2005年ベストムービー

2005年12月30日(金) 9時38分
いつもお世話になってる皆様、1年間ありがとうございました!
いつの間にかほとんど映画のブログになってしまった、当ブログですが、
年末なのでお遊びで選んでみました。
鑑賞映画のタイトル一覧ページはこちらです。
→kazupon Movie Index


2005年kazuponのベストムービー

1.「エターナル・サンシャイン」
2.「真夜中の弥次さん喜多さん」
3.「カンフーハッスル」
4.「旅するジーンズと16歳の夏」 
5.「ビフォア・サンセット」
6.「リンダリンダリンダ」
7.「サイドウェイ」
8.「オペラ座の怪人」
9.「ライフ・アクアティック」
10.「ロード・オブ・ドッグタウン」


という訳で、参考にならない「なんだそりゃ」と言われそうな
ベスト10になっております。;;
では短くコメント。
各タイトルは感想にリンクしてます。



@「エターナル・サンシャイン」
  "Eternal Sushine Of The Spotless Mind" 
 ミシェル・ゴンドリー監督 チャーリー・カウフマン脚本

知人からは「何がオモロイのかサッパリ判らん!」と結構言われました(苦笑)
人間が誰もが通る恋愛の悲しい部分と、素晴らしい部分を新しいアイディアで
描いた、とても斬新な作品だと思ってます。
ミシェル・ゴンドリーとチャーリー・カウフマン
というどちらも変化球投げまくるようなタイプの監督&脚本家が
組んで、ものすごい事になってるんですけど、
でも本質的には深いテーマを描いている映画。

A「真夜中の弥次さん喜多さん」 
  宮藤官九郎監督・脚本 

えぇ〜!?と思う方も多いでしょうが、大好きな作品!
映画は娯楽!だと思うんですけど、細かい事気にしないで好きなように作ってるのが
自分のツボにはまりました。
昨年の埋もれた傑作アニメ「マインドゲーム」と同様、
仲間内ではめちゃくちゃ評価高いんですよ〜。

↓下に続きます
宮藤官九郎作品はこの後かなりハマってしまってます。
同時期に丁度テレビでやってた「タイガー&ドラゴン」も大傑作でしたし。
挙句に大人計画の舞台やグループ魂のライブにも足を運んでしまいました。

B「カンフーハッスル」
"功夫 Kungfu-Hstle"
 チャウ・シンチー監督・脚本

今年の元旦公開作品なんですよね。もう忘れちゃった?(笑)
チャウ・シンチーは昔から大ファンですが、
米国でも意外にも批評家の評価が高かったので嬉しかったですねぇ。
「少林サッカー」と同じノリを期待した方が多かったようですが、全く違うタイプの
作品なんですよね。
シンチーは1作毎にレベルアップしてて。
娯楽映画作りに関しては世界一なのではないかと
最近マジで思うようになってきました。

C「旅するジーンズと16歳の夏」
"The Sisterhood Of The Traveling Pants"
 ケン・クワピス監督 アン・ブラッシェアーズ原作

青春映画の傑作です。こういう作品って一番沢山観たい気がするけど、
一番ありそうで無いんですよ。あっという間に終わりましたが
DVDになったら是非ご覧になってみてください。

D「ビフォア・サンセット」
"Before Sunset"
 リチャード・リンクレイター監督・脚本 
 ジュリー・デルピー、イーサン・ホーク出演・脚本

これだけは劇場で観て無い作品なんですが、
「ビフォア・サンライズ」と合わせて、主人公二人の台詞だけで
進行する舞台劇のような作品なのに、ロードムービーになっている点も
素晴らしいと思います。

E「リンダリンダリンダ」
 山下敦弘監督・脚本

個人的に、自分が音楽を始めた頃の記憶がどどーんと蘇ってくるような
リアルな映画だったので。あの何にも起こらなさがいいです。

F「サイドウェイ」
"Sideways"
 アレクサンダー・ペイン 監督・脚本

観た直後はそんなに好きじゃないかも?と思ったんですが、
だんだん「あぁあの映画はとても良かった」とじわじわ
感じた不思議な作品でした。いい友達がいるってのは最高です。


G「オペラ座の怪人」
"The Phantom Of The Opera"
 ジョエル・シューマカー監督・脚本 
 アンドリュー・ロイド・ウェーバー脚本・音楽

元々ミュージカル版が大好きだったので、この作品のまんまの
出来には満足出来ました。サントラ良く聴いたな〜

H「ライフ・アクアティック」
"The Life Aquatic with Steve Zissou"
 ウェス・アンダーソン 監督・脚本

この映画をベスト10に入れてる人は居ないような気がしますが(苦笑)
劇中意味無く延々とギター持ってデビッド・ボウイを
歌ってるセウ・ジョルジの乗組員の設定だけで、最高だと思ってしまうんです。


I「ロード・オブ・ドッグタウン」
"Lords Of Dogtown"
 キャサリン・ハードウィック監督 ステイシー・ペラルタ脚本

最近観たばかりですが、「旅するジーンズと16歳の夏」のワルガキ版の
ような瑞々しいしかもB級っぽい青春映画で気に入りました。

10本選ぶと以上となりました!

「2005年1月1日〜12月31日までの間に日本初公開又はビデオスルー」
された映画で観た作品から選びました。そんなに数観てませんし、
洋画も邦画も同じ感覚で観てるので、ごちゃまぜになってます。

鑑賞しばらくしてから「あぁまた観たいな〜」って思えるかどうかが
自分にとって好きな映画となるので、出来が素晴らしいと思って★を
沢山つけた映画がその後「また観たい好きな映画」ではなくなってる場合も、
その逆もあります。
「海を飛ぶ夢」「セルラー」「ロング・エンゲージメント」みたいに漏れた作品や、
入れたいのがイッパイあるんですが。。

映画の感想は、必ず他の方の感想を読まないでだーっ!て書く事を
一応心がけています。人に影響受けやすいので(苦笑)
アップ後いろんなブログにおじゃますると面白いです。いいと思った
映画が散々だったり、その逆も^^
今から皆さんのベスト10なりを拝見するのが楽しみです!

もしこのブログで好きな映画と出会えるきかっけが出来た方がいてくれたら
とても嬉しく思います。
いつまで続けられるかどうかわかりませんが、
来年もよろしくお願い申し上げます。よいお年を!
  • URL:http://yaplog.jp/kazupon/archive/296
2005年12月
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
profile
kazupon
映画の感想を中心に大好きな音楽の事や、どうでもいい話もテキトーに綴っております。
感想はネタバレ確実にしてますのでご注意を!
たまにdrummerもやってます。
コメント&TB大歓迎ですが、
最近忙しくTBはマトモにお返し出来ず申し訳ありません。

http://yaplog.jp/kazupon/index1_0.rdf
Yapme!一覧
読者になる