ディック&ジェーン

2005年12月27日(火) 1時28分


「ディック&ジェーン 復讐は最高!」
という邦題のこの作品、この師走にいつの間にか公開されてました。
ジム・キャリー作品の割には宣伝あまり見なかったような??
しかも本国アメリカとほぼ同時公開のようですね。
あのSFコメディの傑作「ギャラクシー・クエスト」のディーン・パリソット監督作
だと知って、別の映画観るつもりを急遽変えて鑑賞。
今調べたら、このバリソット監督、「ギャラクシー・クエスト」以来5年ぶりの
劇場公開作品のようです。

タイトルでひょっとして?と思ったとおり、
1977年にジェーン・フォンダ、ジョージ・シーガル主演で
「おかしな泥棒・ディック&ジェーン」というタイトルで公開されていた
作品のリメイク。



オリジナルは未見ですけど、この70年代って日本公開タイトルに
「おかしな」とか「おかしなおかしな」ってつく作品が多くて、
端的にほんわかコメディだよ〜っていう記号に使われていた感じがあります。
まだZAZ等の過激なパロディ映画とかが無い時代なんで、
こういうテイストの作品がコメディの王道だったんでしょうね。

ジャック・マカリスター(アレック・ボールドウィン)が経営する大企業で
急に広報部長に昇進になったディック(ジム・キャリー)。大喜びで
妻ジェーン(ティア・レオーニ)に報告するも、初仕事がジャックの会社株放棄の
事実を追求する番組で弁明させるだけの役割だった。
会社が倒産した後、マトモな職につけないジャックは最終手段として強盗の
マネゴトを始めるが、妻も加担するようになるのだった。

う〜ん。劇場がガラッガラだったってのも大きいと思うんですけど、
「ギャラクシー・クエスト」上映時のような爆笑につぐ爆笑ってのは
ほとんど無かったですねぇ。正直あまり笑えなかったです。
ジム・キャリーはかなり好き嫌いが判れるようなんですが、自分は結構好き。
「エース・ベンチュラ」みたいな極端な演技も楽しんで見れるほうなんですけど。。。
まぁそれなりに楽しい作品ではあるんですけど、ちょっと期待外れでした。、

↓下に続きます
会社倒産〜職探しが上手くいかない。ってのが結構笑えない展開で描かれて
いるのと、夫婦のちょっと間抜けな強盗の数々が笑わせ所のキモなんだと
思うんですが、中途半端であまり面白いと思えませんでした。
自分が一番笑ったのは、会社が倒産した後、自宅でする事が無くなったディックが
階段からイスに飛び座り!とかヒマそーにやってる所とか、Mr.ロボット♪〜
とかおそらくアドリブと思えるなんでもない所でしたし。。
ああいうのやらせたら天下一品だと思うんですけどジム。

ティア・レオーニは「さよなら、さよならハリウッド」でもボケ役のウディ・アレンを
ツッコむような役でしたが、今回はジムとWボケ的役回りでなかなかよかったです。
こういう美人ですっとぼけた役が出来る人ってなかなかいないですよね。

この作品、プロデューサーにジム・キャリーの名前も。
何故、今の時代にこんな古風なコメディ映画のリメイクを作ろうと思ったのかが
ちょっと謎ですけど(笑)オリジナルは本国では人気あるのかな〜?
それにしてもハリウッドはリメイクと続編しか作れなくなってるんでしょうかね!?

とはいえ大好きな作品「エターナル・サンシャイン」の比較的ナチュラルな演技の
後にこういう映画に出るジムは応援したくなってしまいます。
たとえ賞レースに入れなくたって、これからもコメディ止めないで欲しいな。

kazuponの感想ー★★★

official site
http://www.sonypictures.com/movies/funwithdickandjane/

日本公式
「ディック&ジェーン 復讐は最高!」

Fun with Dick and Jane (2005)@imdb

Kazupon Movie Index

こちらは傑作!「ギャラクシー・クエスト」DVD@amazon
  • URL:http://yaplog.jp/kazupon/archive/295
2005年12月
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
profile
kazupon
映画の感想を中心に大好きな音楽の事や、どうでもいい話もテキトーに綴っております。
感想はネタバレ確実にしてますのでご注意を!
たまにdrummerもやってます。
コメント&TB大歓迎ですが、
最近忙しくTBはマトモにお返し出来ず申し訳ありません。

http://yaplog.jp/kazupon/index1_0.rdf
Yapme!一覧
読者になる