オペラ座の怪人(映画)

2005年01月30日(日) 9時27分


初日に観てきました。
まず、アンドリュー・ロイド・ウエーバー版のミュージカルが好きな人なら
、かなり満足の行く出来栄えではないでしょうか。
近所のシネコンは土曜の夜でもあまり満員にならない所ですが、
一番大きな劇場がほぼ一杯になってました。
映画が始まってからの周りの期待と緊張感がビシバシ伝わったよ。
初日だったんでファンが沢山いたと思うんですが、
とにかく劇場が静まり返って、息を呑んで
集中して映画と曲を聴いている感じが伝わりました。
この雰囲気は結構珍しいです。

これだけ世界中にファンの多い舞台ですから、変に作家嗜好を
入れて作る訳にいかなかったんでしょう。
というか,あえてそうしなかったと思います。えらい。
思った以上に展開はミュージカルの通りに忠実に進みますし、
映画的な創作といえば、途中数回挿入される年老いたラウルと、
怪人の子供時代の回想くらいでしょうか。
怪人の過去のエピソードは??って感じでしたけどね(笑)
逆に、ドンファンの練習場面が無かったな、そういえば。
今まで舞台を見た時に理解出来てなかった部分もようやく判りました(笑)
特にマスカレード前の支配人達の曲の歌詞が良く判ってなかったんで、、

舞台版の方もどちらかというと後半少しダレるんですが、この映画も
同じ(笑)しかし、2時間半の長丁場を映像と音楽でグイグイ引っ張る
力は凄いです。あっぱれです。

著名な大スターの主演ものにしなくて良かったと思いますね。
歌に関してはクリスティーヌのエミー・ロッサムはほんと凄いし。
(あのイーストウッドの「ミッスティックリバー」で殺されちゃう
ショーン・ペンの娘やってた子ェ、こんな才能ある人だったとは!)

↓下に続きます
ラウル役のパトリック・ウイルソンはミュージカル畑なの?上手いです。
肝心のジェラルド・バトラーの怪人はCD聴いた限りではイマイチ
だったんですが、映画を観るとさほど気にならくて良かった。

アントニオ・バンデラスがやる案もあったようですが、彼だったら
やっぱりスター性が前に出てしまってバンちゃんの歌うオペラ座ーって
感じになってしまってたでしょう。

しかし改めてシネコンの大音響で聴くと、曲の良さを改めて感じました。
キャッチーな「オペラ座の怪人」よりも、クライマックスの劇中劇の
Point of No ReturnやAngel Of Musicなどはじんわり染みて来ます。

美しい美術も、舞台をブローアップした感じで良かったです。
この映画が舞台を観た僕が違和感無く楽しめたのは、この
作品そのものが、劇場の世界(その多くは舞台上)が舞台にな
っているからではないでしょうか。たまにミュージカルを記録した
DVDなんかも観ますが、実際生で観る以上の感激は得られない
んだけど、これ究極の芝居を記録した映画ともいえますね。

僕のような作品そのものが好きな人にはたまらない作品だと思うんですが、
映画版で初めてこの作品に触れる人はどんな感想を持つのか
正直わかりません(笑)
物語としてはどうってことない話ですし、映画的なカタルシスのある物語
だとは思えませんし。
ただ言えるのは、映画で初めて観て、曲が気に入って、サントラを買って、繰り返し
聴くうちに舞台版を観たい!と思う人が沢山出てくるだろうなあと思います。
自分も例えば「エビータ」はあのマドンナの映画で始めて観ましたが→サントラ
→舞台版サントラへと進みましたし(残念ながら舞台はやってくれないから観てない)
舞台ってのは生モノですから、その瞬間でのライブの歌と、毎日違う楽曲の
仕上がりってのが醍醐味のひとつ、そこがミュージカルの良さだとおもうんですが、
映画ってのは一度作ってしまうと、もうやり直しがきかない、そして
半永久的に観られていくモノなので、多くの人にこの
素晴らしい曲の数々を届けられる映画として、また、舞台版のファンを
裏切らなかった作品として残って行くでしょうね。

ジョエル・シューマカー監督って「バットマン&ロビン」がせっかくの
ティム・バートンの世界観をゲイテイストたっぷりに描いてくれて
あまり好きじゃなかったんですが、見直しました。やるね。


映画のオペラ座もパリの実際のものの構造をアレンジしたようですね。
実物の外観や中に入っても判らないんだけど、劇場の構造
って客席と舞台よりも、ステージ奥が何十にも仕掛けが設置出来る
ようになっていて、スペースが広く作ってあるんですよね
オルセーにガルニエの模型があるんですが、ほんとに複雑な
構造になってて、地下とか舟とかほんとにありそう(笑)


とにかくこの映画、DVDで観るのと大スクリーンの大音響で観るのとでは
天と地の差があると思うので、興味ある人は映画館へ行きましょう。!
最近夢の世界へ連れて行ってくれる娯楽映画少ないですし。これなんて
日常を映画を観ている間は忘れてしまう作品ですよ!
ミュージカルと同じ感覚を味わえるゴージャスな作品なので、
ミュージカルに行く気分で観る前にどこかで美味しいゴハン
食べて、ゆっくり楽しんで欲しいですね。

kazuponの感想ー★★★★

http://phantomthemovie.warnerbros.com/

kazuponのミュージカル関連ブログ↓

1/25 オペラ座の怪人(ミュージカル)
1/26Bombay Dreams(アンドリュー・ロイド・ウエーバー製作)
1/27雨に唄えば
1/28ファントム・オブ・パラダイス
1/29ブルース・ブラザース

Kazupon Movie Index

「オペラ座の怪人 通常版」DVD@amazon

  • URL:http://yaplog.jp/kazupon/archive/80
2005年01月
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31
profile
kazupon
映画の感想を中心に大好きな音楽の事や、どうでもいい話もテキトーに綴っております。
感想はネタバレ確実にしてますのでご注意を!
たまにdrummerもやってます。
コメント&TB大歓迎ですが、
最近忙しくTBはマトモにお返し出来ず申し訳ありません。

http://yaplog.jp/kazupon/index1_0.rdf
Yapme!一覧
読者になる