サーバへの対策。中高年世代はセキュリティ意識が希薄?

March 11 [Mon], 2013, 13:38
伝統や歴史に対して、敬意を持つ日本人は珍しくないと言われています。




年長者の意見が支持を集める事も数多いされ、実績や年齢などのステータスによって、中高年世代が大きな権威を持つ状態が、日本国内では少なくないと見られてきています。




昨今の中高年世代は安定志向が強いとも指摘されており、組織内部に対して「マニュアル主義」や「前例主義」を求める事が多い、とも伝えられ始めています。




マニュアルや前例主義による組織運営はメリットも絶大で、合理的な手段だと位置付けられてきたとされます。




環境変化や具体的な脅威が少ない平時において、それらのスタイルはとても効果的に組織を運営できると考えられています。




経験豊富な年長者の知恵と経験が、組織を成功に導いてきた歴史もあり、組織内の伝統や慣習を守る事が成果への架け橋だ、という解釈も一般化してきているとも指摘されてます。





しかしながら、ビジネス分野の環境変化と具体的な脅威が現われ始めてきていると見られる今日。


組織内のマニュアルや慣例などを厳守するだけでは、現実に対応出来なくなり始めているという声が、各分野の現場から伝えられてきているとされます。




特に現在の中高年世代は、デジタル面のセキュリティが希薄だと指摘されており、組織内の危機管理がとても甘いままビジネスを継続させてしまっている実態があるとも言われています。




ハッカーによる攻撃やデータ流出の事例が相次いでいると見られています。




その原因のほとんどが、要とされるサーバ等への危機管理を怠っていたという単純なものだと考えられています。






プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:kbcmq
読者になる
2013年03月
« 前の月  |  次の月 »
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
ヤプミー!一覧
読者になる
P R
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
http://yaplog.jp/kbcmq/index1_0.rdf