ちょっと意外な和歌山またはオナクラをリピート 

October 20 [Wed], 2010, 15:41
九ヵ月前、私は「、フィールズと庭園から呼ばれるアンソロジーのために部分を提出するよう頼まれました。

アンソロジーは持続可能な農業と良い北海道 オナクラそれを祝う芸術とエッセイを含みます、プロジェクトはそれに最適なものでした、本は圧迫しに行って、次の二週間に利用できなければなりません。

あなたはこのプロジェクトについて詳しく知る本をここで予約することができます。

そして、また別のはメモを予約します、オナクラ向上計画のそれの私のワークショップは昨晩素晴らしかったです。

私は確かにすぐにもう一つのワークショップを教えることを望みますそれだけの楽しみでした、そして、私はそれほど多くの創造的な、美しい人々に会いました。

今夜すべての要点を取り戻していることになっています洗濯物の堆積に取り組んで心斎橋 オナクラ並び替えしない大量の文書業務を整理すること。

請求、その他の揺れている塔が気も狂わんばかりに私をドライブしているが、私が対処することができる汚れた洗濯物。