怪しいリレーモジュールを買ってみた

June 01 [Wed], 2016, 11:42
アマゾンで格安出品されてる SODIAL(R)製 のアレです。



アマゾンのリレー・継電器カテゴリでベストセラー1位、レビューも概ね高評価なのですが、書かれたレビュー情報がさまざまで、実態がよくわかりません。
そこで、1式だけサンプル購入してみました。だって、リレー単品より安いんだもん。
c接点リレー×2個をフォトカプラでアイソレートしたものらしいので、もし本当に使えるものならArduinoやPICの出力で駆動できる物の幅がかなり広がります。

発注後ショップによって納期はまちまちですが、今回発注したショップは5/13発注、注文翌日にチャイナポストで発送済みの連絡、5/31に到着し、ほぼ宣言納期通りとなりました。

開封時の第一印象は、「なんか汚ぇヨ。」(´-ω-。` )
仕上げの洗浄が十分でないのか、全体的に白く汚れています。
取り付け穴はφ2.7なので、M3で取り付ける前にキリでさっと突いておきましょう。直径で0.5mm拡張してもパターンには干渉しません。



外形寸法です。
インチ系で丸めてみました。



また、一部のハンダが芋ハンダになっていたので、ハンダづけをやり直しました。


シルク印刷が仕若干様変更された模様です。
OUT側端子台の意味が解りやすくなりましたね。



データシートによると、リレーの定格としては次のようなものです。
形:SRD-05VDC-SL-C、(R)SONGLE RELAY



接点容量として、抵抗負荷なら10A、誘導負荷でも3Aまでいけるようです。ただし、プリント基板のパターン幅が1.5mm程度なので、リレーのカタログ値がハッタリである可能性も考慮すると 1.5A程度に抑えておいたほうがよいでしょう。

取説はもちろん(藁)のこと、回路図なんてものはありませんので、基板をスケッチしてみました。
製品として販売されているものに対してこれはNGなのですが、メーカーからの情報がいっさい無い以上、自衛のためやむを得ません。また、値段からしてわざわざ海賊版を作る必要も無いでしょうから、購入者の利益を優先して公開します。
(簡単な回路なので、わざわざ図面化するほどのもんでもありませんが。)


とりあえず回路上は問題が見当たりません。
VCC-JDVCCジャンパ状態なら、VCCに+5V、GNDに0Vを接続したうえで、IN*-GND間を短絡すればコイルは動作するはずですし、実際に動作しました。
とあるレビューではリレーは負論理で動作とのことですが、そも、c接点で負論理ってどういうことでしょ?
リレーのc接点という構成が理解できないまま、b接のところしか見てなかったか、VCCとIN*にそれぞれ5V印加して動かないと思い込んだのか?
ジャンパが初期状態だとIN*の電圧レベルLoでコイル駆動だから負論理ってことを言いたかったのかな?
シンク型の出力ユニットやトランジスタアレイに繋いで、出力ONするとコイル動作しますので、あまり難しく考える必要は無いと思うのですけど。

VCC-JDVCCをオープンにして、、IN*-GND間を短絡したうえで、VCCに3.3~5V印加すればHiでコイルがオンします。(この場合、2つのリレーが同時にONします)
もしくは、リレーユニットの前段にNPNのトランジスタを入れれば、VCC-JDVCCジャンパ状態でもソース型出力デバイスHiで個別にON出来ます。


こういうのって一種の風評被害なのでは?(-_-;)

VCCとJD-VCCという形で、フォトカプラの入力用とリレーのコイル用電源を分けてある理由について。
このフォトカプラはPC817互換品とのことで、PC817のデータシートによりますと、入力が1.2V以上あれば動作します。
ですが、リレーのコイルの動作電圧が5Vなので、マイコンが3.3Vなどで動いている場合、リレーの駆動電源は別に用意する必要があるので、電源ラインを2系統に分けてあるほうがなにかと都合が良いのでしょう。
(3.3Vだけで動いたとしてもそれはただのマグレですから人に勧めないように)
また、IN*-GND短絡以外にも、VCC-IN*に電圧印加という使い方でソース型出力ユニットにも対応出来ます。
GNDは共通なのでスイッチングトランジスタだけでも似たようなことは出来ますが、ドライブするトランジスタ内部でショートしてしまった場合、マイコン側の出力デバイス(=マイコンの電源回路)に対して、まともに逆電圧がかかることになるので、安全面においてはフォトカプラのほうが良いでしょう。

消費電力について電流値を実測したところ、5V電源、VCC-JDVCCジャンパ状態でリレー1個動作時それぞれ69.5mAで、リレーOFF時の待機電流はテスターの測定限界である0.00mA以下でした。

耐久性については判りませんが、機能的には問題なく、結構使えると思いますよ。
※2016.8.19追記

Raspberry PiやPICで使用する場合の例を考えてみました。
ただし、私はRaspberry Piを使ったことがありませんので、GPIOの仕様がよく解っていませんし、真面目に調べてません。
PICの出力同様にCOMSのトーテムポール出力と仮定して検討しましたので、間違っていたらごめんなさい。

トーテムポール出力なら、電源OFF時にはオープンになりますので、誤動作することはないでしょう。


GPIOの保護と論理反転にトランジスタをかませる例です。
IN1〜8のどこを使っても構いません。
2SC1815等のNPNトランジスタ+ベース電流制限抵抗でも出来ると思います。(GPIO2と3は抵抗入りだそうですし、それが使えるのなら電流制限抵抗は不要かも。要確認。)
3.3Vで駆動する場合、トランジスタアレイ内部での電圧降下を考慮すると、DS1を短絡しないと動かないかも。
要確認です。



※2016.11.08追記
このリレーモジュールを使って、オンディレイタイマを作ってみました。
555を使ったオンディレイタイマの制作
PIC12F683を使ったオンディレイタイマ
  • URL:http://yaplog.jp/kazuikazui/archive/459
Trackback
Trackback URL
Comment
小文字 太字 斜体 下線 取り消し線 左寄せ 中央揃え 右寄せ テキストカラー 絵文字 プレビューON/OFF
利用規約に同意する
 X 
禁止事項とご注意
※本名・メールアドレス・住所・電話番号など、個人が特定できる情報の入力は行わないでください。
「ヤプログ!利用規約 第9条 禁止事項」に該当するコメントは禁止します。
「ヤプログ!利用規約」に同意の上、コメントを送信してください。
ひょさん こんにちは。

DP817Cについては中国の買い付けサイトにかかれていた情報から、シャープ製のPC817のセカンドソース品であろうと推測しました。例: https://goo.gl/KNdTjp
よって、PC817と同じく、Icの絶対定格は50mAでしょう。
PC817はポピュラーなフォトカプラですので、簡単にデータシートが見つかると思います。

DP817CはトランジスタQ1をドライブしているだけで、実際にリレーのコイルに流れる電流はQ1が操作していますので、DP817Cのドライブ能力は気にしなくて良いと思います。

問題はQ1のコレクタ電流なのですが、私の手元のものは部品のシルクがどうしても読めず、判りません。
が、しかし、表面実装のトランジスタならば少なくとも150mA程度はあるだろうと楽観的に考えています。
リレーのコイルにはフリーホイルダイオードも付いてますので、(その辺がちゃんと機能していれば)頻繁なON/OFFや連続通電でドライブ回路が壊れることは無いと思います。

あるとしたら、リレー可動部の機械的なトラブルとか、接点の接触不良とか、内部配線の断線じゃないですかね。

なにか結果が出たらぜひ教えてください。
October 11 [Tue], 2016, 19:52
ひょ
こんにちは、Amazonから飛んできました。
回路図まで起こしてくださって大変感謝しております。こちらでも電流等計ってみましたが、かずいさんのデータと一致しております。
フォトカプラのLEDに2mAほど流しているようで、リレー単体での消費電流は67.5mAといったところでした。
それで、DP817Cのデータシートを漁ってみたのですが、そのものずばりのデータシートが出てきませんで、互換品達(たぶんこれもそうですね)のものを見ると、Icの絶対最大定格が、のきなみ50mAとなっていてでだいぶ足りてない感じです。実際のところはコイルに電流を流しっぱなしにしても、ほんのり温まる程度すぐに焼損する様子はありません、むしろリレーのほうが若干あったかいくらいです。
もし、ご存知でしたらDP781Cのドライブ能力(Ic)をおしえていただけませんでしょうか?

とりあえず、1個壊すつもりで8時間程コイルに電流を流しっぱなしにしてどうなるか、やってみます。
October 11 [Tue], 2016, 19:12
パケロー
>かずいさん
早速のお返事ありがとうございました。
DP817を外して改造は難しそうですね。

ミルククラウンの記事拝見しました。すごい研究ですね。

PicやArduinoで作るのもやってみたいです。(もっと勉強が必要ですが)

今回の目的は鳥獣害の犯獣を写すことなので、安く堅牢にしなければと、思ったりしてます。僕ももう少し研究してみます♪
August 30 [Tue], 2016, 8:33
パケローさん、こんにちは。お役に立てたようでなによりです。

所謂、ONディレイタイマーを作りたいということですか?
確認ですが、「リレー1.2どちらかのDP817CをはずしてLM555を組み入れれば」とは、基板を改造してDP817Cを物理的に取り外し、代わりに555の出力をR2に繋ぐというかんじですかね?
確かにR2に電圧を印加してやればコイルが動くので、555を使ってそのような回路を作ることができれば可能だとは思います。
ただ、555の出力は、常時LOW→トリガ入力でHI自己保持→CRで設定時間後LOWのOFFディレイタイマーというものだったと思うので、出力の論理を反転してやる必要があり、そうすると、出力が常時HIからスタートすることになるので、簡単にはできそうにないですね。

代替案として、PICやArduinoなどマイコンでONディレイタイマを作るというのはどうでしょう?
基板を改造する必要もありませんし、タイマー動作の精度は上がると思います。

また、時定数的にはリレーの接点よりもサイリスタ等を使ったゲート回路を作ってやった方が安定動作します。
稚拙ですが、過去記事に参考になりそうなものがありますので、併せて見てもらえれば幸いです。

ワイヤレススレーブストロボの制作
ttp://yaplog.jp/kazuikazui/archive/120

実験用LEDストロボの製作
ttp://yaplog.jp/kazuikazui/archive/164

トイカメラを使ったタイミングライトの制作
ttp://yaplog.jp/kazuikazui/archive/139


うまくできればミルククラウンの写真撮影なんかができそうですね。
ぐぐってみると、自作されている方がいらっしゃいました。

ミルククラウンを撮る
ttp://www.infonet.co.jp/ueyama/ip/promenade/milk_crown.html

面白そうですね。
マイコンで作ってみようかな。
August 29 [Mon], 2016, 15:29
パケロー
かずいさんこんにちは!回路図はとても参考になり、カメラとセンサーをつなげて遊ぶことができました。ありがとうございました。次にフラッシュをつなげたいのですが、リレー1.2どちらかのDP817CをはずしてLM555を組み入れれば電源オンしてから1秒後にパシャということもできますでしょうか?ご教示いただければ幸いです。
August 28 [Sun], 2016, 17:42
P R
Find more about Weather in Kobe, JP
Click for weather forecast
Find more about Weather in Kluang, MS
Click for weather forecast
Find more about Weather in Penang, MS
Click for weather forecast
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:かずい
  • アイコン画像 性別:男性
  • アイコン画像 現住所:兵庫県
読者になる
since 2006.11
無料で使えるプチアクセスカウンター中古マンション地図姫
カスタム検索

ご来訪ありがとうございました。
お帰りはぜひこちらからどうぞ。
↓↓↓↓↓↓↓

  にほんブログ村 バイクブログ カワサキへ
にほんブログ村
2016年06月
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30
最新コメント
アイコン画像たろ餅
黙祷 (2017年01月18日)
アイコン画像通りすがり
怪しいLCRメータを買ってみた(その1) (2017年01月02日)
アイコン画像機械工作野郎
マイクロメータを修理してみる (2016年12月12日)
アイコン画像ンガゴー
PIC12F683を使った調光器 (2016年11月27日)
アイコン画像かずい
PIC12F683を使った調光器 (2016年11月25日)
アイコン画像ンガゴー
PIC12F683を使った調光器 (2016年11月25日)
アイコン画像高圧パルス発生器
パルス充電器の製作(その1) (2016年11月13日)