☆育児疲れ。。。 

2008年11月15日(土) 13時50分
夫の佳さん、普通にお仕事。。。



土曜休みすら無いの

パパが休み無いという事は

ワタシも育児休み無いってこと。。。


た、たまには息抜きしたいわ







★命名!! 

2007年02月01日(木) 7時35分

来未(くるみ)


生後2日目の朝

まだ、シワシワだね

 

生まれる数日前〜直前の事を考えていました。。。

1月24日 (予定日は30日) 午前 外来へ

2人目と言う事を考慮して予定日前に

入院して下さいと告げられる。

28日に入院と決まった。

和祈には悪いが、じいちゃんばあちゃんの所へ

行ってもらう


  

25日 臨月の大きなお腹でスーパーへ行き

両手に袋を下げて うんしょこ うんしょこ

パパの単身赴任先アパートへ

いつも 通りに家事をこなし、パパの帰りを待つ。

7時帰宅、夕食

ゴハンを食べ、テレビを観た後、シャワーを浴び

疲れやすい為、9時就寝。

  

PM10時半頃 体に 違和感を覚え目を覚ますが

疲れていたので そのまま寝る

何度か目を覚ますが、だるいから寝る。

…が、トイレに行きたくなり

  

やけに おしっこが いっぱい出るな〜

膀胱が、いかれたかと思う。

残尿感というか、水分が まだまだ出てきます。

ある程度 おさまったのでパッドをして寝る。

寝ぼけていたせいもあり、破水だと気がつかなかったのだった。

  

朝、昨夜の事をパパに話すが、パパも破水だと思わず会社へ。

AM9:00 パッドを替えても すぐ 水っぽくなる事態に

病院の産科病棟へ 電話で相談

破水の可能性があります、入院準備を整え 

すぐに来てくださいと言われ そこで やっと大慌て。。。

パパの会社へ電話し、緊急事態 戻ってきてください

  

パパに連れられ病院へ到着。

検査の結果、破水を確認、緊急入院となる。

聞きつけた、ばあちゃんも 様子を見に来る。

  

陣痛も無く、のんびり雑誌を読んで過ごす

しかし、ワタシを見たパパは

『まだ、生まれないだろう?
ちょっと、途中にしてきた仕事だけ仕上げてくる!』

何か あったら すぐ呼べと一旦仕事に戻る。

ばあちゃんも 『また来るよ』と一度帰宅。

  

1人になったとたん、徐々にだったが、陣痛らしきものが。。。

お腹に陣痛の様子を見る機械を取り付けられ身動き出来ず。

本を読んだりテレビを観て気を紛らわし陣痛の間隔を計る

  

PM6:00 夕食が出される、陣痛も7分間隔

でも、お腹は すいてる。

しっかり食べた

食器を返し お茶をグビっ!

っといった所で陣痛が3分間隔と気がつき

慌ててナースコール

パパにも電話

車椅子に乗せられ分娩室へ

  

子宮の開きが 良くないらしくベットで待機。

PM7:50 パパ到着、立会いでは無いが

助産師さんに案内され 分娩室へ入ってきた。

心配そうな顔で『頑張ってくれ!』手をギューっと握ってくれ

陣痛に耐えるワタシの腰をさすり励ましてくれました。

  

いよいよ、出産、先生が やってきました。

パパは先生の説明を聞くため外に出されます。


くるしい くるしい!!


早く生み出したい衝動。

我慢が出来なくなってきました。




カーテン越しにパパが祈っています。


ワタシの赤ちゃん 早く生まれて来て

力の限り頑張りました!


『〜おめでとうございます 女の子ですよ

陣痛の痛みは スッと消え 感動の涙がポロリと涙が出ていました。


改めて ありがとう




★姫サマ誕生!! 

2007年01月31日(水) 22時34分
1月26日PM8:18
第二子の女児出産




この妊娠が判明して以来
色々と ご迷惑を おかけしました。

皆様の力を お借りして元気な
赤ちゃんが産めました

ありがとう ございます



  



★予定日まで2週間。。。★ 

2007年01月16日(火) 22時26分

お腹も背中もフックリ
顔も まん丸。。。


臨月を過ぎ、予定日まで
後14日に なりました。

妊娠判明の頃は

5年ぶりの妊娠か。。。

不安でいっぱいでしたが
なんとかなるものですね。。。

  

保健婦さん、助産婦さん
担当医のH先生の励ましの言葉で
スッカリ元気になりました。

体も母としての心構えもバッチリです

でもね

太りました太りました。。。

この妊娠で

18キロも太ってしまいました

敗因は『食べづわり』のせいかと。。。

     

5年前は一般的に体重増加は10キロまでと教わりましたが
今は7キロくらいって言われるらしい。。。

それ以上 太ると産道…赤ちゃんの通り道にお肉がつきやすくなり
難産の可能性が高くなる為だとか聞きました。


だって食べないと気持ち悪いんだもん。。。

幸い妊娠中毒症にもならず、健康体


先生には何も言われませんでした。

だ、大丈夫かなぁ




★妊娠7ヵ月の。。。★ 

2006年10月25日(水) 18時13分


7ヵ月になるというのに
病院へも、行かず


妊娠が判明して以来
引きこもりがちに。。。

また精神面でまいっていた

二人目だからといって
病院へ行かなくていいと言う訳では

悩んで悩んで

和祈を出産した遠方の病院の産科病棟

5年経過しているというのに
顔馴染みのように迎えられる。


7ヵ月になるというのに、過去診察1回などという
非常識な妊婦をアッサリ受け入れ

ワタシの気持ちを理解、評判の良い女性医師を
紹介してくれたのでした。


感謝感激

正直、待ち時間は長いです。。。

でも親切丁寧な応対に満足。

また勇気を与えられたのです。

以後、決められた日に
診察に出向く私の姿あり。。。



★母子手帳が届く。。。★ 

2006年08月07日(月) 20時09分
妊娠発覚から早、2ヵ月

母親の責任を まっとうすべく
母子手帳を申請しようと思ったが
つわりの影響で脱水症状がヒドイ

困った困った。。。

でも、妊娠5ヵ月、早く申請しないと
自治体のサービスも受けられず
損をすることになる。

本来なら、妊娠発覚したら
その足で児童福祉課・健康福祉センターなど、
住んでいる自治体の決められた場所に行き
速やかに母子手帳を申請しなくてはならない。


分かってはいたけど。。。

何故かスネている自分がいて。。。

お腹の中の胎動を感じつつも
行動に移せずにいたのです。

日に日に胎動は強くなります。

でも、つわりは、最高潮にツライ

でも、負けられないよ

〜ここまで大きくしたんだ!
勇気を出そう


そこから起こした行動!
真っ先に思い浮んだ人物!

和祈を出産した時に
お世話になった保健婦Tさん

思い立ったが吉日!!

速攻で保健センターに電話しました。

でも、Tさんは産休中との事で

保健婦Tさんの先輩にあたるWさんに
事情を話したら

『ワタシで良ければ
力になりますよ!』


母子手帳を届けてくれて
ワタシを励ましてくれたのです。

Wさんが、ワタシの相談役に
なってくれた お陰で一歩、また一歩と
お産に向けての準備を進める事が
出来たのでした。


★NEWベビーが。。。★ 

2006年06月19日(月) 19時37分
今月に入って体調不良

生理も来ない。。。
イライラ、グスグス

精神不安定

今回は、長引いている
パパが心配して

『病院行こう、オレもついて行くよ

総合病院へ行きました。
内科を受けようと受付に行った所
問診表を渡され記入。

『ご出産の経験がおありのようですので
よろしければ婦人科の診察を
お勧めいたします


パパも、そうしようと言うので
婦人科で見てもらうことに。。。

尿検査をして
待合室で待機。

診察室で いきなり

おめでとうございます

妊娠を告げられる。
パパもワタシもビックリ。

ワタシはなんとなく自分の体の異変が
一度経験した事ある状態だと気がついていたけどね。


パパは素直に喜んだが
パパは単身赴任中だし
和祈の育児も ままならない状態なのに
さらに不安を抱える結果に。。。

★クリスマス・イブ★ 

2005年12月24日(土) 23時10分
パパが、お迎えに来てくれる
ママ、病院へ行き診察して貰う
帰りにマックに寄り、外の飛行機の滑り台で
遊ばせる。誰もいなかったということもあり
和祈の独占状態パパが和祈の面倒を
見ていたが…。寒くなったのか、パパに
引っ張られて店の中へ
パパが単身赴任している為そちらの家で過ごす
事に
家に着くとパパは仕事に戻る。
相変わらず汚い
寒いが窓を開け部屋掃除買い物
夕飯はから揚げとシチューとサラダ、付き。
から揚げは大根おろしとポン酢でご飯のすすむ
オカズにもなった
あっ家族写真撮らなかった

★和祈と一緒に寝た★ 

2005年12月23日(金) 23時38分
明日は今年最後の病院
事故に遭って1ヵ月経過
今日は実家に泊まる事に
お昼過ぎから和祈といっぱい遊んだ。  
最近の口癖は
『なるほどっ』だね。やっぱり
ばーちゃんの作った夕飯も食べず
テレビばっかり見ている為、叱る。
一緒にお風呂に入るが大はしゃぎ
湯上り、ご飯を食べたらママの布団に
潜り込みあっという間に寝た

『あれかっちゃんもう寝たの
ばあちゃんが驚いていた。夜8時頃だった

★誰の真似?★ 

2005年12月21日(水) 23時55分
ママ姉、和祈のオバちゃん
から聞いた話

先日、姉の舅姑が実家へ年末のご挨拶
に来て下さった時、じいちゃんは奥で昼寝
していて全く気がつかず。
部屋中散らかして遊ぶ和祈が応対した(
『いまかたずけますからあがってくだしゃい
『は〜、かたずけよぉー
と言ったそうで、侮りがたし4歳児