「妊活」という言葉から想像できることと言えば基

March 22 [Wed], 2017, 14:07
「妊活」という言葉から想像できることと言えば、基礎体温の検温や体調の管理など、女性側が実践するものがよく紹介されています。しかし、男性に出来る妊活があるのか、疑問に思いませんか?実は、男性にもオススメしたい妊活があります。
それが葉酸の摂取です。不妊などの原因は母親側だけの問題かというとそうではなく、夫である男性側に問題があるという事だってあるのです。中でも、精子の染色体異常は重要な問題で、これは着床率を著しく左右します。葉酸には、染色体異常を軽減し精子の質を高めるという効果があります。ですから、是非、男性にも実践して欲しい妊活のひとつなのです。

葉酸は胎児の成長に寄与する重要な栄養素の一つで、普段のご飯から摂取する以外にもサプリで摂ることが望ましいです。


しかし、葉酸が胎児と母体の健康をサポートする栄養素であることを踏まえると、一体いつから飲めばよいのかと、疑問に感じる方も多いでしょう。

多くの場合、妊娠前から授乳期を過ぎるまでサプリでの補給が望ましいとされています。妊婦にとって、葉酸が一番必要となるのは、「妊娠初期の3ヶ月間」というのが有名です。

しかし、母体の健康を維持するためにも必要不可欠な栄養素です。
なので、妊娠を願望している段階で葉酸を十分に摂取し、授乳しゅうりょうまで普段のご飯とサプリによる葉酸摂取を続けるのが良いでしょう。



妊娠することによる体の変化と、必要な栄養素の効果を考えた時、妊娠中はもちろん、それかつての妊活期間からの摂取が望ましい葉酸は、忙しさから摂取が不十分になってしまう、などの困りごとが良くあると思います。そんな不安を解消してくれるのが葉酸サプリです。普段の食生活を気にかけることなく、簡単に葉酸を摂れますので、仮にご飯での摂取が不十分だとしても安心です。
親友の話なのですが、彼女が妊活をしている時によく粉薬のようなものを飲んでいたので、何かと聞くと漢方だと教えてくれました。彼女によると冷え性(万病の元ともいわれますが、西洋医学では病気だとはみなされません)や虚弱体質といった体質を改善し、妊娠しやすい体にするために漢方を飲んでいたそうです。
妊活中は薬を控えた方が良いと聞いていましたが、漢方であれば飲向ことに抵抗がありませんね。



その漢方のおかげなのか、彼女は無事に赤ちゃんを妊娠しましたので、みんなでお祝いを計画しています。妊娠と言えばすぐに葉酸の名前が浮かぶように、この「妊娠」と「葉酸」は切り離して考えることは出来ません。



それはつまり、妊娠初期に十分な葉酸を摂取することで、胎児の先天的な異常を発症するリスクを低減してくれると言われているからです。この話は当然、妊活中の女性におもったより、最も重要な栄養素であることは間ちがいありません。妊娠が発覚した後で、慌てて葉酸を摂取しても間に合いませんから、妊娠に適した体で赤ちゃんを授かれるように、出来るだけ早い妊活中の時期から、葉酸をたっぷり摂取する事を注意してちょーだい。妊活中の女性にお薦めしたい食べ物には、豆腐や納豆などの大豆製品や魚などが挙げられます。
それ以外には、卵やレバー、ブロッコリーなどにも妊娠に欠かせない栄養素を含むので、意識して摂取していきたいですね。しかしそればかり食べれば良いというわけではなく、多くの食材から栄養をとるのが理想的です。

その一方で、冷えやすい飲料や食料は妊娠を妨げるので今しばらくは我慢するべきでしょう。
胎児の先天性障害発症リスクを抑えるために、葉酸が不足しがちな妊娠前から妊娠初期は、サプリメントでの葉酸摂取が良いでしょう。

サプリによる補給はお手軽ですが、飲むタイミングによっては思わぬ副作用を発症することもあるため、注意が必要です。
葉酸サプリメントの効率的な摂取のためには、食後の30分のうちに摂取するのが良いと言えます。何と無くと言うとご飯で得られる栄養素と相互作用することで、葉酸が最も効率的に働きますから、十分な効果が期待できます。

では、空腹時に葉酸サプリを飲んではいけないのでしょうか。胃に何も入っていない状態で葉酸サプリを飲むと、胃腸の不快感、食欲不振や吐き気の等の症状を発症することもあります。ですから空腹時の葉酸サプリの摂取は止めておきましょう。

みなさんご存知のように、妊娠初期の女性にとって、忘れてはならない大事な栄養素が、葉酸ですよね。
胎内でゲンキな赤ちゃんを健やかに育てるために、葉酸サプリメントで補いながら、葉酸が不足しないように注意すると良いでしょう。ところで、理想的な葉酸の摂取量はどれほどなのでしょうか。厚生労働省の発表によりますと1日あたり葉酸0.4mgです。
さらにこれを毎日摂取する必要があるのです。これを野菜だけで摂取するのは大変だと思います。
葉酸サプリで補給するのが良いと思います。



妊娠しづらいように感じ初めたら、基礎体温の管理から初めてみると良いでしょう。たかが体温と思うかもしれませんが、基礎体温表をつけると、ホルモン状態の変化や排卵周期が分かり、妊娠につなげる手がかりとなるのです。基礎体温表を作るには、運動量が体温を変えてしまうので起床時に「毎日測る」という注意事項もあるため、それに従って毎日続けるのが肝心です。

いまはアプリもあるので気軽にできますね。
適切な葉酸の摂取の結果、胎児の先天的な神経管異常の障害を抑える可能性がある事が認められています。


そのために、普段より多くの葉酸を意識的に摂取することを厚生労働省が推奨しており、葉酸サプリや補助食品の充実も、葉酸の効果を裏付けているものだと言えますね。


また、こうした食品の中には特定保健用食品として、妊婦が利用する場合も多いそうなんです。



最近の研究によって、妊娠に重要な栄養素として葉酸摂取による効果が認められるようになってきました。水溶性ビタミンの一つである葉酸は、定期的な摂取の結果、赤ちゃんが先天的な神経系障害を発症してしまう危険性を抑えてくれるというデータが発表されています。

具体的な一日の葉酸摂取量の推奨値として、厚生労働省は一日に0.4mgの葉酸を摂ることが好ましいと定めています。



この数値は受胎直後からの推奨値ですから、受胎直後から赤ちゃんが健やかに成長するように、妊娠中の方はもちろんのこと、妊娠を計画されている方や妊活中の女性も、是非、葉酸を意識して摂取してみてちょーだいね。



葉酸は、私が知る限りでも、多くの産婦人科で妊娠が分かった方には、摂取するように指導されています。サンプルの葉酸サプリを配布している産婦人科もあるようです。

ですが、妊娠中に葉酸を摂取しなかった方も少なくはないと思います。万が一、サプリによる葉酸の摂取を怠っ立と感じている方も、葉酸はビタミンの一種ですから、食品の中でも青菜類(ホウレンソウなど)や肉類にも多くふくまれていますから、普段通りのご飯をきちんと摂っていれば、多少は葉酸を摂れてい立と思います。妊活中に必要不可欠な栄養素と言えば葉酸を想像する方も多いと思います。ですが、他にも亜鉛をしっかりと摂取するようにして下さい。その理由は、亜鉛が卵巣に働聞かけることで、卵子が健やかに熟すために、有効的に作用することが分かっています。


妊娠を願望している女性だけでなく、男性側も、亜鉛を摂取することで、妊娠に高い効果が期待できることが分かっています。質の高い精子をつくることを補助してくれるのです。

亜鉛は妊活中の夫婦の心強い味方です。ぜひご夫婦で亜鉛摂取を実践してみましょう。
妊活中にはご飯の内容にも気を配りますが、普段から飲んでいるお茶の栄養も気になりますよね。


妊活に効果が高いお茶としては、タンポポ茶ですとか、ルイボスティーが良いようです。

これらはカフェインが含有されていませんので、妊娠する可能性の高い女性におもったより、胎児の成長にも優しい、理想的な飲み物です。

実は、ルイボスティーには、貧血(自覚症状がないこともあるので、定期的に健康診断を受けたり、献血を行うと早期発見できます)を予防するという効果が期待できるという話ですから、妊娠が分かってからも、積極的に摂取したいお茶だという事ですね。
みなさんご存知のように、妊婦の体に必要不可欠といわれている葉酸、不妊との関係も指摘されている鉄分は、一緒に不足しやすいという共通点があります。普段のご飯で得られる量では摂取量が足りません。


ですのでサプリメント等の栄養補助食品で補給するのがおススメですね。最近は、こうした不足しがちな成分をすべて含有しているサプリが見かけますから、葉酸と鉄分が両方入ったサプリを選べば、負担無く、必要な栄養素を摂取できるのではないでしょうか。
P R
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:フウト
読者になる
2017年03月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31
最新コメント
ヤプミー!一覧
読者になる