食生活を通して相手を管理したい気持ち

March 22 [Wed], 2017, 20:11
この10年ほど家族のためにお弁当を作っています。
その時々で作る個数は違いますが、そんなに休むこと無く作り続けています。
作り続けていると、たまには休みたいなと思うことも有るのですが、逆の心理状態になることもあります。
今日はお弁当要らないよ、と言われると何で、どうして、と反発してしまうことが有るのです。
おにぎりだけでも持っていきなよ、もっと早く起きて作るから、持っていきなよ、と言いたくなってしまうのです。

私はこの気持ちは支配欲だと思っています。
家族の食生活を心配する気持ちも、多少有るとしても、9割は食生活を通して相手を管理したい気持ち、すなわち支配欲だと確信しています。
3食全てを私が用意することで、家族の健康管理をすることが出来ます。
逆に傷んだ食材を使ったり、塩分を必要以上に多くしたら、家族の健康は損なわれます。
私はいつでもそれを実行出来ます。
その機会を逃したくなくて、私はお弁当を作っているのかも知れないのです。

反抗期の少年少女が家で3食きちんと食べている、と言う話は余り聞いたことがありません。
それはもしかしたら、無意識のうちにご飯を作る人の支配から逃れたいと思っているのかも知れません。
いつもお弁当を作ってもらっている方は、全てを支配されないように、たまには外でランチを食べるのも良いかも知れませんよ。




2017年03月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31
この記事を読んだ人は、こんな記事も読んでいます。
ショック! 陰毛に枝毛があったら・・・
P R
月別アーカイブ