アンカラの市場

November 23 [Sat], 2013, 18:02

2013-11-13 TURKEY(Ankara) トルコ(アンカラ)

首都って大概整備された都市であり、観光するような見所はあまりなくて、旅人は1泊、あるいは素通りすることが多いのだけど、「○○?あそこは、見るとこないし、高いし、1泊で充分。それか、バス乗り場で次の街のバス見つけて、素通りしてもいいぐらい」などと言われると、『本当にそうなのか』、無性に試してみたくなるアマノジャクな性格。

イランのテヘランも、わけもなく5泊もしたし。イラン滞在中、テヘランの滞在が一番長かったという、普通の旅人からしたら、意味不明なスケジュールだったし。なので、今回、トルコのアンカラも、たぶん、1泊じゃないだろう、と、うすうす予想はしていた。案の定、3泊。


ギョレメからアンカラ、バスで5時間。楽勝の移動。




アンカラのバスターミナルから、市内までは地下鉄で行くのだけど、トルコ人みんな親切。切符の買い方とか、地下鉄の乗り方とか、親切に教えてくれる。地下鉄の中でも、私たちのでかいバックパックを置けるスペースを作ってくれようとしたり。ここでも、オが、「テシュッケ・エデリム(トルコ語のありがとう)」と言おうとして、小さいュが言えなくて、「テソケ、テソケ」と言っては、発音矯正を受ける。


アンカラは首都なので、宿が高いということだったけど、無事、許容範囲の宿を見つけてチェックイン。






これで60リラ(HKD240)。シャワー室が異様にでかい。宿のおっちゃん、英語通じないんだけど、私たちが出入りするたびに、いっつもニコニコして、言葉通じないってわかってるのに、それでも、何かしらトルコ語で話しかけてくれて、見送ってくれるので、非常に気持ちいい。

ここはウルス地区といって、安宿があるエリアなんだけども、歩き方によると、「売春宿も多いので気をつけよう」とある。うん、気をつけよう・・・って、何をどう、気をつけるんだろう?

治安が悪いから気をつけろっていう意味かと思うが、その宿が、売春宿だからといって、実際問題、べつに、私たちには関係ないよな。部屋がこぎれいで、トイレシャワーがついてて、ホットシャワーが出ればそれでよいのだ。隣の部屋で、誰が何をしてても、べつにかまわん(笑)


首都は物価が高いのも、旅人に敬遠される一因だけども、でも、私が思うに、首都って、やっぱりモノが集まってくる場所なので、逆に安いものから高いものまで、モノが豊富にあると思う。あと、お金持ちの人が住んでるだけではなく、お金のない人たちも、職を求めて地方からやってくるわけで、だから、食堂だって、そういう人たちのために、安い食堂があるし、もちろん高いレストランもあるしで、私は首都のほうが、選択肢が多いと思う。


アンカラ城から見下ろしたアンカラの街。




思ってた以上にでかい。どこまでも街が続く。どんだけでかいんだ。


市場に行ってみる。他の街でも、市場には行ってきたが、アンカラの市場、めちゃくちゃ活気ある!気持ちいいぐらい活気ある!

魚屋。いわし、5リラ(HKD20)/キロって、高いの?安いの?






これを揚げたやつを挟んだパン。うまい。サバサンドが有名だけども、この、小いわしサンドのほうが、私は好き。




野菜も、このとおり!




チーズもどかんとカタマリで。




さらには、こんなものも。




きれいなパッケージに包まれておらず、生のままってのが、逆にそそられる。
石けんマニアの私としては、買いたかったのだけど、かさばるし、荷物になるんであきらめた。


あと、私の好物のドライいちじく。香港で食べてたドライいちじくは、小粒のやつだけど、これはでかい。高かったけど、せっかくなので、買ってみる。干し柿みたいな味。食べ応えある。





それから、これ!!これ、何??






乾物屋に行くと、どこの店にもこれがぶらさがってる。干しオクラなんて、初めて見た。しかも、これ、こんな長くなるまでいちいち糸に通して、作るの超大変でしょう(笑)

漢方薬みたいに使うんだろうか。オクラ大好きなんで、すごく気になって、店の人に、どうやって使うのか聞いたんだけども、英語があまり通じず・・・
クッキング、と言ってたので、料理に使うってのはわかったけど、でも、今まで食べてきたトルコ料理で、オクラが出てきたことなかったし、どういう食べ方をするのか、わからん。すごい興味津々。

どうやって使うの?って聞いたら、「オクラ」って。わざわざ、植物図鑑みたいの持ってきて、オクラの写真を見せてくれた。いや、それは、わかってる(笑)

しかも、干しオクラには、2種類あって、ヘタの部分だけをつなげてあるやつもある。オクラのヘタですよ。もっと意味不明。どうするんだろう。


アンカラ3泊。行ったのはアンカラ城ぐらいで、あとは毎日、市場をうろうろしてただけなんだけども、なんだか楽しかった。
  • URL:http://yaplog.jp/kazepart2/archive/242