多汗症 漢方薬

July 10 [Tue], 2012, 8:18



暑くもないのに汗が吹き出し続け、夏になるとシャツの替えが1枚じゃ足りない状態だったとしても、
水分を我慢したり、つらい治療を続けることなく、短期間で汗の量が減っていく治療法がこちら









あなたも、↓のようになりたいと思いませんか??





汗染みができなくなる

マウスやキーボードが汗でぐしょぐしょになることがなくなる

手汗に悩まされていた時間を有効に使える

肌がサラサラで気持ちが良い







しかし、実際はというと、↓のような状態ではないでしょうか??





手汗が恥ずかしくて、人と手をつなげない

手を握ると汗がしたたり落ちる

自分なりに調べてみたものの、これといった治療法が見つからない

汗を隠そうと不自然な格好になっている時がある







多汗症は、人によって原因が少しずつ変わってくる症状なので、

誰かが上手くいった方法をそのまま実践したからと言って、あなたにも同じような効果がある保証はありません。


汗の量を根本的に減らすには、ボトックス注射をしたり、手術をして汗腺を取り除く方法しかないと考えている人も少なくありませんが、

こうした方法は体への負担が大きいだけではなく、その後の後遺症の心配も強いため、

むしろやってはいけない治療法の一つです。






多汗症専門アドバイザー 久保田さんの久保田式多汗症改善7日プログラムは、

体に負担をかけずに健康的な方法で汗の量を減らすことができる治療法マニュアルで、

激しい運動を続けたり、再現するのが簡単ではないやり方とはちがい、

マニュアルが届いたその日から、誰でもすぐに実践していくことができます。


早ければ治療開始から3日で効果が現れるほど即効性があり、

「今、どうしても汗を止めたい」という場合のために、その場をしのぐための一時的な対策法も紹介されています。


具体的な治療内容については、こちらに詳しい説明がありますので、

ここではポイントをいくつか紹介していくと、↓のようになっています。






■多汗症が起きるのは脳に原因がある?

■自分でできる!5分間自律神経改善法

■知っておいて損はない!多汗症のセルフチェック

■脳内異常の前に疑うべき本当の原因







久保田式多汗症改善7日プログラムにあるように、

汗の量が増えてしまう原因は大きく分けて3つのパターンがあり、

自分がどのパターンなのかを把握することが、多汗症を根本的に解消するために欠かせません。


たとえば、交感神経(自律神経)的な問題を抱えている人が、いくら内臓機能を正常にしたところで、

汗が止まることはありませんが、自律神経の働きを改善するトレーニングをしていくことで、

みるみるうちに汗の量が減っていき、平均して1週間ほどで汗が正常な量になります。



多汗症専門アドバイザー 久保田さんのホームページには、

実際にこの方法を試した人たちの体験談が紹介されています。




病院でも治らない多汗症が治るわけがないと思っていました。

いままでまちがった方法をやってしまっていました。

長年の悩み、何をやっても治らなかった汗が約半月で改善されたことに驚いてます。

夏場だったのですが汗の出る量があきらかに減っていました。




こうした声にあるように、

症状が軽度でも重度でも、やることはほとんど変わりはなく、

あなたの原因に対して適切な対策をすることができれば、汗の量は短期間では減らしていくことができます。



あなたも、1日10分程度の、無理なく続けられるトレーニングをするだけで、

遅くとも2週間後には、汗に悩まされることのない体質に生まれ変わっています。








多汗症の裏に潜んでいる深刻な症状がさらに進行してしまう前に、体質を改善し健康的に汗の量を正常にしていくにはこちら










森潤平
今野清志
P R
最新記事
カテゴリアーカイブ
多汗症治療薬
多汗症を治す方法
店頭FXって? Add to Google
My Yahoo!に追加
  • seo

人気ホームページランキング
ブログランキング
PVランキング



ブログランキング
ブログランキング