ファントム・オブ・パラダイス

2005年01月28日(金) 0時01分


"Phantom Of The Paradise"を久々に観ました。
コアなファンの多いこの映画、昔テレビで一度観たっきりでした。
昔は結構名画座でかかってたと思うんですが、、、
多くは「ロッキー・ホラー・ショー」か「レッドツエッペリン狂熱のライヴ」
か「トミー」か「地球に落ちて来た男」のどれかと二本立てだったな(笑)

「オペラ座の怪人」も少しだけロックテイストがある舞台ですが
(もともとロイド・ウエーバーは「ジーザスクライスト・スーパースター」
で判る通り、そっちから入った人ですもんね)
10年以上も前の1974年に既にブライアン・デパルマ!が
同じプロットをロックオペラとして映画にしていました。

昔の記憶も悲しい映画というイメージだったけど、観直しても同じだった。
冒頭のウインスローがピアノ弾きながら歌う曲がとても良いので、
その後の展開が悲しくてねえ。
素晴らしい音楽の才能の持ち主が一番輝くべき時にその魂を全て奪われるって話は
悲しすぎます。

改めて観ると、ほとんど映画の曲を書いているポール・ウイリアムスの
一人芝居のような映画ですね。
写真のビンテージ(笑)シンセをずらーっと並べて怪人が曲づくり
するビジュアルはなかなか。

ロックが映画になっても、アーティストのライブ映画以外でそのリアルな
感じを出せているのって、実際少ないような気がします。
去年の「スクール・オブ・ロック」も面白かったけど、リアルじゃないよね。
音楽はその時流行の楽器の音がどうしてもしてしまうので、
30年近く経った今、曲がカッコよく聞こえるかどうかって部分は
正直言ってう〜ん。。って所もあります。(個人的にですが)
曲の印象としては今のBen Folds なんかに近い感じがするのは僕だけかな?
昔の音でも今聞いても全然かっこいいなと思えるのも
あるんですが、、自分ならビートルズとかもそうだし、
そうそうちょっと前に出たツエッペリンのライブDVDなんて、
僕の周りの二十歳そこそこの奴も
たいてい「めちゃくちゃかっこいい!」と言う驚くべきものなんだけどなあ。
その後なのに80年のロックなんて今聴くとシンセが凄く
チープに聴こえてしまうんですよね。この映画は74年ですが。


↓下に続きます
何年も熱狂したファンが多かったのも理解出来るんだけど、ラストの
ロックオペラが今観たらやっぱり古臭く感じてしまうので、
その時代に観るべき映画だったように思います。
一度観直しただけの感想なんでファンの方気にしないでくださいね。

そうかヒロインはジェシカ・ハーパーだったか〜
「サスペリア」のイメージしかなかったな。
あとそのロックオペラの冒頭の曲で「オペラ座の怪人」のイントロに
凄く似たフレーズが出てくると思ったんだけど僕だけ?

kazuponの感想ー★★★1/2



Kazupon Movie Index

  • URL:http://yaplog.jp/kazupon/archive/78
2005年01月
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31
profile
kazupon
映画の感想を中心に大好きな音楽の事や、どうでもいい話もテキトーに綴っております。
感想はネタバレ確実にしてますのでご注意を!
たまにdrummerもやってます。
コメント&TB大歓迎ですが、
最近忙しくTBはマトモにお返し出来ず申し訳ありません。

http://yaplog.jp/kazupon/index1_0.rdf
Yapme!一覧
読者になる