ヤンキー6。

May 07 [Sat], 2011, 9:14
途中から見た人は最初からどうぞヤンキーヤンキー2ヤンキー3ヤンキー4ヤンキー5そんな訳で、大検は生物という1科目を落としてしまった。だが、来年は1科目だけでいいという事だ。まあ、やった事ない科目で受かる程は流石に甘くなかったか。物理を選べば楽勝だが、生物で落ちたという事にイラっとしたので来年も生物で受験する事にした。笑今日は東京編のづきで。なんと、Aが上京してきた。SDクンというかなり年上の先輩と共に東京にやってきた。たぶん私より4個くらい年上だ。SDクンという先輩は女と警察に強い。強いという意味は無茶苦茶するという意味だ。顔は和田あき子のモマネをする吉村に少し似ていたが、それよりはモアイ像に似ていた為に影ではみんなにモアイと呼ばれていた。見てくれは、パンチパーマに皮ジャン、スラックスでもろ当時の暴力団だ。AはSDクンと一緒にウチに泊まらずホテルに泊まっていた。おおおおお、金持ちなんて思っていたが、事情を聴くと、こういうからくりがあった。SDクンが親のカードを数枚パクって、カードを切りまくっているというのだmeet-me SNS。カード全部合わせると限度額いっぱいで400万円あるそうだ。それは使わない手はない笑そう思った。一緒に高級料理屋やクラブ、ラウンジ、色んな所に豪遊しにいった。そんなお金の使い方をすればどうなるか、火を見るより明らかだった。たかが400万円。3人で使えば一瞬だ。ヶ月ともたなかった。カードは止められ、ホテル住まいもできなくなって、AとSDクンはウチに流れてきた。ウチの部屋には、上京してきたが、どうしようもなくなった地元の人間が4人、横浜の人間が1人、寝泊まりするようになった。言っておくが、8畳程度のワンルームだ。笑人数が増えると面白い事も起こる。私の2個年下のSという男も一緒に寝泊りしていたのだが、こいの顔がウルトラマンに似ていたので、ウルトラマンというあだ名がいた。もちろん本人は、このあだ名をあまり気にいってない。このウルトラマンSには面白い経験があった。喧嘩で負けて、しょんべんを顔にかけられた事があるらしい。エレベーターの中でHしてて、急にドアが開いたので、ビックリして女の子を置き去りにして逃げた事があるらしい。パンツも上げずに大きくなったそれを丸出しで、ドアの前にいたオジサンにおもっきりガンをくれてから走ったらしい。カツアゲする時は先を研いだマイナスドライバーを相手の鼻の穴に入れて脅していたらしい。車上荒らしでかなり稼いだらしい。友達にすごい貧乏なヤツがいて、当時、カンフーシューズが流行った時に、お金がなくて買えないから、長靴を切って見た目カンフーシューズにしていたヤツがいたらしい。他にも面白い話はたくさんあったと思うが、忘れてしまった。普段から、SDクンはSにおい、ウルトラマン、たばこ買うてこいやなどと偉そうに言っていた。SDクンとSでは年が7個くらい違う。最初は我慢したらしいが、嫌でたまらなかったらしい。ある日、Sは爆発した。SDクン、なんぼ年上かも知れんけど、あんまりウルトラマン言うてバカにせんといて下さいと、食ってかかった。SDクンはおんしゃー、誰に口ききゆうがなおシバくぞなどと怒った。しかしSもキレていた。やってみぃやなどと言っている。SDクンは表、出えやコラなどと叫んで、Sを外に連れていった。誰しもが、流血戦を想像したのだが、10分程度で2人は戻ってきた。しかも、おたがい顔には傷がない。不思議に思った私がSDクンにどうなったと聞いた。SDクンはもう、えいわやなどと言っていたので今一意味が分からない。しばらくしてSDクンはどこかへ出かけて行った。出て行ったタイミングを見計らって、私はSに聞いた。なんで喧嘩にならんかったSはこう言った。いやー、びっくりしましたよー、外に出た瞬間にSチャン、ごめん。俺も立場あるし、カッコけさせてホンマにごめん、許してって頭さげるんですよ何も言えないですよあははははははは、パンチパーマの人が7個下にワビ入れたのかSDクンは、お金がなくなってから、どこかの組に拾われて、新宿でシンナーを売る仕事をしばらくしていたようだ。しかし、どういう訳か、その組の上の人の女に手を出し、さらに逃亡する為に組のお金を盗んだらしい。他のグループの人が、SDクン、裏社会で全国指名手配だと話していた。カードの件で家族はヒドイ事になり、警察もSDクンを探していたようだ。23歳くらいだったはずなので十分に未成年ではない。裏社会、表社会から指名手配される事になった。Aは群馬で内装業の仕事があるからと行って、高崎に行った。面白そうだと思ったので私もしばらく高崎に遊びに行った。仕事もすこし手伝っておこずかいを社長からもらった。Aと一緒にというヤツも高崎に仕事をしに来た。も単車が大好きで、高崎でも直管、ロケットカウル、ピンク黒爆発カラーのXに乗っていた。しかし、この高崎という町は、ヤンキーと喧嘩になって勝ったと思っても、30分以内にどっさり暴力団が出てくる。何回、走って逃げた事かやっぱり、どこでも女性関係でモメるやがいる。は寝ている時に、家までナンパした女の子が家に帰らない事を心配した彼氏に押しかけられて、半ヘルでボコボコにされた。笑このが熱をあげていたホステスがいた。は彼女の誕生日に大きな赤いバラの花束を持って店に行った。私はこの店に一回も行った事がなかったが、手ぶらでは悪いと思い、白のバラを一輪だけ買って持っていった。その女の子は、大きな赤いバラの花束より、白のバラ一輪の方が気にいったようだった。は終始スネまくっていた。笑私とAは、女性関係もかなりいい感じで、自分らがやられるような喧嘩は一回もなく、たのしい群馬生活だったが、はどうだっただろうかしばらくして私は東京に戻った。Aももしばらくは高崎で仕事をしたが、1年くらい働いてまた高知に戻った。このという男は、しょっちゅうモメゴトを起こす。街で飲んでいたら、急にはぐれて、探したら、ヤンキーに殴られてたりする。飲み屋さんでも問題をおこして、袋叩きにされた事も数回あるようだ。だからケツを拭ききれないというか、こっちにトバッチリがくるのが嫌だった。だが仲の良い友達だし、知らんぷりもできなかった。よっぱらって女と喧嘩して、通りすがりの車のミラーを殴って折ったら、その車が暴力団のベンツだったりする。よっぽどそういう運がいているとしか言いようがない。私がとある正月に東京から高知に帰郷した時の話だ。Aの家に泊まっていたら、電話がかかってきた。なんとSDクンからだった例の逃亡事件から1年以上が経っていた。まだ生きていたのかその電話の内容とはA、俺SD、俺、あとお金が50円しか、プープープープー。SDクンの消息はその後知るモがいない。づく
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:kb4ec8yn36
読者になる
2011年05月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
最新記事
最新コメント
Yapme!一覧
読者になる
P R
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
http://yaplog.jp/kb4ec8yn36/index1_0.rdf