和食から学べば料理名人に!すぐ実践できる豆知識

February 13 [Sat], 2016, 15:48
おひたしの料理法については各人各様でしょうが、基礎的な調理法を再確認してみるのも良いでしょう。
醤油や味醂、更に出汁を合わせた調味料に浸けてからいただくのが古典的な調理法と言われますが、簡単にしょうゆと合わせるのみで仕上げるレシピを作るのも一般的なようです。
魚の煮つけを料理する時には魚の霜降り造りによる下処理が欠かせませんが、これはナスやキュウリを使った一夜漬けは毎食でも食事に添えたい副菜です。
浅漬けをハンドメイドするときに使う塩気は、野菜を基準に2〜3パーセント程度がベストでしょう。
塩のみで作るのも構いませんが、ついでにしょうがにトウガラシ、又は昆布などを同時に漬けることで風味やらうま味も浸み込みます。
高価な御馳走に留まらず家庭料理まで、大抵のおいしい日本料理は必ずと言っていいほど決定打とされる出し汁を使っているものです。
とても忙しい昨今の方はともすればスナックと言ったものを摂りがちですが、時折みっちり手間ひまをかけて作ったご飯を頂きたいものです。
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:蒼天
読者になる
2016年02月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29
最新コメント
ヤプミー!一覧
読者になる
P R
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
http://yaplog.jp/kdocnivelrrkec/index1_0.rdf