サザエさんパブリックビューイング! 

2010年09月04日(土) 22時41分
当時の状況を、フィッシュ氏は中出し、こう要約しますほとんどすべての著名人たちが、ポーランドにドイツとの直接交渉に同意させて戦争を回避させようとしたしかし、そこには一の障害物があったポーランドの外務大臣、ジョセフベックは、当初、ドイツ側の主張を理解していたが、やがて全く役に立たない英国の軍事保障を得てから、完全に態度を変え、交渉に対し非常に強硬な立場を取るようになっネギま エロたのであるダンチヒは住民の九〇%がドイツ人で、民族自決の原則に従った住民投票では絶対的多数がドイツへの復帰に賛成したドイツのチェコスロヴァキアに対する侵略は情け容赦ないものであり、エロ同人誌弁護の余地のないものであったしかしナチスドイツがダンチヒとポーランド回廊(訳注ベルサイユ条約により、ポーランドへ分割されたドイツ領プロイセンとドイツ本国との間を結ぶ地帯)の返還を行ないたいとの希望は理解しうるものであり、英仏によって第二次世界大戦の原因とすることが許されるべきものではなかったダンチヒの復帰をめぐるドイツポーランド間の直接交渉を遅らせ、妨げ、最終的に不可能とした真の理由はなんであろうか当時、英仏は、首脳部を通じて、ダンチヒ問題を平和裡に解決するために、全権を与えられた使節を送るようポーランドに対し、要請していた英仏とも、もしドイツが、ポーランドに侵攻したら、ドイツに対し宣戦を布告する旨を、はっきりさせてはいたが、チェンバレン首相は、極端に、局面の破局を恐れており、ケネディ駐英アメリカ大使を通じて、ルーズベルト大統領に対してすら、大統領がそのために影響力を行使するよう要請していた他方、エロ画像ヒットラーも、英仏を参戦させないために、ダンチヒ問題を平和的に解決することに熱心であったヒットラーは、ダンチヒに関して何らかの譲歩を考慮したり、問題を討議するために、全権使節を任命することすら拒否するポーランド側のかたくなな態度に非常に困っていた八月二十四日、彼はいに、ポーランド侵攻を命じたが、各方面から嘆願を受けて、最後の瞬間になって、命令を撤回したのであった英仏両国からの必死の懇願、ローマ法王、ベルギー国王、米国大統領からのメッセージを受けて、ポーランド政府は、ようやく最後の瞬間になって、リプスキー駐独ポーランド大使を、フォンリッベントロープ外務大臣に面会させ、ポーランドが、ドイツ側が提案した交渉のおまんこ条件に関心があると申し入れさせることを許可したフォンリッベントロープは、リプスキー大使に、「それでは閣下は、交渉の権限をお持ちでここへみえたのですか」と尋ねたそして、大使がそうではないことを認めると、それが平和維持のための努力の終わりであったあらゆる方面からもっと圧力をかければ、ポーランドが交渉に応じたであろうことは明らかであり、もう数日待ことができず、力ずくで問題を解決しようとしたヒットラーが、究極的には責めを負うべきであろうしかし、ベルサイユ条約体制の最後の清算であるダンチヒ問題に関して、譲歩を考えることすら拒否したポーランドも責めを受けるべきである特にほんの六日前に、ヒットラーが、ソ連と不可侵条約を結び、今や、明らかにソ連は、ドイツに味方するであろうという悲痛な事実があったことを考えれば、(ポーランドの頑固さは)残念なことであった(ハミルトンフィッシュ著岡崎久彦訳『日米開戦の悲劇エロ写メ』(PHP文庫1ブリーチ エロ992年)135137ページより)(原題はこれが、1939年当時の、開戦直前のギャル合コン状況だったのです
最新コメント
2010年09月
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:kcbypepafs
読者になる
Yapme!一覧
読者になる