俺と音楽のマジメな話 

2007年10月02日(火) 21時19分
・・ことごとく真面目って言葉が似合わない。
(つか、似合わなすぎて漢字からカタカナに変換しなおした)

昨日、ピアノ行って、前の人の演奏きいた。
たんたんとただ、音符通り楽譜通りに弾くだけ。
ただ、習ってるだけ。
目は楽譜に釘付けで、技術はすごいと思う。
でも、ただ弾いてるだけやん。
辛ないんかな?

俺には言葉ってゆーのちょっともどかしくて難しい。
(それに加えてちょっと人見知り)
でも、自分の意見はいいたいとワガママな性格。
音は嘘つかへんよ。
音でその人の性格わかるもん。その人の考えわかるもん。
俺の音は自分をみせよーとする音。
俺の唯一の素直に感情表現方法。
音楽を媒介にこの世界と繋がってる感じがするくらい。
切なくて言葉にできないときはベートーヴェンの「エリーゼのために」
「悲愴」を俺の心の限り、切なく悲しく弾いて。
誰に聞いてもらうわけでもないのに、
誰かがきいていてくれそうな気がして。

ただ弾いているだけなら、弾かないのと一緒だと思ってる。
曲一つ一つに存在する意味が理由があるから。

考えすぎやろってよく言われるけど、
考えてるわけやなくて、本気でそう思ってるだけ。

あ・・・これもしかしてオリジナル?
うん、オリジナルってことで。
音楽のオリジナルは、気持ちをこめるってことで。

プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:kazusa-k415
読者になる
2007年10月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
最新コメント
Yapme!一覧
読者になる