今日の新世界2 

2006年06月07日(水) 0時53分
3MOV
2→とにかく小さく!!最小音量で・・・a tempoでつい大きくなりがちですが、気をつけて弓をつけるだけで充分です。弾かない。Cbは弓の毛0.5本くらいでいいかもしれないですね。とにかく、とにかく小さく、小さく・・・。その分、crescで思い切り盛り上がりましょう!!でも今日の練習では、シティーフィルであんな小さな音が出る!とびっくりしました。みなさま、お忘れになられないように・・・。
130小節目→みなさん集合地点です!その意識を・・・。
143小節目→Vnはp、Va、Vcはpp、その後繰り返されるVa、Vcはppp!!その変化をきっちり見せられるようにしましょう!pppってかなり小さいんですね^^;
4の4小節目→スラーの音型の受け継ぎに集中!流れるように・・・
174小節目→2Vn・Va 音の切りのタイミングをきっちり!!1Vnの四分音符を聴いてると安全です♪
193小節目→Vn 超要練習ですね☆個人的に私の大好きな場所です!楽しげにきっちりを目標によろしくお願い致しますm(_ _)m
Coda→入りのtremは鈍い響きで弓幅を大きく、長い目の音でゆっくり動かし、次第にtremに・・・大きく、大きく!!もうありえないぐらいに「ごごごごごぉ〜〜〜」と鳴らしてください。お客様に「シティーフィルが唸ってる!!」って思わすくらいw

以上です。お疲れ様でした〜。


ついしん:フィロムジカ、いらして戴ける方がいらっしゃったらご一報をお待ちしてます(。−_−。)

今日の新世界1 

2006年06月07日(水) 0時15分
練習お疲れ様でした♪
さてさて、早速ですが今日の練習をおさえつつ、私の気付いた事も書いていきたいと思います。

2MOV
17小節目→crescは早めに沢山かけて、dimは開始を遅らせてください。同じ音型の所は以下同文です。(38、112小節目etc・・・)
2→2Vn・Va tremはできるだけ細かく、小さく、繊細に・・・crescしてmfになった時はちょっと幅広くなっても大丈夫です。(3も同じ。<>のやり方は↑と同じニュアンスがいいんじゃないかと思います)
53小節目→Va・Vc 受け継ぎしっかり♪
54小節目→Cb pizzは1つずつしっかりと。
74小節目→73小節目との間をまたぐ時、メガネマーク!!それから耳も最大の集中を・・・74の頭がGdurの主和音で解決されるので、それをしっかり味わってください。
75小節目→2Vn・Va 4拍目にメガネマーク!!
78小節目→Vc・Va sul pont(コマより)で弾いてください。キレイなとこじゃないという認識で・・・。
ちなみにここの1Vn、もっと泣き節にできますか??もし出来たらすっごくよくなるんじゃないかと思います!!もう泣いちゃってくださいw
96小節目→Va・Bass 6連符は荒っぽく・・・弓を大きく使い、半飛ばしで、弦に弓をぶつけるカンジでお願いします!!激しく、激しく☆ガンガン鳴らしてください!どれだけやってもやりすぎってことはないそうなので、遠慮なくどうぞ♪この楽章で1番鳴らす場所だそうです。
Vnは頑張るというより、大らかに浪々と響かせるイメージで・・・。力でなく響きで音量をmaxにしてください。
それから・・・最後の人数が減っていくところは、素直に減らしてください。人数が減ったからと、テンションが上がることのないように・・・。難しいですけどね^^;

3楽章は次の記事に書きます♪↑↑

号外の内容2 

2006年06月06日(火) 15時11分
下の続きです。

3MOV
みなさん→冒頭 勢いのある弓で!!アタックをつけて、なるべく弓を沢山使ってください。(60小節目のVnとVaも同じ)
2Vn・Va・Vc→64小節目から先弓。弦から弓を離さないで、オートマティックなカンジ☆八分音符は少しテヌート、十六分は軽く。
Vn→192小節目のアウフタクトは怖がらずにはっきりと!!(弓のひっかけやすい部分で)ここはスケルツァンドでお願いします。
Vn・Va・Vc→215小節目〜 真ん中から先弓で軽く

4MOV
Vn・Va・Vc→128小節目〜 sul tast先半分、crescでへ、dimでへ。(Flを聴いて)
Vn→172小節目〜から入って、弓幅でcrescを行い次第にへ。
2Vn・Va→227小節目〜 先弓ここは刻みです。

アンコール・スラヴ
出だし2小節のリズムの形は全て、アクセントをつけてすぐに抜き、なるべく速い勢いのある弓を使って下さい。3movの冒頭と似たボーイングの往復バージョンです♪

以上です。よろしくお願い致しますm(_ _)m

号外の内容1 

2006年06月06日(火) 14時43分
こちらはドヴォルザークの弓の運びについてです。時々+αが混ざります。
私の中で、ここはどうしてもっ!!という場所をピックアップしてみました。

1MOV
Va・Vc・Cb→3,4小節目の音はVibで残響を作ってください。
みなさん→Allegromolt前のcresc、弓幅を広げて!!(すみません、プリントでどこの話かの記載が抜けていました。謹んでお詫び申し上げます)
Vn・Va→Allegro molto入りは先弓
2Vn・Va→2から少しずつ先弓に向かって。
みなさん→5と317小節目から、Vibナシです。Flが弾いていてもしっかり聴こえる音量で・・・
みなさん→6 Gdurの解決の響きを!→189小節目で転調を意識。

2MOV
みなさん→5&26小節目 入りは少し息を吐き出し始めてから入ると入りやすいです。弓はそれぞれできるだけ真ん中〜先弓でお願いします。
2Vn・Va→2のtremは先弓、crescで真ん中へ。
1Vn→54小節目〜 元半分は使わないようにお願いします。

シュポア5 

2006年06月06日(火) 14時34分
まだ続きます^^;

G8前→落ち着いてください。決して自ら滑って速くして、首を絞めたりされないようにお願いします。
H11目→Vn 休符を休み過ぎないように気をつけてください。
I12前→crescはよく見えるのですが・・・あまり「に立派な音色になり過ぎないように気をつけてください。
I8目→1Vn 音程をよくさらってください。1度ここだけでもパート練習されるといいかもしれません。
K4前→遅れないように気をつけてください。常に前に音を運んで・・・
最後2前→2Vn・Va 付点のリズムはもっと歌っていいと思います。よく響かせて、鳴らして・・・十六分音符で拍を前に運んでやるようなつもりで・・・。


ハイ!!以上です。
長くなりましたがよろしくお願い致します!!!!!!

シュポア4 

2006年06月06日(火) 14時11分
失礼しました。昨日、ここにアクセス出来なくなって、書き込みが今になってしまいました。
さてさて、シュポアの3楽章ですっ!!

1小節目→1拍目は神経を研ぎ澄まして、集中して・・・Clのアウフタクトを聴いてたら多分もう遅れると思うので、呼吸で合わせて下さいwココ1番の集中力が必要な場所です。
2小節目→Vn デコボコしないように気をつけてください。なるべく少ない滑らかな動きでの移弦を・・・先半分の弓でsultasutがいいと思います。
A前後→弓をもうちょっと軽いタッチにされてはいかがでしょう?ドスンバタンって重くならないように気をつけてください。
B25前→2Vn・Va・Bass fの四分音符がきつくならないように気をつけてください。弓を置いて息を吐きながらスタート!!丸い響きを・・・。
B11前→少々のdimでもってフレーズをおさめてください。最後の四分音符は少し抜いてやるカンジがいいんじゃないかと思います。
B→Esdurの響きを頭に描いてから入ってください。
C9前→pizzはvibで響きが残るように助けてください。右手のアクションを少し円を描くようにすると、もっとよく響きます。「フワン」と響きが残るのを楽しんでください♪
C→tempoがCadeazaの後でちょっと乱れ気味です。人任せにならないで、tempoお響きを予測して入りましょう!!やはり、ふくださんやsolistと一緒に呼吸されるのがベストだと思います。
D8前→裏打ちから表打ちへ!!要注意ですっ☆楽譜にマークされるなどして、絶対にその時になって慌てないでいいようにしておいてください。まだちょっと「おっとっと・・・」と空気が動いてました。
D14目と16目→Vn あまり噛み付いたような音色にならないように気をつけてください。1Vnはハッタリでも楽そうに・・・その分ちょっと2Vnで大きめに、ただしおおらかな音でお願いします。
F5前→Vn ritしそうに聴こえてしまいます。前に運んでください。
F→メガネマークのご記入を!!!!!!


シュポア3 

2006年06月05日(月) 2時19分
2楽章
最初しばらく、Tempoが把握しきれていないんです!って音が訴えていました。ふくださんやSolistと一緒に息をして、tempoを感じてみてください。そして、みなさんで1つのビートを共有してください。シティーフィルならできる!と思います。
5小節目→Vn <>をやりすぎて遅れないで・・・。心持ちあっさりめでお願いします。
A7目→Vn crescガ入らないように気をつけてください。
B1前→Vn 遅くならないで・・・
B→大きくならないように気をつけてください。これはふくださんの指示ですが、ppを書き込んでくださいね。
B4目→軽くdim。フレーズをおさめてください。
B7目→響きのイメージをもって入ってください。突如入った!というかんじにはならないように・・・
B12目→息を吐きながら弾きだしてください。きれいに入れます!
最後から3小節目→2Vn Cの音の音程をよく聞いて下さい。

3楽章は上にいきます。

シュポア2 

2006年06月05日(月) 2時11分
続き・・・

E2目→もたつかないように・・・軽く、でもsoloを包み込むみたいに♪それから、この辺りの音が異常に暗いのが気になりました。ほわんと明るく響かせてあげてください。
E17目→Vn・Va 四分音符がcrescしちゃってます。音が出たらすぐ抜いてください。
E’→弓はぶつけずに、おいて弾きだしてくださいw特に1VnはE線なのでご注意を・・・。息を少し吐き出してから音を出すとうまくいくと思います。
F→1Vn 移弦はなるだけなだらかに、少ないアクションでお願いします。それからびっこをひかないようにさらっておいてください。弓はsul tasut、寝かせ気味です。
F11+12小節目→4拍目はパートが増えるので更に繊細に小さく・・・
G9前→四分音符は抜き気味で・・・今だと少し重いです。
G4前→2Vn・Va 小さなcrescを入れてはいかがでしょう?次の小節でdim。音のラインを意識し、音符が1つずつにならないようにかんじてください。
H6前→2拍目、少し突っ込み目に入ってちょうどいいタイミングになりそうです!
H8目→全体にちょっといかついように思います。もうちょっとLightに・・・。
H14目→もっともっと小さく、薄く・・・sul tasut、弓の毛1本、先弓、全て実行してくださいw
I’10前→Va pは少し大きめに、ppで小さく、でも小さすぎず響きは充分にもたせてください。
I’→1Vn この辺り、特に高音のリズムが滑りやすいのでご注意を!!

1楽章は以上です。2楽章以降は上に続きます! 

シュポア 

2006年06月05日(月) 1時41分
練習お疲れ様です。本番もオリ番という事で、今日はスコア片手にコンチェルトは後ろで聴かせて戴きました。なので・・・そこで気付いた事を書き込みます。

1MOV
6小節目→2Vn・Va 入りの音の音程、もうちょっと高い方が美しそうです。
7小節目→fはたっぷり、丸みのある響きで大きく!!がさつに大きくしないで・・・
8小節目→pよく響かせてください。決して音を殺さないように・・・
9小節目→fで頑張る意識は大事ですが、入りが遅れないようにしてください。それから、ここからはリズム感が重いので、気持ちは常に前へ前へ前進さす事を考えていてください。
Allegro入り→cmollの響きのイメージをちゃんと持って入ってください。それから1Vnは入りの前からVibをかけておかれるといいと思います。それと、その3小節目のcisの音が低いと思いました。
Allegro6小節目→1Vn・Va <>の頂点がfzにならないように気をつけてください。今はちょっと角がありすぎて、怖いです^^;やはりここも丸い音を目指してください。
Allegro9小節目→音がぶあついので、sul tastで、弓の毛は1本しか使わないくらい寝かせてください。
Allegro19小節目→つぶやきのように・・・もっと軽くって大丈夫です。
A前→2Vn・Va 3連符はあまり構えずに気楽に・・・「こんなのへっちゃら〜」くらいに思われてもいいかと思います。Pはもっと落としてください。
B9前→2Vn・Va 四分音符で停滞しないで・・・流してください。
B2前→Vn・Va 八分休符で音楽を止めないように感じてみてください。
B7目→Va・Vc pはきっちり落として、fzはきっちりつけてメリハリを!!
C5前→Vc 響かせてください。
D3前→Vn スラーの最後は小さなdimをつけるつもりで・・・。最後がちょっと乱暴に聴こえてもったいないです。
D’8前→pはもっとガクンと落としてください。

上の記事に続きます!




  

子供の日にむけて 

2006年05月03日(水) 21時21分
いよいよ明日の練習がすんだら本番ですね!!
こどもたちに、いえ大人にも楽しんで戴けるコンサートになるよう、精一杯の演奏をしましょう♪

さてさて・・・
とっても簡単にですが、気になっていることを書き込みます。

まず、モルダウのポルカ♪
ここは、弓がふわふわしないように、しっかり弓の毛で弦を捕らえて発音させ、スピードのある動きをしましょう!ピアノになっても落ちるのは音量だけ。エネルギーは減らないように、発音はきっちりさせてください。それから、スラーのところは前に進む気持ちをもって・・・とにかく元気に元気に・・・!!おめでたくいきましょう!!!!!

軽騎兵のウナコルダ(sulG)♪
もしG線1本がきつければ、D線を使われてもOKです。でも、だからといって「楽チン♪」って弾くのではなく、あくまでもG線1本で弾くのと同じだけのエネルギーを使ってください。それから、せめてA線を使うのは我慢できるといいですね☆あとは、とにかく深く深く、太く、太く・・・あと、できれば色っぽく^^;あそこ、個人的にエキゾチックでとってもお色気ムンムンな音楽だな〜って思うんです。

サウンドオブミュージック♪
この楽譜、めくりにくいとこで沢山めくらせていると思うのですが・・・めくりの手前に、次のページの頭の小節をカンニングでメモられる事をオススメします。inの方はなるべく早くめくり、outの人はメモを頼りに次のページも確実に弾く。これで、かなり落ちる事故が防げると思います。
それから、なるべくなら、弾きながらその曲の情景を思い浮かべられるといいですね。

指揮者体験♪
子供たちを見つめつつ、小倉さんも見つめる。。。これ、コツとサービスです。

新世界♪
リズムを全体にもっと楽しまれるともっといい演奏になると思います。

以上。。。
また何かあったら明日口頭で失礼します。
ではでは!!!!
頑張りましょう〜〜〜☆
P R
2006年06月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30
最新コメント
アイコン画像ルートヴィヒ
» 今日の新世界2 (2007年07月30日)
アイコン画像BlogPetのルートヴィヒ
» 今日の新世界2 (2007年07月07日)
アイコン画像BlogPetのルートヴィヒ
» 今日の新世界2 (2007年06月30日)
アイコン画像BlogPetのルートヴィヒ
» 今日の新世界2 (2007年06月23日)
アイコン画像BlogPetのルートヴィヒ
» 今日の新世界2 (2007年06月16日)
アイコン画像BlogPetのルートヴィヒ
» 今日の新世界2 (2007年06月09日)
アイコン画像BlogPetのルートヴィヒ
» 今日の新世界2 (2007年06月02日)
アイコン画像BlogPetのルートヴィヒ
» 今日の新世界2 (2007年05月18日)
アイコン画像BlogPetのルートヴィヒ
» 今日の新世界2 (2007年05月11日)
アイコン画像BlogPetのルートヴィヒ
» 今日の新世界2 (2007年04月27日)
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:kcpostrings
読者になる
Yapme!一覧
読者になる