ハウルの動く城

2004年11月21日(日) 1時01分

この映画最近の宮崎監督の映画の中では評価低い方だろうなーと思います。
でも自分は最近の中では一番好きかも。
映画としてのクオリティは相変わらず高いですが、
このなんとなく雑な感じは好みです。

最近の「もののけ」「千と千尋」等はちょと重すぎるのと説教臭い感じがどうも苦手、、、
作品に力はあるのは認めるんですけどね。
ノリ的には結構あっさりしていて、
想像していた印象と随分違う映画で気に入りました。
前半1時間くらいは、なんとなくハッピーな感じがずっと続きます。。。
まさかこのままずっと行くのではと期待したんですが
たまにはそんな映画があってもいいじゃない)、
後半はいつもの宮崎節(笑)になっていきます。やっぱりねえ。

前半、ソフィーが老婆になってしまうけど、
悲しむ描写は全く無く、街の風景や自然の美しさを再認識する。
ちょっと最近の作品には無い爽快感で良かった。
彼女の顔が老婆になったり少女になったり、
その中間くらいになったり、置かれている状況でどんどんと変わるのが印象深く、
その説明は劇中全く提示されません。
強い意志を示したときに少女の顔になるのではと思いましたが,
意見の分かれる所でしょうね。
人間は老いによってプラスになる事はあるけど、
感覚が衰える事はその人次第って事が言いたいのでは。

残念な点を挙げると、普通の声優さんでやって欲しかったなあ、
映画の世界に入り込むのを邪魔しているような気が。
特に倍賞千恵子はミスキャストだと。
マルクル(子供)の声の子役が自然な感じで良かっただけに残念。
原作がそうなのかもだけど、主人公とハウルの関係が前作の
千尋とハクとの関係に似ていてちょと二番煎じな印象も。

ソフィーのように何でもない一日を美しいとか楽しいとか感じる小さな幸せをを、
意味の無い戦いはブチ壊していきます。
ハウルが何故、黒い扉から出かけて行ってボロボロになって戻ってくるのか、、
世界的に評価された宮崎監督になったからこそ、
今、戦争について言っておきたい事を少し、
この映画にメッセージとして入れておきたかったのではとも感じました。
黒澤明が晩年に「八月の狂詩曲」でストレートに原爆への気持を
海外に向けて発信していたように

kazuponの感想★★★★
  • URL:http://yaplog.jp/kazupon/archive/26
2004年11月
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30
profile
kazupon
映画の感想を中心に大好きな音楽の事や、どうでもいい話もテキトーに綴っております。
感想はネタバレ確実にしてますのでご注意を!
たまにdrummerもやってます。
コメント&TB大歓迎ですが、
最近忙しくTBはマトモにお返し出来ず申し訳ありません。

http://yaplog.jp/kazupon/index1_0.rdf
Yapme!一覧
読者になる