た意思が感じられる。
ルイヴィトンiPhone6プラスカバー
 Windows 10は、これまでの「タブレットへの歩み寄り」を無理矢理進める路線から、デスクトップUIを中心とした従来型ユーザーインタフェースへの回帰に注目が集まっている。Windowsストアア

プリがウィンドウ動作可能になり、スタートメニューが復活するなど、Windows 8以降の取り組みと伝統的なPCユーザーが好むユーザーインタフェースを融合しようと腐心している。

 もっとも、タブレット型のユーザーインタフェースを捨てているわけではない。新たなチャレンジだったタッチユーザーインタフェースや、スマートフォン/タブレットに似たアプリエコシステ

ムの導入などに寄り過ぎていたWindowsの進化を、もっとバランスよいものにしようとした結果ではないだろうか。

 今のWindowsはインストールするシステムの属性に応じて、タブレット向けのユーザーインタフェースとデスクトップ画面を中心としたユーザーインタフェースが、切り替わるようになっている。

 Windows 8以降、PCのフォームファクタは多様化しているが、どんなタイプのハードウェアでも、その機能性を生かせるよう適応幅が広がった点が、Windows 10におけるユーザーインタフェース最

大の変化だと思う。

 ナデラ氏は最近、講演の中で「Microsoftの強みは、ソフトウェアやサービスを開発するためのプラットフォームとツールにある」と話したという。その通り、Microsoftが隆盛を極めた背景には

、PC上でソフトウェアを動かすプラットフォーム(Winodws)と優れた開発ツールの両方を提供した点がある。

 Microsoftがデベロッパコミュニティとのより親密な関係を築ける、新しい一手を打ってくるのであれば、Windowsコミュニティはさらに発展したものになるだろう。

 それはスマートフォンやiPadに対抗する方向ではないかもしれない。しかし、「Windows PC」を着実によいものにする動きは、期待できると思う。PCの場合、CPUやGPU、ディスプレイ、ストレー

ジデバイスなどは順調に改良が進んでいるだけに、Microsoftさえ進む方向が定まれば大きな前進が見られるだろう。

●Appleは市場トレンドに合わせた製品ラインアップの見直しが進む?
超人気iphoneケース
 本稿は2015年を予想するコラムではないが、少しだけ来年のApple製品についても触れておきたい。それは今年のトレンドと連動する話になるからだ。

 今年は5.5型に大画面化した「iPhone 6 Plus」が投入されたが、これによって位置付けがやや微妙になってきたのが7.9型タブレット「iPad mini」だろう。もちろん、この2つは大きなiPhoneと小

さなiPadであり、同じアプリが動くケースもあるとはいえ、基本的には異なるユーザーインタフェースと使われ方をする、別カテゴリの製品だ。
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:sjursbe
読者になる
2015年03月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
最新コメント
ヤプミー!一覧
読者になる
P R
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
http://yaplog.jp/kdrey/index1_0.rdf