17年前に派手な4.2万がにせのロレックスの証明を挙げる責任を買って誰が担いに来ます

April 24 [Mon], 2017, 20:31
消費者の派手な4.2万元の買うひとつのロレックスの腕時計、17年後に指定修理・整備店にで偽者に認定して、商店を販売して“時間を買うのがとても長い”と“腕時計のチップ、修理保証カードの上のシリアルナンバーが一致しない”をにして、消費者の権利保護の要求を拒絶します。それでは、17年の偽者の権利保護案をあけて、消費者はさらに言い方をせがみますか?消費者は訴訟の可能性に勝ちがありますか?

17年前に買うロレックスのつまりにせの時計
1999年2月、杭州の消費者の徐先生は家族の同行員下で、杭州で一つの有名で大きいマーケットは42174元の価格で1モデルのロレックスの腕時計を購入して、原始の領収書、修理保証カードはみなそろっています。徐先生ははっきり覚えていて、このブロックリストを手に入れた後に、価格が高価なため、ふだんよく小型金庫中で鍵をかけて、これまでない外にあるいは“手をかえる”を利用して過ぎます。

2015年11月、徐先生は北米へ親族訪問しに行く北米の1家のロレックス指定修理・整備店がとても譜によると聞いていて、営業は20年を上回って、自分のロレックスの時計、原始の領収書、修理保証カード/(腕時計)の身分証を持っていてこの修理・整備店まで(に)保養をします。

今回の偶然のロレックス腕時計が正に保養するで、ひとつの引き出してほこりに埋もれました17年のストーリ。徐先生はずっとこのブロックリストの身分を疑ったことがなくて、このブロックリストが彼の顔面に最も失わせに思い付かないで、保養店が徐先生に1部出して保養する説明を拒絶するため、理由は“非正規品”です。

帰国した後に、徐先生はスーパーコピーロレックスの時計、関連を持っていて証拠と北米某ロレックス指定保養センターの発行する説明を買って、最初の肝心な時間はその年腕時計のマーケットを買って交渉に駆けつけて、しかしマーケットは決して帳簿を見分けなくて、理由は徐先生が腕時計の時間を買うのがとても長いおよび腕時計のチップ、修理保証の押さえるシリアルナンバー一致しないです。



“その時買った時、店員はシリアルナンバーが印のロレックス腕時計でのチップの上で刻むと言って、私がその場で腕時計を分解して行くことがあり得ない本当に偽りであることを弁別します。もう1度言って、私はもともと高級なロレックス時計を買う経験に不足して、思い切って注文票を出して全くマーケットの知名度を信用するためだ。” 徐先生は理詰めで大いに論争して、どうして17年後にまで(に)やっと発見するのとなると、徐先生は腕時計が機械が表すのため言って、電池をかえる必要がなくて、ただ保養してやっと恐らく真相を発見するのを持って行きます。

マーケットは責任者に関連していて表して、徐先生は確かに2015年11月30日とその年で12月1日にマーケットの権利保護に行って、そして関連を表現したことがあって主張して、しかし彼らは本当に助ける力がありません。

“相手の提供する修理保証カード、ロレックス腕時計の身分証はすべて本当でで、確かにその時のショッピングの領収書がもあって、しかし現場のは、腕時計のチップ所はカードの一致しないのを修理保証するのと付けるシリアルナンバーを表示して、と検証して表明します、様子の情況は私達は処理することができません。”この責任者は言って、彼らはとても徐先生の気持ちを理解して、このような事はもしも自分を並べて恐らく同じく証拠を示して扉がないので、しかし実際の操作する中にやはり(それとも)証拠が話をしが必要で、要してこのロレックス時計を証明することができるのはその時のマーケットの販売するあの時計です。

しかし、どのロレックス時計ように今持って来るうそが表すのが当時マーケットが販売するだと証明することができますか?徐先生は遭遇するのを杭州当地のフォーラムので上で公表して、見つかって彼があってとと遭遇する人に似ていた一緒に権利保護に来ることができるのを望みます。

法律の焦点
1.訴訟の時効はどのように確定します
調査によると、法定の時効内で訴訟の権利を行使して、普通に契約の違約する紛糾の時効を消費するのが1年で、権利侵害を消費する紛糾は2年です。この事件の中で、徐先生は17年後でやっと詐欺に発見して、すでに訴訟の時効を上回ったのかどうか?

《商品品質法》第45条は定めて、製品が欠陥が存在して損害が弁償する訴訟の時効の時に2年なるを求めるのをもたらすため、当事者があるいはその権益が損なわれを知っているべきなことを知っている時から計算します。《民法通則》第1百37条も定めて、訴訟の時効の時にあるいはするべきに侵害する時に権利を知っているのを知っていてから計算します。

民間の偽劣商品一掃の権利保護の人、中国の消費者権益保護法が研究会の会員の張暁紅を学んで思って、上述の法律によって定めて、徐先生は依然として訴訟の権利を行使するのがいます。

張暁紅は指摘して、事件にかかわりがあるロレックスは存在する問題の自身を表してより強い専門性があって、権利人の徐先生として、普通の人の認知の能力で、日常の知識を通じて(通って)事件にかかわりがある製品の本当に偽りを判断することができません。専門の人を通じて(通って)鑑別するしかなくて、やっと事件にかかわりがあるロレックスが表すのが本当に非と正規品にふりをするのを知ることができて、やっと権利が侵害させられるのを知っています。

“だから、徐先生の権利保護の訴訟の時効は権利の侵犯させられた日が計算し始めるのを知るべきですから、買う時交付して商品時間が訴訟の時効として計算し始めるべきでありません。徐先生は権利の侵犯させられた日を知るのが北米某ロレックス指定保養センターの発行する説明の期日であるべきだ、この期日に計算し始める、2年内から法定の訴訟の時効ことができるとしてから。”張暁紅は言います。

同時に、張暁紅も指摘して、法律は規定があって、権利が侵害させられる日から、20年のを上回って、人民法院は保護しありません。特殊な情況のがあって、人民法院は訴訟の時効の時に延長することができます。“この規定によって、最も長い訴訟の時効は権利が侵害させられる日から計算するので、権利が享受して自分の権利が侵害させられるのを知らない人がいて、時効が最も長くて20年で、20年を上回って、人民法院は保護しありません”。

2.証明の責任を挙げて誰が担います
上述の事件の中で、ショッピングセンターの責任者は承認して、徐先生の提供する修理保証カード、腕時計の身分証はすべて本当でで、確かにその時のショッピングの領収書がもあって、しかし現場のが検証して腕時計のチップ所がカードの一致しないのを修理保証するのと付けるシリアルナンバーを表示するのを表明して、マーケットはこのような情況を処理することができません。徐先生は提供して材料に関連していて、徐先生が証明を挙げる責任を完成したのを意味するかどうか?

張暁紅は指摘して、《民事訴訟法》第64条によって定めて、当事者は自分で出す主張に対して、証拠を提供する責任があります。この規定、実際の我が国の現行の民事訴訟の中は証明の原則を挙げて、“誰が主張するかと略称して、誰が証明を挙げます”。

“徐先生は事件にかかわりがあるロレックスを提供して実物および、ショッピングする領収書を表して、すでに完成して消費者のショッピングしたのが証明の責任を挙げると証明します。マーケットの方面が帳簿の理由を見分けないのは駅足でないので、マーケットが相反する証拠を挙げるのが十分に陳先生の買う時計に反駁することができない限りこの商の場所が売ったのではなくて、そうでなければ陳先生の基本的な証拠を認定するべきで、ロレックスが実物の証拠、原始の領収書、修理保証を表して/(腕時計)の身分証を押さえるのを含んで、および北米某ロレックス指定保養センターの発行する説明。” 張暁紅は言います。

それ以外に、《民事訴訟の証拠のいくつかの規定に関して》第72条も定めます:“一地方の当事者の出す証拠、別の一地方の当事者……出す相反する証拠は反駁のが足りないで、人民法院はその証明力を確認することができます。”第76条は定めます:“当事者の自分に対する主張、本人しかなくてその他が証拠のに関連しているのを出すことはできないをの述べて、その主張は支持しありません。”

“時間を買ってとても長くてただ訴訟の時効の問題だけに関連して、腕時計のチップ、修理保証の押さえるシリアルナンバーが一致しなくて、ちょうど表して劣悪コピー商品に属するべきだと証明します。”張暁紅は言います。

張暁紅はまた(まだ)指摘して、消費者は権利保護の意識があって、基本的な証拠をちゃんと保存するのはとても肝心です。今後消費者のトラブルが発生するのを防止する時商店のために帳簿を見分けないで、必要がある時、消費者は買う時証拠を示して、買いに対して通って録音して、ビデオ、ありのままに記録します。

http://www.rolex.com/ja

http://www.jpsupergreat7.com/
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:kdjjdfdd
読者になる
2017年04月
« 前の月  |  次の月 »
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30
最新コメント
ヤプミー!一覧
読者になる
P R
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
http://yaplog.jp/kdjjdfdd/index1_0.rdf