マレーシアGP、観客数増加を狙い来年のチケット料金を値下げへ / 2010年04月08日(木)
 マレーシアGPのオーガナイザーが、決勝日の来場者数を増やすために、2011年のチケット料金を値下げする見込みであると語った。

 マレーシアGPが行われるセパン・インターナショナル・サーキットは、13万人のキャパシティがあるものの、今年の決勝日の観客数は約9万8000人だった。オーガナイザーは、来年は10万人以上の観客に足を運んでもらえるよう、チケット料金を見直すつもりだという。

「すでに来年の計画を立て始めなければならない。チケット料金をすべて検討し直すつもりだ」とサーキットのチーフエグゼクティブ、ラズラン・ラザリはスター紙に対してコメントしている。
「人々がマレーシアGPに行きやすくなるようにしなければならない。マレーシアの人々がもっとこのスポーツに親しめるようにしたい」
「決勝日の観客数を10万人に到達させたい。今年はこの目標に少しだけ及ばなかった。来年以降のマレーシアGPではスタンドが満員になるようにしたいと考えている」

[オートスポーツweb 2010年4月8日] 4月8日16時33分配信 オートスポーツweb
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20100408-00000004-rcg-moto
 
   
Posted at 22:59/ この記事のURL
ソニーが消した「PS3でLinux」機能、「復活できる」とハッカーが主張 / 2010年04月08日(木)
せかにゅ:ソニーがプレイステーション 3(PS3)にLinuxなどほかのOSをインストールする機能を無効化したが、ハッカーがこの機能を復活させる方法を見出したようだ。

 ソニーは「脆弱性に対応し、PS3コンテンツの著作権を保護するため」、4月1日のファームウェアアップデート(バージョン3.21)でこの機能を削除したが、早くもiPhoneのハッキングで有名なハッカーのジョージ・ホッツ氏が、その回避策を開発したと主張している。同氏によると、バージョン3.15よりも前のファームウェアにカスタムファームウェアをインストールすることで、バージョン3.21のファームウェアを使いながらも、ほかのOSをインストールする機能を残せるという。

Geohot demos hack returning other OS to PS3(Electronista)
→http://www.electronista.com/articles/10/04/07/geohot.hack.brings.back.other.os.support.for.ps3/

●Google Buzzめぐりまたプライバシー侵害訴訟

 Google Buzzをめぐって、またも訴訟が起こされた。ニューヨークの男性が、Buzzで個人的なデータを知らないうちに公開され、プライバシーを侵害されたとしてGoogleを訴えた。原告は、アドレス帳、居住地、職業、頻繁にメールをやりとりする相手のリストを無断公開されたと主張し、Googleが後に導入したプライバシー対策は不十分だと訴えている。2月にBuzzがリリースされた直後、また3月にも同様の訴訟が起こされている。

Google Buzz Sued Again(InformationWeek)
→http://www.informationweek.com/news/security/privacy/showArticle.jhtml?articleID=224201998&subSection=Infrastructure

●「母親がSNSをハッキング」 16歳少年が訴訟

 米アーカンソー州の16歳の少年が、母親にSNSのアカウントをハッキングされたとして訴訟を起こした。少年は、母親が彼のFacebookのアカウントに侵入し、パスワードを変え、コンテンツを書き換えたと申し立て、これは嫌がらせ行為だと主張している。母親は、息子がFacebookに時速150キロで運転したと書いていたのを見て、息子の状況を知りたいと思ったと話している。母親は「子供を監視する権利がある」と主張しているが、少年は祖父母と暮らしており、監督・保護権は祖母にある。

Teen Sues His Mother Over Alleged Facebook Hacking - Woman Changed His Password, Slandered His Wall(The Next Web)
→http://thenextweb.com/shareables/2010/04/07/teen-sues-mother-alleged-facebook-hacking-woman-changed-password-slandered-wall/

※「せかにゅ」では、世界のさまざまなサイトのITニュースを紹介していきます。 4月8日17時47分配信 ITmedia News
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20100408-00000049-zdn_n-sci
 
   
Posted at 22:23/ この記事のURL
ソフトバンク、カーナビ通信定額プランを提供へ 月額210円 / 2010年04月08日(木)
ソフトバンクモバイルは、自動車純正のカーナビに接続する場合に限りパケット通信料がパケット定額サービスの定額対象となる新サービス「カーナビプラン」を4月15日より提供を始める。

[関連写真]

カーナビプランは、パケット定額サービスのオプションサービス。現在加入しているパケット定額サービスの料金に月額210円の追加で、ソフトバンク携帯電話(Bluetooth接続)を利用したカーナビのパケット通信が定額対象となる。

また同社では、サービス開始日より 2010年6月30日までの期間、「カーナビプラン」の月額使用料およびカーナビのパケット通信料が無料となるキャンペーンを実施する。

カーナビプランへの申し込みは会員サイトの「My SoftBank」から可能。7月1日よりお客さまセンター(157)でも受付開始予定だ。

《レスポンス 北島友和》

【4月7日17時21分配信 レスポンス
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20100407-00000025-rps-sci
 
   
Posted at 21:47/ この記事のURL
川崎のマンション火災で意識不明だった父親が死亡 / 2010年04月08日(木)
 親子3人が死傷した川崎市川崎区貝塚のマンション火災で、意識不明の重体だった上村隆透さん(22)が8日、死亡した。川崎署によると、次男(4)は意識不明の重体。

【4月8日9時45分配信 カナロコ
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20100408-00000011-kana-l14
 
   
Posted at 21:12/ この記事のURL
外国人保有株の時価総額割合、29か月来最大 / 2010年04月08日(木)
【ソウル8日聯合ニュース】韓国取引所によると、外国人保有株の時価総額が有価証券市場全体に占める割合は6日現在32.96%と、2007年10月12日(33.09%)以来の最高値を記録した。
 この割合は、グローバル金融危機のあおりで一時は28%台まで縮小したが、昨年10月に32%台に上昇した後、今月初めから急激に拡大し始めた。
 店頭株コスダック市場で外国人保有株の時価総額が占める割合も、6日現在7.46%と昨年12月21日(7.46%)以来の最高を記録した。
 両市場を合わせた外国人の時価総額割合は30.75%で、やはり30.79%を記録した昨年12月10日以来で最も高くなった。
 こうした背景には、外国人が国内株式市場で年初から今月7日までに7兆8000億ウォン(約6479億円)、コスダック市場で2451億ウォンを買い越すなど、買い越しを強めていることが挙げられる。また、IT株を中心に外国人保有銘柄が大幅な上昇をみせたことも一因となった。



【4月8日10時12分配信 聯合ニュース
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20100408-00000005-yonh-kr
 
   
Posted at 20:38/ この記事のURL
鉄鉱石2倍石炭50%値上げ  デフレ日本経済を直撃 / 2010年04月08日(木)
 日本の大手鉄鋼メーカーと海外資源大手の間で続けられていた製鉄原料の2010年度の価格交渉がほぼ決着した。大幅な値上げになり、今後、鉄鋼製品価格にどこまで転嫁できるかが注目される。デフレに苦しむ日本経済にとって、「悪い値上がり」がさらなる重荷になりそうだ。

 3月29日に鉄鋼大手とブラジルの資源大手、ヴァーレの間で、鉄鉱石の交渉がまとまり、10年4〜6月期は09年度より約9割高い1トン当たり約115ドルとなった。

■日本の産業界全体で負担増は3兆〜5兆円

 併せて、従来は年間契約だったのが、10年度は3カ月ごとに価格を改定することになった。いずれも日本側が渋々受け入れたもの。2倍近い値上げと、長期にわたって安定的に引き取ってきたこれまでの「長年の信頼関係」があっさりと覆された格好だ。

 これより前、鉄鋼大手と英豪系資源大手のBHPビリトンは3月初め、製鉄原料用の石炭の価格について、やはり3カ月ごとに決めることで合意、4〜6月期は09年度比55%値上げして、1トン当たり約200ドルとすることを、日本側は受け入れた。

 こうした大幅な値上げは、いずれも海外資源大手側の要求をほぼ丸呑みさせられたもので、日本に重くのしかかる。シンクタンクの試算によると、この値上げが10年度通年続き、09年度と同量を輸入すると仮定すると、日本側の負担増は鉄鋼石で7000億円、石炭で1兆円という巨額になる。原油など他の資源の値上がりも含め、日本の産業界全体では10年度の負担増は3兆〜5兆円にもなるとの指摘もある。

 こうした資源価格上昇を解くキーワードは寡占、中国の二つ。

 鉄鉱石の場合、資源大手のシェアは、ヴァーレ32%、リオ・ティント(英豪系)22%、BHP16%と、3社で7割を占め、石炭でもBHPが約3割を押さえるなど寡占が進んでいる。これに対し、需要サイドの鉄鋼業界は、わが国最大手の新日本製鉄で粗鋼生産のシェアは僅か2%余りにすぎず、交渉力は発揮できない。自社で鉱山を保有するなどの対応でも、日本の鉄鋼業界は世界最大手、アセロール・ミタル(インド)などに比べて大きく後手に回っている。

 中国が世界で資源を買い漁っている影響も極めて大きい。今回の交渉でも、国際的な小口のスポット価格の高騰が響いた。スポットの多くが中国向けで、09年の中国の粗鋼生産量が前年比13%増の5億6700万トンと急拡大が続けていることが原料の国際価格を押し上げているのだ。

■大手鉄鋼は製品値上げに向かう

 増加する負担分を誰がかぶるか。大手鉄鋼は鉄鋼製品を値上げして負担を転嫁したい考え。すでに鋼材問屋むけには4月出荷分から20%程度の値上げを実施。さらに相対取引の大口ユーザーである自動車、電機とも交渉を進めているが、先行きは不透明だ。資源価格が過去最高になった08年度は、リーマンショックまでは自動車、電機は比較的好調で、トヨタが07年度比約3割の値上げを飲むなど、一定の値上げを受け入れる余裕がユーザー側にあった。ところが今回は大幅赤字が続出し、コスト削減に血眼になっており、簡単に値上げを受け入れるわけにはいかない。

 デフレの日本で、資源価格上昇に伴い物価がプラスになれば、デフレ退治にプラスのようにも思える。だが、デフレは需要不足(供給過剰)が主因。雇用不安や賃上げ低迷などで需要回復が見込めなし中で原材料だけが海外要因で値上がりするのは「悪い物価上昇」。需要不足だから、結局、小売価格は上げられず、生産・流通のいずれかの段階で資源高の分を吸収するしかない。実際、中小企業の多くが原料価格を価格に転嫁できず、むしろ一層の価格引下げを求められるという板ばさみに苦しんでいる(信金中金総合研究所などの分析)。

 資源価格上昇は、低迷する日本経済に一段と打撃になるのは間違いない。


■4月7日11時32分配信 J-CASTニュース
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20100407-00000000-jct-bus_all
 
   
Posted at 20:04/ この記事のURL
ソロプレイオンラインRPGという新たなジャンルを切り開いた先を――「グランディア オンライン」開発者インタビュー / 2010年04月08日(木)
 ガンホー・オンライン・エンターテイメントは、MMORPG「グランディア オンライン」においてソロプレイオンラインRPG化への大幅リニューアルと、2010年大型アップデート「飛竜への道」の第1弾となる「飛竜生誕」を4月中旬に実施する事を発表した。

【拡大画像やゲーム画面の紹介】

 今回、事前に飛竜を操作する機会を得た。開発担当の岩田容賢氏、運営担当の横内皇太氏、マーケティング担当の小野進吾氏の3名にインタビューをしながら、新たに生まれ変わろうとしている「グランディア オンライン」について紹介したいと思う。

 「飛竜生誕」では、さまざまなランキングを競い、そのナンバー1になることで贈られる「冒険王」システムのほか、「飛竜の巣」と「ガイアの鼓動 撃破戦」といったイベント型ダンジョンが実装されることになっている。ほかにも、オープニングチュートリアルの改善をはじめ、最初の村での初心者クエストをリニューアル、「冒険者手帳システム」を実装するなど、ソロプレイで遊ぶことを起点に、さまざまな改善がはかられることになる。事実、インタビューではユーザーからの要望については、可能な限り答えを出したと語っていた。

 「飛竜生誕」からはじめる「飛竜への道」は、7月には第2弾となる「飛竜天翔」で飛竜に搭乗し移動することが可能になり、11月に予定している第3弾「飛竜戦闘」で実際に飛竜を使用しての戦闘が導入されることになる。飛竜搭乗以降の仕様については、今後さらに検討を重ねていきたいとしている。

 「グランディア オンライン」はソロプレイオンラインRPGへと舵を切る。それは、今までのMMORPGを捨てるわけではなく、ソロプレイにソフトランディングしていくことを意味している。この発表について既存のユーザーは概ね好意的に受け取ってくれていると先述の3人は口をそろえる。では、そのソロプレイ向けに提案される「冒険王」システムを紹介したい。

 冒険王にはさまざまな項目が用意される。例えば多く戦闘をしているプレイヤーや施しをするプレイヤーなど、一定の期間を決め、集計してそれぞれの冒険王に就くことになる。冒険王になると、「飛竜の巣」と「ガイアの鼓動 撃破戦」といったスペシャルダンジョンを任意に開始することができる特典がある。なお、冒険王はひと目で分かるように、身体にオーラをまとっている。

 「飛竜の巣」は、最初の村の出口付近にいるNPC「エンシェントドラゴン」に話しかけ、「風のかけら」というアイテムを収集するクエストを受けるというもので毎日開催される。風のかけらは戦闘以外でも、購入することもでき、1週間の期間収集した風のかけらの数でも冒険王が選出される。冒険王になるとアイテム「飛竜の玉」が入手できる。このアイテムを入手したことで、冒険王は任意に「飛竜の巣」を開催することが可能となる。参加制限などは特にないので、出現するゲートに飛びこめば誰でも参加することができるそうだ。

 今回、“飛竜の巣へ続く道”マップを体験することができた。ここでは、それぞれ左右に分かれた別ルートをチームごとに進み、関門を突破しスピードを競うというもの。関門では、「グランディア オンライン」に関するクイズを行ったり、決められたモンスターを倒してポイントを稼いだり、重さの異なる砲弾を運ぶ(重さによって移動速度が変わる)大砲の弾運び競争などに挑戦。これらをチームワークで突破して、もっとも早くゴールしたチームが、祭壇にいる飛竜に話しかけると抽選が行われる(ほぼ同じタイミングの場合はどちらのチームも抽選に参加)。当選したプレイヤーは飛竜に導かれるまま、飛竜の巣に招かれ報酬を得るチャンスが与えられる。チャンスとは、サシで“飛竜と対決する”“一定の金額を納める”“クイズに挑戦”するなどの条件をクリアすると、プレイヤーは報酬となる「飛竜の卵」を得ることができる。

 岩田氏によると、戦闘はかなりのレベルでも苦戦することが予想され、提示される金額もさまざまだそうだ。飛竜の卵は、夏以降にアップデートされる「飛竜天翔」でプレイヤーが搭乗する飛竜として必要になるアイテムにほかならない。実際に飛竜を操作することができたのだが、まさに飛行するだけといった様相。移動と同様に行きたい方向へクリックするだけでその方向に進んでくれるのは気持ちがよかった。

 また、岩田氏は「ガイアの鼓動 撃破戦」についても紹介してくれた。「ガイアの鼓動 撃破戦」は毎日開催されるイベントで、NPC“ガイアの鼓動調査員”に話かけることでクエストを受けることから始まる。クエストは「暗がりの森」にいる「キングバタフライ」を倒すというもので、1週間の期間でもっともキングバタフライを倒したプレイヤーが冒険王の称号を得て、アイテム「ガイアベル」を入手することができる。このガイアベルを使うと、やはり冒険王の任意で「ガイアの鼓動 撃破戦」ダンジョンへのゲートを開くことになる。ダンジョンでは条件が提示され、それを達成するかどうかでルートが変わるそうだ。

 「ガイアの鼓動 撃破戦」は定時開催に参加するか、ガイアベルを使うことで開くゲートに入ることで参加できる。ダンジョン内に入ると「条件」が提示され、それをこなせるかどうかでルートが分岐していく。条件はモンスター討伐が中心で、フィールド上の全てのモンスターを倒す必要があったり、特定のモンスターを倒したりと条件を満たせるか、それとも未達成かで次のステージが変わっていく。見事、最後まで到達し「ガイアゴーレム」を倒すことができれば、宝箱を得ることができる。宝箱の中身はランダムで、ガイアゴーレムをイメージした武器も入手することもあるとのこと。

 今後のアップデートでは現在停滞している「シナリオクエスト」の実装を予定。やはりソロプレイの充実度を高めるためにも、プレイヤーとパートナーが連携してスキルを発動する新バトルシステムや新ペットシステム、新精錬システムを実装予定とのこと。

 今後、大きく変化する「グランディア オンライン」では、ユーザーが迷わないように指針を提示できるようにしたいと運営担当の横内氏は、バックアップ体制にも注力していくことを約束していた。コンセプトからがらりと変更となるため、ユーザーが“迷子”にならないように導くことが求められるだけに、プレイヤーに目的意識を持って臨めるようにしたいとしている。そうした意味でも「冒険王」は、ユーザーのモチベーションを維持するためのフックとなりえるシステムだと自信をのぞかせていた。ソロプレイ中心になることから、希薄になる“つながっている感”を補う意味でも、誰かと競い共有できる装置として働くことを期待しているようだ。もちろん今後も、ユーザーからの意見を大事に、冒険王の種類を10、20、100と増やしていくとしている(4月の段階では2種類)。ユーザーがゲームに向き合っただけ、それなりの報酬があるべきだという考えもあることを明らかにしてした。

 基本的にソロプレイを中心にしつつ、イベント時にはみんなでひとつの目標に向かって協力する――。プレイヤーそれぞれがゲームそのものにおもしろさを見出して、短時間でもいいから長く触れていける。「グランディア オンライン」はだからこそ今年、大きく変わろうとしているのだ。小野氏は、ソロプレイにあえてスポットを当てたことは、マーケティングにとっても良策であり、やっと自分が求めているオンラインゲームになるという手ごたえを感じていると語ってくれた。岩田氏も開発に携わりソロプレイに目を向けたとき、新しい発見があったと振り返る。インタビューの最後に横内氏は「グランディア オンライン」は“みんなで作るもの”と表現してくれたが、まさに「グランディア オンライン」はユーザーと運営がこれから作っていくものだと3人は変わらず意識している。

【4月7日20時27分配信 ITmedia Gamez
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20100407-00000053-zdn_g-game
 
   
Posted at 18:58/ この記事のURL
イ・スファン、シュートボクシング「維新」参戦 / 2010年04月08日(木)
【ソウル7日聯合ニュース】総合格闘家のイ・スファンが、11日に東京・後楽園ホールで開かれる立体総合格闘技シュートボクシングの25周年シリーズ「維新−ISHIN−其の弐」に出場する。
 イは日本の前スーパーウェルター級王者・金井健治と対戦する。先月から日本で訓練を続けているイは、マネージメント会社を通じ「試合まで時間があまり残ってないが、良い結果を出せるよう努力する」とコメントした。
 延世大学体育教育学科出身のイは「K−1 FN KHAN 2007」でチャンピオンとなり、格闘技界で注目を受けている。

【4月7日18時52分配信 聯合ニュース
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20100407-00000028-yonh-spo
 
   
Posted at 18:25/ この記事のURL
アロンソ「レッドブルのことは気にしていない。数戦後にはフェラーリがベストになるよ」 / 2010年04月08日(木)
 フェラーリのフェルナンド・アロンソは、マレーシアGPでエンジントラブルのためリタイアを喫し、ノーポイントに終わったものの、数戦のうちに自分たちはベストのマシンで走れるようになると自信を持っている。

 マレーシアでレッドブルのセバスチャン・ベッテルとマーク・ウエーバーが圧倒的な速さで1-2を獲得したが、アロンソはフィニッシュまで2周というところでエンジントラブルに見舞われ、リタイアとなった。これによってアロンソは、選手権ランキングにおいてベッテルと同点の2位にポジションを落とすことになったが、まだシーズン序盤であり、心配する必要はないと述べている。

「彼ら(レッドブル)は3回ポールポジションを獲っているけれど、3回優勝してはいない。バーレーンで僕らはとても速く、オーストラリアでもおそらく僕らの方が速かったと思う」とアロンソは、planet-f1.comに対してコメントしている。
「そしてここ(マレーシア)はおかしなレースになった。僕らが予選でミスを犯したおかげで、彼らはとても楽になったのだ。だから、僕らとしては今のところそれほど心配してはいない」
「選手権は長い。まだマシンを改善する余地は大いにある。マシンのどのエリアを改善しなければならないかは承知しているので、数戦のうちにベストのマシンを用意できるという自信を持っているといっていいと思う」
「チャンピオンになるには安定性が必要だが、同時に速さも持ち合わせていなければならない。まだ3戦を終えたにすぎないし、序盤はポイントリーダーがころころ変わるのが普通だ。選手権争いの様相がはっきりしてくるのは数戦後だろう」
「可能ならすべてのレースで完走を果たしてポイントを獲る必要がある。でもポイントシステムが変わったこともあって、優勝もとても重要だ。25ポイントというのは大きいよ」
「今の時点では30ポイント前後のドライバーが大勢いて、選手権争いはオープンな状態だ。でも終盤になれば、ふたりか3人の戦いになるはずだよ」

 エンジントラブルに関してアロンソは、特に心配してはいないと述べている。
「全く心配していない。いくつかトラブルが発生したので、もちろん調査するよ。でもエンジンはほとんど去年のものと変わりないので、エンジン担当者たちはこのエンジンに関する経験が豊富だし、問題なく対処できるだろう」
「僕らが今抱えている問題は特定されているはずだから、レースの後で調査するよ」

[オートスポーツweb 2010年4月7日] 4月7日17時44分配信 オートスポーツweb
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20100407-00000004-rcg-moto
 
   
Posted at 17:53/ この記事のURL
Googleの書籍電子化、写真家らが「著作権侵害」と訴訟 / 2010年04月08日(木)
 全米写真家協会(ASMP)など写真家・イラストレーターを代表する複数の団体が4月7日、書籍をスキャンしてオンラインで公開するGoogleの計画は著作権を侵害しているとして集団訴訟を起こした。

 原告は訴状をニューヨーク南地区の米連邦地裁に提出し、Googleはビジュアルクリエイターの権利を考慮せずに、出版物を違法にスキャンして公開していると申し立てている。Googleがスキャンした書籍に掲載されている写真やイラストを作成したビジュアルアーティストへの「公正な補償」を要求している。

 訴訟には絵画同業組合、北米自然写真家協会などの団体や、エド・カシなどの写真家、シムズ・タバックなどのイラストレーターが参加している。

 Googleは既に、米国の作家・出版社団体から書籍のスキャンに関して訴訟を起こされている。これら団体はGoogleに書籍電子化を認める形で和解しており、裁判所の和解案承認を待っているところだ。ASMPはこの訴訟に参加することを求めていたが、裁判所がこれを認めなかったため、独自に訴訟を起こしたとしている。 4月8日10時6分配信 ITmedia News
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20100408-00000009-zdn_n-sci
 
   
Posted at 17:22/ この記事のURL
P R
カテゴリアーカイブ
  | 前へ  
 
Powered by yaplog!