メール問題 

2006年02月27日(月) 20時22分
メール問題がそろそろ収束しようとしている。
野党であるがゆえに、しっかり対応すればいいのに・・・
当事者になったとたんに、逃げるというのは問題である気がする。
自分に厳しく他人に優しい、そんな党になってほしい。きっとそんな姿にこそ国を背負うだけの度量を見て取るのだとおもう。
先の選挙で自民の圧勝、・・・民衆はやはり見る目があったのだろうか?
あの党に入れなくて正解だったと思っている人もいるかもしれない・・・
そんな政界を見るにつけ、もっといい世の中にしたいなぁーそう思いながら、現在の政党に文句を言う自分、これも今の野党にダブっている気がしてならない。
予算委員会なのに、何について議論したんだか。まったく持って本末転倒。
むしろ仕事をしていないといっても過言でない気がする。

企業では、自分のノルマが終わらなかったとき、残業をする。もしくはその対策として人の手配をする。それが政治にはないのだろうか?
一企業よりももっともっと大きな影響力があるというのに・・・

東横インの問題から思うこと 

2006年02月04日(土) 21時29分
最近目に付くのが東横インの許可を受けてから、構造を作り変えた問題。
確かにしたことは悪いんだけれど、どうもしっくりこないのはなぜかなぁー
と自分で考えてみました。
今日、その問題で自分なりに結論が出たのでここに書き込んでおくことにします。

検査を受けるためにしたこと(会社側の対応)は問題なく悪いことなんで、
これに関しては、反論の余地はありません。
しかしながらその前提となっている条例そのものに私は少々疑問を感じてしまいます。
まず、ホテル=企業ということなので、ボランティアではありません。
自分も小企業で働いていて・・・
従業員&経営者の大変な努力によって成り立っているわけです。
そこへ、身体障害者用の部屋をつくることや駐車場をつくることを強制される
というのはいかがなものか・・・
むりやりやらされる仕事ではけっしていいものができません!
そうやって、作る気がないものが作るから物置になったりするんです。
それならいっそ、そんな建物ないほうがましです。

そんなことなら、それこそ自治体がすべきでないでしょうか?
身障者用に快適なホテルというものを自治体のちからですべてつくればいいじゃないですか。
政治は弱者の救済のために使われるべきであり、それこそ誰もが納得する理由がそこにある気がします。もちろん採算がとれるほど人気になってきたらおそらく民間でもやりだしますので、そうしたらもう民間におまかせして後はお願いしますでいいとおもいます。
よって条例や規制などは基本的に迷惑になるものを抑える目的で使われるのはわまわないけど
より快適な生活のためには、自治体がもっと率先して行ってほしいものだと思います。

口だけならみんな何とでもいえます。ぜひ身障者にとって快適な街や住居、ホテルなど
見本をみせてあげるのが地方自治体のできることではないでしょうか?
そんな気がないのならむしろ業界に押し付けないでもらいたいとおもっています。

何か結局まとまらないですが、おおすじそんな感じのことを思いました。
日本のどこかで身障者が超快適に暮らせるモデル的な街があってもいいのにね・・・
これからの高齢化社会にもきっと流行るとおもいますよ。
誰かやらない?

ことわざ 

2006年01月29日(日) 22時35分
日ごろ生活していると、言葉によって大きく心が揺れることがあるんだけど、
そんな言葉を残しながら自分の中身が見えてきたらいいなと思って書いていきますです。
本日の気になった言葉は・・・

「金で幸せは買えない、でも惨めかそうでないかは選ぶことができる」

本に載ってたんだけど、読んでいてなるほどなぁーと思いました。
確かに金でなんでもなるわけじゃないけど、ないとみじめな思いが多いかも。
結局、お金は必要条件かもしれんが十分条件でないことかな?

幸せってなんだろう~

しあわせーって~♪なんだぁーっけ♪なんだぁーっけ~♪
ポン酢しょうゆはキッコマン!笑
懐かしいなこの響き・・・昔の彼女とよく笑いながら口すさんでたっけー。
2006年02月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28
最新コメント
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:kazion
読者になる
Yapme!一覧
読者になる