はじめに

January 23 [Thu], 2020, 12:00





訪問誠にありがとうございます。


ここは、KAT-TUN(6人)&ORANGE RANGE(6人)応援ブログです。
いち早く皆さんに情報を提供する情報ブログではございません(хх,)


マイペースにゆるーく更新、いわゆる亀更新。(不定期更新とも言う)
皆さんとの気休めの場・交流の場を目指しています。




■荒らしは特に禁止にはしません。

ですが、そのようなコメントが届いてから、
私が目を通し、コメントのお返事をさせて頂いた時点で
削除させていただきます。



■コメントをくれた方には、は必ずコメントさせていただきます。

URLをお持ちの方は、直接ブログに訪問し、コメントを残します。
URLをお持ちでない方は、ブログの記事にてコメントを返させていただきます。


私の書いた記事などで、何か誤りなどがあれば、
どんどん、指摘してください!



■初めて訪問した方へ

かしこまる必要は一切ありません。
私に対して敬語を使わなくても構いません。

特に用はなくとも、ここに訪問していただけただけで、
自分にとってとても、大きな支えとなります。



これからも、もっと多くの方とコミュニケーションをとり、
皆さんとの気休めの場・交流の場を目指していきたいと思います。



最後まで読んで下さりありがとうございます。
ごゆっくりどうぞ。


15 NEW SINGLE

March 29 [Tue], 2011, 14:41


KAT-TUN新曲 「WHITE」
発売日 5/18



[初回限定盤 CD+DVD]
01.WHITE
02.PERFECT

DVD
WHITEのPV+メイキング


[通常盤初回プレス]
01.WHITE
02,タイトル未定A
03.PERFECT
04,WHITE オリジナル・カラオケ
05.タイトル未定A オリジナル・カラオケ
06.PERFECT オリジナル・カラオケ


[通常盤]
01.WHITE
02.タイトル未定B
03.PERFECT
04.WHITE オリジナル・カラオケ
05.タイトル未定B オリジナル・カラオケ
06.PERFECT オリジナル・カラオケ






通算15枚目のシングルきました!
アルバムかなと思いきやシングルでちょっとびっくり。


残るはあと1曲、DIAMOND
なんだかきらきらした曲は続きますね^^




今のこのご時世だからこそ、KAT-TUNの曲が多くの人に届いてほしいな。

5th Anniversary

March 22 [Tue], 2011, 18:04



2006/03/22



今日からちょうど、5年前。



どこのチャンネルを回しても、歌い続ける彼らの姿がありました。




ちょっとキザでイケイケな6人。
正直、そのときはまだ、彼らにあまり興味を示していませんでした。
けど、
なぜか、きらきらした彼らの姿は鮮明に私の記憶に記されています。





5年という月日は、長いようであっという間なものでした。
私にとっても。きっと、彼らにとっても。




時の流れがあまりにも早すぎて、自分の時間もなく、
自分の成長を実感することは、私にはできませんでした。




でも、


大好きな人の変化は手に取るように分かる。と思っています(笑。
思いこみかもしれませんけどね。




これまで激動の日々を走ってきましたが、
その中で、ファンに対する思いやり、態度、自分の考えの考え方示し方、行動・・



年数の少ない私に、でかいことを言える筋合いはありませんが、
そのすべてが変死しているんじゃないかなと思います。



ふとしたときに見せるしぐさや態度。
ホントに、大人っぽくて(大人ですけど)、色っぽくて、


参っちゃいます(笑。




ただ、
見た目から思う成長よりも、
内面から示される成長の方が、よっぽどすてきだなと思います。





ほんの数年しか彼らを見ていない私ですが、
でもやっぱり、
以前の彼らならどうしたかなと考えると、良い方向に向かっているのかなと。





がきんちょが言えることじゃないですけど(苦笑。






6人が好き、大好き。ホントに。大好き。
ただそれだけで、こんなにも夢中になれる。



それってすごいと思いませんか?




辛くて苦しい思いもたくさんするけれど、
その反面、幸せを感じることができる。



ファンとのつながりって大切。
心からそう思いました。



2/25に、ここは2周年目に突入しました。
本当に、開設してよかった。そう思います。




みなさんと出会えてよかった。
ありがとう。




彼らに出会えたから、今の私がいて、みんながいて、みんなと出会えた。




KAT-TUN、ありがとう。




みんな、大好き。




5周年、おめでとう!




2011/03/22

微力だけど無力じゃない

March 14 [Mon], 2011, 10:53

遅れましたが、
被災された方々に、一刻も早く、平和な日々がおとずれることを、
心からお祈り申し上げます。




私の住む町は、海岸沿いではないので、津波の心配はなく、
大地震が起きることもほとんどありません。


そんな町にも震度2〜3の地震が起きたということは、
今回の地震の規模の大きさを物語っています。




今日も私はいつもと変わらず、のうのうと暮らしています。



同じ日本なのに、なぜ、
いつもと同じ毎日を過ごせる人と、不安と恐怖と悲しみに
押しつぶされながら過ごさなければならない人がいるのでしょうか。



ニュースで流れる映像を見るたびに心が痛みます。




みなさんはご無事でしょうか?
私、そして私の家族、友人は、無傷です。
ましてや揺れすら感じていない人もいます(苦笑。



ジャニーズメンバーもレンジメンバーも全員無事を確認できたということで
非常に安心しています。




一刻も早く、日本に平和がおとずれますように。


25回目の…

March 06 [Sun], 2011, 13:19


出遅れまして、


2月23日 亀梨和也さま
25回目の誕生日
おめでとうございます!



(正式には、おめでとうございました。)



私がばたばたと過ごしている間に月日は流れ、
はや4ヶ月。


当日にここで誕生日を祝えなかったことが今の唯一の心残りです(;。;)
もちろん、心の中では叫びましたともっ!
彼への愛を…!



いざ文字に残そうとするとなかなか書けないものなんですね。
さて、何から書きましょうか・・・




彼にとって、24歳の1年はどんな一年だったのでしょう。
私にとっては、てんてこ舞いな一年でした(笑。


何の前触れもなくやってくるビッグウェーブに
ただ、私は飲み込まれていただけのような気がします。



波にのまれては、
泣いたり、笑ったり、怒ったり・・。
時には汚い言葉も吐き捨てていたかもしれません(苦笑。




辛いことばかりでしたね!←え
それでも、心強く、頼もしくいてくれたファンのみなさまと、
支え合えたことにより、
私たちの絆と彼らへの愛が、もっと深いものに変わったんじゃないかなと思います。



6人は激動の一年を走り続けていますが、(現在進行形で!)
亀が幸せならそれでよしっ!
どんな日であろうと、
「亀の幸せ」
これに限る!



亀が充実した日々を過ごしている、幸せを感じている・・
これ以上の幸福はありません…っ!
いやー、これ以上ない!!




6人が幸せでいてくれることで、
私はどんなゴシップにだって、打ち勝てます(笑。
前を向いていられます。



ファンのみんなと交流できることで、
私はすごく幸せで、強くなれます。
(おかげでこの4ヶ月間辛かったです。)




25歳、
ひとまわり大きくなったあなたと、
これからも私は激動の一年を走りたいです。


これまでの一年を通じて、
彼らだけでなく、私自身もひとまわり大きくなれてたらいいなと思います。


これからの一年を通じて、
きっと彼らはまた大きくなるでしょう。
それに比例して私も大きくなりたいです(笑。



こんな連鎖を繰り返して、
どんどん大きくなっていければいいな。
6人も、ファンも、私も。



好きとけじめ

December 03 [Fri], 2010, 19:28


ご無沙汰してます!樹です。


開放感と共に思わずパソコンを開いてしまいました ポリポリf^^*)


ようやく雪が積もったかと思えば大雨のおかげで、
道はアイスバーン。
(スケートシューズを履くほうが身のためです。)

おかげでみなさん、ペンギンのようんみよちよち歩いています(笑



今日は時間があるので更新してみましたが、本格的な更新再開日はほど遠いです。
しかし!気づけばもう、12月です。


……早いっ!早過ぎる!


すさまじいスピードで1日が過ぎてゆきます・・。おそろしや。




------------------------------------------



黙って見守っていられるほど大人じゃないので、やっぱりどこかに吐き出したくなってしまうんです(汗;
どこに自分の気持ちをぶつけていいのか分からず、
行き着いた場所がここ^^;


以下はあくまでも私個人の気持ちであります。
共感してほしいとか、考え方を見直して欲しいとか、
そういう気持ちで書いているわけではありません。
2曲ともじっくり耳にした上での気持ちであります。



もちろん、明るい話ではないので、不快に思う方もいらっしゃると思います。
読みたいと思うかただけ、追記まで、読み進めてください。


ただ、私は今でも彼らが大好きだということを忘れないで欲しいと思います。



誰もが知っているであろうあの話題−。

報告

August 29 [Sun], 2010, 15:53


ご無沙汰してます。


お久しぶり過ぎて、ブログを更新するのが恥ずかしいくらいです(-.-;)y-゜゜



ここ1年は、どうしても自分の時間を確保することが難しく、更新が停滞してしまいます。
申し訳ございません。

なんの知らせもなしに、ずるずる更新していくのは気がひけるので・・。


約半年間、ほぼ更新を停止状態にします。


何か大イベントがあれば、随時更新する予定です。
(そういえば、もうすぐ中丸の誕生日ではないか…!)



毎日バタバタしていて、KAT-TUN事についていくのがやっとです^^;



------------------------------------------


KAT-TUNメンバー、キスマイのみなさん、スタッフのみなさん、
ツアー終了おめでとうございますっ!

上田のケガのことは心配になりましたが、
最後までたっちゃんスマイルで頑張っていたということで、さすがプロ。




そして…!


そうですか、気づけばもう5周年にもなるんですね。

2011年、春から夏にかけて、コンビナートライブ開催!
9月、亀はドリボ、メンバーはソロ活動
10月〜12月、海外ツアー



うおぉーーーーっ!

すごい、すごい!
おめでとぉーっ!!




つか…


コンビナートライブって何なん?!



ピンとこないけど・・
来年こそはライブ参戦じゃっ!



------------------------------------------



色んなことがあって、
辛い思いもしたし、苦しい思いもしたし、寂しい思いもした。


でも、
今回のツアーを通して、
ファンの暖かさと、KAT-TUNとファンの繋がりを再認識できたと思う。


特に今回は多くのサプライズが成功を遂げている。



言葉は通じなくても、気持ちは通じてる。



良いですね。



5人という形で再スタートを切った彼ら。
これから先に待ちかまえる壁は計り知れないけど、
個性ある彼らをこれからも応援し続けたい。

共に彼らを応援し続ける、多くのファンに、もっと、もっと、出会いたい。



私たちは、6人でいた彼らを、これから先も忘れずに、胸に抱き、
それでも、
5人で良かった、と思えるようなKAT-TUNになるべく、彼らを支えていかなければいけないと思う。



くじけることがあっても、私たちと彼らには多くのファンという仲間がいる。



どこまでも真剣に語り合える仲間がいて、
自分の気持ちをぶつけ合える仲間がいて、

私は幸せです。




KAT-TUNとファンのみんなが、いつまでも幸せでいられますように。

私の休日。

August 02 [Mon], 2010, 14:18

ご無沙汰してます!


最近KAT-TUN担の方からのヤプミ申請が急激に増加…!!
ありがたや、ありがたや↑(^^_)ルン♪




さてさて、

昨日は夕方頃からお祭りに参加して来ました。
2日間開催されていたのですが、2日目に参加してきました。



昨日は天才演歌歌手、さくらまやちゃんがゲストとして来ていたので、
会場は人の山。
どこを見ても人、人、人。
(人混み大好きなので内心はしゃいでました/笑)

おかげで多くの知人に出会うことが出来ました。
Happy、Happy♪



昨日の天候は生憎の大雨で、いい年した大人やお年寄りからちびっ子まで、
足を泥まみれにして歩いていました。
(私もそのうちの1人。)


寒がりのくせして年中裸足で過ごす私は、
雨が降っていようと、夏であれば、ヒール、ミュール、サンダルのどれか。
(スニーカーなんて夏にはけません…っ(x_x))


昨日はサンダルだったのですが、あまりの汚れように唖然。
(※みなさん泥には充分気をつけてくださいネ☆)




もちろんお祭りですから多くの屋台がならび、様々な世代の方が来るわけです。
ちびっ子のはしゃぎようには思わず顔がほころびます ポリポリf^^*)




最初に言ったように、昨日は生憎の雨でしたが、
時々青空が顔をだして、
こんな綺麗なものを魅せてくれました。


空は見るからに曇天。ですが、
とても綺麗な虹でした。

周りからは
「あ、虹だっ、虹だ!」
の声が。

虹は大人が見ても子どもが見ても、
思わずはしゃいでしまうよう。







お祭りの会場は大きな公園。
この公園には遊具や噴水、オブジェなどが並んでいます。


ちなみにこれは噴水。
本当はもっと面積があるものなんですが、
収まりきらず・・(残念、自分!)






噴水!


分かりづらいとは思いますが、
これも、1つ前の写真と同じ噴水です。

違うアングルから撮ったら謎の物体と化してしまいました(苦笑。


この公園の噴水は、夜はライトアップされて、
この写真なんかよりも、断然、綺麗です。




以上、樹の久々な休日でした。

親心あってこそ。

July 19 [Mon], 2010, 16:38
さすがに皆さん吹っ切れたようですね^^


受け方感じ方は様々で、ファンが取る行動も様々。
けれど、どれも皆さんが悩み苦しんだ結果ですから、
私はそれを見守るばかりです。


反面、
やっぱりKAT-TUNファンってすごい!って思うことの方が多くて、
私はそんなファンの一員であることを誇りに思い、そして、幸せですヾ(^v^)k




散々脱退について語ってきましたが、
お祭り騒ぎもこれで終わりにします。


どうしても、嬉しくないニュースが飛び込んでくると、
知名度アップとか、注目度アップの方に思考がいってしまうのが私のクセなんですけど、
それはさておき。




最終的な結論が下されるまで、私に「諦める」という文字はなく、
6人でいられることを信じ続けます。


ただ、


もし、世間では脱退という形で収まっても、
KAT-TUNは今もこれからも
亀梨和也
赤西仁
田口淳之介
田中聖
上田竜也
中丸雄一
の6人であり、

KAT-TUNのAは、今もこれからも赤西仁。


この真実は、ファンの中では絶対に消すことの出来ないもの。
消すことは許されないもの。



私はKAT-TUNが大好き。6人が大好き。亀が大好き。
どんなことがあろうと、
私は今もこれからもKAT-TUNファンであり、6人のファンで居続ける。

彼と彼らの進む道は違っても、私は6人を応援し続ける。



よくよく考えてみれば、
ファンの怒りの矛先が社長に向いた、というのも、
社長の親心があってこそなのかなーと思うの。

散々、お騒がせをしてきた彼らを、誰も攻めることは無いんだもの。

もちろん、ファンの愛があってこそ、なんだけど。


ちょっと心地良いものでは無いけれど、
結局は、社長は彼らを守ってくれているのよね。
そのやり方に対して、ファンがどう思うか、が問題なんだけれど。




「KAT-TUNは家族」
亀が言ってくれたこの言葉。

どれほど嬉しくて、涙を流したことか。


だから、仁が家族の環から自立してしまうのは、
辛くて、悲しくて、悔しい。



そう思うファンは私だけじゃ無いと思う。
それを踏まえた上で、メンバー全員が納得した上での、ご決断を下さい。



6人の眩しい笑顔。
6人ではしゃぐ姿。
6人の絆。


今でも、私は胸を張ってこう言えます。



私はKAT-TUNファンで幸せですヾ(^v^)k

6人で1つ

July 18 [Sun], 2010, 17:31
気分が落ち着いたので、更新します。


まず、
前回の記事で、偉大なる社長様や記者の方に対して批判を浴びせてしまったこと、
記事を読んだ方で不快に思った方、
深くお詫び致します。
申し訳ございませんでした。




------------------------------------------


やはり、
最終的な決定が発表されなければ、
メンバーからの声が聞けなければ、

どんなに考えても答えは出てきません。



誰のせいでも無いものですから、余計辛く、終わりのないループに陥ります。


ただ、何も変わらないのは、前回も述べたように、
彼らへの想い。

どんな形になろうと、6人が大好き。
これからも応援し続けようと思う。


ここまで本気で、悩めるのは、本当に彼らが大好きだから。


社長もメンバーも、仁の夢を支援してくれるのはありがたいし、私も応援したい。

ずっと6人でやっていける、という確証はありません。
かといって、仁はソロ、メンバー5人でやっていける、という確証もありません。
未来ほど、確証のないものはありません。


けれど、
6人でいてくれる。
それだけでも、結構な安心感が生まれたりするのです。


6人でいるときの無邪気な姿。
それを見ているだけで、たまらなく幸せなのです。




どうしても、6人でいることは出来ないのでしょうか。


これまで感じてきたLiveでの一体感。

6人の顔がくしゃくしゃになるほどの眩しい笑顔。

6人ではしゃぐ姿。


これらがなくなってしまうのは、寂しくてなりません。




彼らの今後を考えれば、いくつもの壁が立ちはだかることは間違いないでしょう。
ソロ活動をする仁、5人になったKAT-TUN。

もちろん、どちらも全力で応援したい。
でももし、
仁のソロ活動と、6人のKAT-TUN、
どちらを取ると聞かれたとしたら、


私は、6人のKAT-TUNを選ぶでしょう。


KAT-TUNのK,.Aを亀に背負わせるのは、どうしても許せないし、
KAT-TUNのAが赤西仁だということが消されてしまうのも許せない。

KAT-TUNのAは今もこれからも、赤西仁であり、
その真実を消すことは許されないことだと私は思うのです。


私は、“KAT-TUNは6人でいる必要がある”と思います。



お願いですから、
これ以上、亀に重荷を背負わせないでください。
これ以上、仁をファンから遠いところに連れて行かないでください。
これ以上、メンバーに涙を流させるようなことをしないでください。


KAT-TUNは6人でひとつです。




最終的な決定がくだされない限り、
私はこれからもKAT-TUNが6人でいることを信じ続けることしか出来ません。



決定まで時間はまだまだたくさんある。



これまで散々鍛え上げられてきた、KAT-TUNファンのタフな精神。
今こそ見せつけてやろうじゃないの。




本当は、
KAT-TUNは6人、その中でも仁はソロ活動を続けられる。


これが私の本望です。




何度も言うように、最終的な決定がくだされない限り、
欲張りなことしか言えません。



全ての事が、メンバーもファンも幸せになれる結果になりますように。
そう願うばかりです。


もし、脱退が決まったら、
そのときは仁の背中をばんっと押してやりたいと思っています。


それが、ファンの指名でもあると思いますから。




ただ、
まだ検討中である今は、
メンバーとファンの幸せを祈るばかりです。
P R
ブログパーツ時計
2020年01月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31
author
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:樹
読者になる
KAT-TUN* 亀梨和也 赤西仁 田口淳之介 田中聖 上田達也 中丸雄一 ORANGE RANGE*   YAMATO HIROKI RYO NAOTO YHO KATCHAN
script*KT*
comment
アイコン画像森本夏帆
» はじめに (2011年08月09日)
アイコン画像uta☆
» 15 NEW SINGLE (2011年07月25日)
アイコン画像りい姫
» はじめに (2011年07月24日)
アイコン画像みー★
» 15 NEW SINGLE (2011年05月22日)
アイコン画像亀梨ゅき
» 15 NEW SINGLE (2011年04月05日)
アイコン画像aya
» 15 NEW SINGLE (2011年03月30日)
アイコン画像優花
» 15 NEW SINGLE (2011年03月29日)
アイコン画像ゆき
» 15 NEW SINGLE (2011年03月29日)
アイコン画像SORA
» 15 NEW SINGLE (2011年03月29日)
アイコン画像そるとん
» 5th Anniversary (2011年03月24日)
friend
読者になる
mail

TITLE


MESSAGE