新春!とっておき米朝一座。 

December 06 [Wed], 2006, 1:46
一昨日、初めて落語を見に行きました。
場所は関西テレビ
お正月番組ということなので、振袖で行きました。

会場に着くと、一般のお客様(洋服を着ている方々)はすでに席についている・・・
あれ??っと思っていると、「お着物の方々入りま〜す」というスタッフさんの声が・・・
何も言わずついて行くと、そこには特等席が・・・

はは〜ん、私はエキストラなのだな☆とそこで初めて気がつきました。
後で聞くと、他の皆さんは応募して来られたそうです。
着付け教室の先生に感謝☆★☆

放送は1月4日☆
出演者と題目は・・・

桂 よね吉「御公家女房」
桂 雀 々「田楽喰い」
桂 南 光「池田の猪買い」
桂 ざこば「強情」
喜味こいし・桂米朝・桂南光・桂ざこば・堀ちえみ、藤本アナ 座談会

個人的には、堀ちえみさんと藤本アナのお着物が気になりました。
2人あわせて総額500万円らしいです☆
お二人ともものすごく綺麗でしたよ♪

内容に関しては、あまり言わないようにと口封じをされていますので、是非「新春!とっておき米朝一座。」を観てください。
落語はもちろん、座談会も面白かったですよ♪
それと、テレビでは伝わってこない収録現場を見ることができて勉強になりました。
編集の技術って、すごいなとあらためて感じました。
NGもあれば、正座しすぎて足がしびれて動けない、等など、普段見ることができないものを見ることができて楽しかったです☆





Kimono 

November 14 [Tue], 2006, 21:26
久しぶりにブログを書きます。

最近着物を着てお友達と京都へ出かけました。

その写真を「東京のまりおばさん」にも見てもらいたいと思います。
と言うのも、この着物と帯はまりさんからいただいたもの。
私とまりさんの好みはよく似ていると母から言われていました。
この着物を初めて見たとき、その意味がわかったように思います。


 年月を経て、代々受け継がれていくものっていいですね。
 
 着物には、当時の懐かしい思い出が残っているように思います。

 私と同じ年の頃のお母さんってどんな感じだったのだろう・・・

 まりさんってどんな女性だったのだろう

 この着物を着てどんなところに行ったのだろう

 おばあちゃんやおじいちゃんは、

 着物姿のお母さんたちを見てどんな顔をしていたのだろう

 なんだかタイムスリップしたみたいですね


  ↓ 本物みたいでした。。。(太秦にて)

ストレスレスならデトックス効果あり 

July 01 [Sat], 2006, 23:58
「デトックス」・・・

最近よく耳にする言葉

何やら「毒素となる老廃物」を体の外に出すことらしい・・・
ゲルマニウム温浴、岩盤浴などなど

今日は時間に余裕があったので、行ってみようかと思ったが、初めてのことを実行するには「よいしょ」が必要

・・・なので、自宅でデトックスを行いました

お風呂で2時間過ごし、たっぷり汗をかきました

デトックスと言うより、体の大掃除といった感じ

念入りにシャンプーし、美容院で購入したトリートメントを浸透させ、その間に隅々まで体を洗い浴槽へ

浴槽の中では雑誌を読み、お肌が柔らかくなってからはちみつが配合されたマッサージソルトでお肌を磨き上げました

今はぴかぴかです
ストレスレスなら、これもデトックス

「涙」は蓄積すると「毒素」になる 

May 31 [Wed], 2006, 0:40
今日、ふと「あの子」のことを思い出した

誰しも記憶の中に「小さなしこり」があると思う

「あの子」は、その「小さなしこり」として私の中に残っていたのだ

彼女は私が母校に教育実習で戻ったときに出会った子だ
どこの学校にも、教育実習生の控え室に遊びにくる子達がいたと思う
彼女もその一人だった

とても明るくいつも冗談を言って、私達を和ませてくれた
ここまでおもしろい女の子もなかなかいないほどだった
おそらくクラスでも人気者だろうと思っていた

教育実習が始まって2週間目
私は彼女の教室を通りかかった
その時私の目に映ったのは誰ともしゃべらず下を向いてじっと座っている彼女の姿だった
普段の彼女とはまるで別人

私は自然と彼女のもとへ近寄った

その瞬間彼女と私の周りには円ができ、「ざっ」と音が聞こえた
皆が私達から遠のいたのだ

彼女は私に
「先生・・・私、本当はこんなんなんや・・・」
と震えながらつぶやいた

私は心が締め付けられた
この子の笑顔の裏にあった苦しみや悲しみを見つけてあげることができなかったからだ

もちろん担任の先生に相談してみたが何の改善にもならなかった

残りの1週間をどう過ごせばよいか
私は彼女の悩みをとことん聞くことにした

彼女は友達にも先生にも親にも言えず、自分の気持ちを閉じ込めていた
おそらく、彼女は自分のことを何も知らない「教育実習生」に助けを求めに来たのだろう

しかし、私達は「3週間」という期限付き
変に動くと穴を大きく広げかねない
だからとことんまで彼女の話に耳を傾けることにしたのだ

彼女は今まで私の前では「笑顔」しか見せなかったのだが、それ以後は「涙」を見せるようになった
その「涙」は「悪い涙」ではなかった
体内から「毒素」を出しているように感じた

「涙」というのは出さずに蓄積していくと腐敗して「毒素」に変化するのではないかと思う
今思えば、彼女からその「毒素」を抜くのが、私の役割だったのかもしれない

そして1週間後
私が学校を去る時

「先生がいなくなったら、私はどうすればいいの?」
と彼女は言った。

私はその言葉を聴いて、教師として、彼女に何かしてあげられたのか不安になった
もしかしたら、彼女に何もできなかったのではないかと・・・

おそらくそれが私の記憶の中に「しこり」として残っているのだと思う

着物には「思い出」「思い入れ」がある 

April 18 [Tue], 2006, 20:54
着物には「思い出」「思い入れ」がある

これは着付け教室の先生の言葉です

着物というのは洋服と違って、先祖代々受け継がれる衣(ころも)
その長い年月だけ「思い出」があり、様々な「思い入れ」がある

これは私の母も言っていた言葉である

そんな思いを身にまとい、真の「大和撫子」になりたいものである

真の意味で「自然を愛でる」ということはどういう意味なのだろう 

April 12 [Wed], 2006, 22:57
「日本人は自然を愛でる心を持っている」

そう感じるのは、桜色に染まる「春」と赤く色づく「紅葉の季節」

今日、仕事の帰りに造幣局の近くを通りかかったので、かの有名な桜の通り抜けに行ってきた

日本人は自然や環境に対する意識が低くなってきたと言われるが、この季節だけは例外のようだ

お花見や紅葉狩りという行事は日本の伝統的文化となったが、それ以外で自然を大切に、愛おしく思うことはあるのだろうか・・・

「真の意味で、『自然を愛でる』ということはどういう意味なのだろう」

その問いを、自分にも皆にも投げかけてみたい・・・

人は意識をすることによって、無限に成長できる 

April 11 [Tue], 2006, 21:23
1ヶ月ぶりにブログを書きます

母親からは
「お父さんが、『和代がブログ更新してない!!』って気にしてるよ」
と言われ、

会社の社長からは
「『かっぱ』で終わってるよ」(最後に書いたブログのタイトルが『かっぱの天使』だったので・・・)
と言われ、

友達からは
「結構感動して読んでいたのに、最近どうしたん?元気?」
と心配されたので

今日からできる限り(・・・本当にできる限り)更新して行こうと思います

この1ヶ月間は、本当にいろいろありました。

まずは、研究所に就職!!
これでやっと社会人です。
私の会社の社長が本当に部下思いな上司なので、日々目的意識を持って楽しく仕事をしています。

ただ「ぼぉぉぉぉぉ」と過ごしていた日々(大学時代など・・・)とは違って、何をするにも「意味」を考えながら物事を行っています。

「人は意識をすることによって、無限に成長できる」

ただ、何も考えずに普段の業務を行うだけでは何の「気付き」も生まれません。
特に忙しい人は時間に追われて「意味」を考える余裕などないと思われるでしょう。

しかし、意識化することによって、業務を効率よく行え、パフォーマンスも向上するのではないかと思います。

私は毎日「業務報告書」を書いていますが、その中に業務ごとの「意味」という欄を設けました。
そうすることによって、なぜこの仕事をしているのか、またこの仕事をすることによって生まれるメリットは何か、などを考えることができるようになりました。

プラス、これは私の成長日記です。

これからも、がんばっていきます♪


カッパの天使 

March 10 [Fri], 2006, 23:48
今日の朝は雨

いつもどおり、「満員電車に乗り込むため」、駅のスロープを突き進んでいた

でも今日はいつもと雰囲気が違っていた

スロープの前方に黄色やピンクやブルーなどといったカラフルで小さなものがたくさんいた


私の頭の中 「あ〜今日も満員電車かな〜。。。いつも腰がつりそうになるんだよね〜」
         ・・・・・・・・・・・・・
私       「・・・・んん??????」
小さな物体  「きゃっきゃっきゃ☆ざわざわざわざわ♪」
女の人    「は〜い、まっすぐ歩いてね〜」


よく見ると、カラフルな集団は幼稚園児の集団だった

雨が降っているため、みんな一人ずつ、カラフルなカッパを着ていたのだ

我に返り、まわりを見渡すと、いつもは眠そうな顔をしている大人たちなのに、今日はみんな穏やかな顔をしていた

おっちゃんもおばちゃんも若者も・・・

子どもたちはただ歩いているだけなのに、こんなにも人の心を穏やかにしてくれる

7年目の大阪府民 

March 09 [Thu], 2006, 21:11
大阪にでてきてはや7年

やっと大阪府民になりました

というのも、私は住民票をこっちに移していなかったのです

今朝、市役所に行って転入手続きを行ってきたのですが、いろいろめんどうくさいですね。。。

市役所で一番驚いたことは12時ぴったりのチャイムがなった時

ほとんどの職員が一斉に業務をストップし、お弁当箱を広げたり、外食に出かけるためコートを着はじめた

待っている私はただその光景を見て戸惑うばかりでした

役所とはこんな感じなんだぁ・・・と心の中でつぶやいた私でした

(注)でもちゃんと最後まで対応してくれましたよ

OL研究員デビュー 

February 27 [Mon], 2006, 23:34
今日から「OL研究員」デビューしました

つまりはこういうこと。

今までは不定期的に研究所に行ったり、セミナーに行ったりしていましたが、これからは早起きし、満員電車に揺られて事務所に行って仕事をするということ。

ん〜新鮮(普通のことだけどね・・・)

研究所ということもあり、勉強することは山ほどあるけど、自分のためにも会社のためにもがんばりまっす

で、今日社長に言われたありがたいお言葉

「量より質で勝負しましょう。
沢山仕事があっても事務作業化してはいけません。
全て勉強だと思って、何故この仕事をしているのか考えましょう。」

私は常日頃、このことを意識しながら仕事に取り組んでいましたが、この言葉を忘れず精進していこうと思います。

ちなみに、社長は今日、「アスクル」という事務用品通販を注文していました。
私がきちんと対応できるかどうか練習させてくれるのですね

今やっている論文チェックも、早く仕事の内容を覚えるためのものですね

がむばります

豆知識  「アスクル」という通販は「明日来る」とかけているそうです



P R
2006年12月
« 前の月  |  次の月 »
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
最新コメント
アイコン画像kazuyo
» Kimono (2006年12月06日)
アイコン画像真理子おばさん
» Kimono (2006年11月19日)
アイコン画像kazuyo
» Kimono (2006年11月17日)
アイコン画像ももこ
» Kimono (2006年11月17日)
アイコン画像Kazuyo
» Kimono (2006年11月15日)
アイコン画像ダウリル
» Kimono (2006年11月15日)
アイコン画像kazuyo
» 「涙」は蓄積すると「毒素」になる (2006年05月31日)
アイコン画像hayaton
» 「涙」は蓄積すると「毒素」になる (2006年05月31日)
アイコン画像hayaton
» カッパの天使 (2006年03月20日)
アイコン画像hayaton
» OL研究員デビュー (2006年03月03日)
http://yaplog.jp/kazuyohime/index1_0.rdf
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:kazuyohime
読者になる
Yapme!一覧
読者になる