カードで現金化学生

May 30 [Fri], 2014, 1:51


ですが、残念ながら悪質なサイトも存在するようになりました。


クレジットカードのショッピング枠を現金化する際に、ひとつ気になることがあります。
それはいくらまで借りれるのか?という限度額です。
同じように現金を手にするということではキャッシングがありますが、こちらは審査の結果によって限度額が決まる仕組みになっているので、同じように利用したいと考えている人にとっては「いったいいくらまでなら利用できるのか」ということをあらかじめ知っておきたいのは当然のことでしょう。


違法な現金化業者の多くは換金率が悪く75%以下のところがあるようです。


キャッシングやカードローンの利用を検討している場合、銀行系と非銀行系の違いを知っておく必要があります。
このふたつの違いは、見て分かる通り、銀行系が提供しているキャッシングやカードローンなのか、銀行とは関係のない会社が提供しているのかという違いになります。
銀行系とは、銀行が提供しているだけではなく、銀行のグループ企業が提供している場合も含まれます。


この時、あまり大きな金額が残っていないことが分かった場合は現金化のメリットが薄れてしまうので別のカードを使うなど方針転換をおすすめします。


それならわざわざショッピング枠を現金化する必要はないのでは?と思われがちですが、カードローンにもデメリットがあります。


まずクレジットカード現金化の詐欺に騙されないためにはしっかりと申し込みをする前にメールや電話などで詳細を確認する事です。
振込日はいつになるのかお客様が希望する内容での還元率はどれくらいの数字になるのかなどを問い合わせる事が重要です。
また、その時のオペレーターの接客態度などをチェックしましょう。
基本的には優良店ではわからない所などはしっかりと丁寧に親切に教えてくれますが、騙すような行為を行っている業者や悪徳系企業は誤魔化していることが多いです。
最終的に口座への振込日はいつで、どれくらいの金額が手元に入るか、購入したオリジナル商品はいつ届くのかなどを複数質問してみましょう。
急いでいる場合でも、他社との比較を行わず平均の相場がわからないまま取引契約してしまうと、相手もそれを見抜いて善良な申込者の足元を見てきます。
詐欺のような行為を行う業者は騙せそうもない所からは時間の無駄ですのであっさり手を引きますので、そのような警戒心を持ち続けることが重要です。


そしてこの現金化サービスには、2つの方式があることをご存じでしょうか。
もしかすると他にも細かい違いのあるものがあるかも知れませんが、現在運営されているサービスの大半は、ここでご紹介する2つの方式のどちらかです。


この業務を通じて最も大切なのは利用者との信頼関係だそうです。
一度使ってもらったら、また二度・三度と使ってもらうようにするのが大前提になります。
お金に関わるサービスだけに、信用第一というのはどこの業者も大切にしているそうです。
こういう姿勢で仕事をしてくれているのは、利用者にとってはとても有り難いことですが、業者に言わせると利用者の中にも色々な人がいるそうで、信用できる利用者とお付き合いをしたいというのは、かなり切実な本音だそうです。


かといって還元率は当然高い方が利用者にとっては大きなメリットを与えてくれますので、換金サービスを利用する利用者にとっては、より高い還元率を提供してくれる業者との取引を行いたいところでしょう。
そのような場合は、インターネット上で紹介されている比較サイトを参考にし、その中で還元率の高い業者を選ぶのがベストな選択でしょう。
ただしインターネット上の情報には確たる裏付けがないので、情報の真偽性を高めるためにも、複数のランキングサイトを参考にすることが、より信用性の高い情報を選択できるコツとなります。
これらのサービスを利用する上でクレジットカードの現金化を検討している方は、より有効にインターネットの情報サイトを活用するようにしましょう。