練習1週間目 

2016年09月25日(日) 18時09分
内輪のチェロ発表会で激しく失敗したのが今月4日
じわじわと思ってはいたが、練習したい欲求が爆発してしまい
来年あたりに・・・と思っていた練習環境を先の連休初日に整え
悪天候もあってほぼひきこもっていたので3日連続で自主練
整えたといっても、いきなりうまくなるはずもなく
悶々と練習をしていたが、とりあえず暗譜だな、と左手の練習に注力
やはり平日の夜は時間、気力ともに弾くことはできなかったが
今日は練習に向かう前にも少し触って・・・
そう、練習というほどではなく触って
連休中の練習でヒリヒリしていた指がようやく癒えたところだったから
そしていざレッスンへ
相変わらず先生が伴奏をつけてくれる通しでは後半あたふたするものの
なんとか曲になるようになってきた
ら、
先生が過分に褒めてくださる(*'ω'*)
あまり褒められなれてない&思うように弾けてないのですっかりリアクションに困った
が、やはり練習してよかったなーと思う
それでも思うように鳴らない音もあるしテンパると弓の運びもぐだぐだになるが
どうも次回の発表会の曲のハードルをさらに上げられそうな雰囲気・・・
大丈夫か?ワタシ(´・ω・`)
相変わらず握力がヘタレなので最後の通しでは演奏中に弓を落としそうなくらい
力が入らなくなってしまっていたんだけど。。。
帰宅後も練習したいところだったが左の指もヒリヒリでそのままメンテしてお片付け
うーむ。。。うまくなるのか?ワタシ
とりあえず、やるしかない。というかやりたくてやってるので頑張るけどね

ところで、11月の発表会も先日の感じにお客さん入れるくらいかなーと思っていたら
「みなさんドレスとか着ますよ♪」とな
えーーー(^_^;;私は白ブラウスに黒ロングのコーラススタイルで・・・
と言ったら「地味ですよー」と
えぇ、まだまだ初心者なので地味なくらいでご勘弁を。。。
そのうち上手くなれば声楽発表会の時に買ったドレスを着ることもあるでしょう(-_-)
その時まで、精進します

とにもかくにも彼は美しい。。。
そして、コタさんは今のところ全くもって興味ないらしい

憧憬と焦燥感 

2016年09月19日(月) 14時22分

なんて美しい楽器であることか
ただ、まだパートナーにはなれないらしい
彼のため息のような音
小学生以来30数年ぶりに弾き始めて2年足らず
歌うたいとして少し迷子になってきた自分の音感の矯正のつもりであったが
やはり上手くなりたい欲求に勝てず
沿ってはみたが、相応のパートナーになるには10年早いらしい
それでも別れたくないのだ
寄り添ってもいいよ、と思ってもらえるまで努力しかない

人間ならば簡単に諦めるところだが
人以外だと食いついて行けるらしい、私

とりあえず、もう一人の同居人は興味ないらしい
というより、やや迷惑顔
彼にも「悪くないんじゃない?」と思ってもらえるまで努力がいるらしい

お盆に思う 

2016年08月15日(月) 11時58分
あれ、春の次は夏ですが・・・飛びすぎだ
まぁ、FBやらなにやらやるときちっと?まとめて書くのも億劫になる
それでもたまにはまとまって書いてみたいこともあり
だんだんとブログは備忘録になっていくのだな

実は今年は施餓鬼供養なる言葉を改めて知ったのだが
(そもそもお寺に行く習慣がないので、うちがそういうものがない宗派というのは関係ないだろう)
ともかく、気になった言葉であった
私はそういった正しい知識はないので詳細は相応のサイトで調べるのがよいと思うが
だいたい思い浮かべる「餓鬼」は子供のころに見た地獄絵図にいるようなものだろう
死してなお浮かばれぬ、何かを欲して止まないもの、なのかな?
でも、それってホントに地獄のことなのかな?
最近は死んだら何もなくなって、だから極楽も地獄もないと思っているのだけど
あるとしたら、現世の地獄だよな、と

私は自分の業が深いから何にも満足できず、結局一人で死んでいくのだと思っていたが
わが身は「餓鬼」そのものだね
どうして何かを欲してやまないのだろう?
死んだら何もないのだから、前世もあの世も信じているわけではないのに
この業の深さはどこからくるのか?と思わずにはいられない
よほど私は未熟なのだろうか
一生足るを知る、ということができない。。。のだろうか
誰もが満たされない心をわが身に閉じ込めて人生を歩むのだろうか

お盆にご先祖やら無縁仏やら不慮の死を遂げた霊を鎮めるのもいいけどね
「施餓鬼供養」として生きてる人の心の鬼を鎮めるほうがなんとなく今に合ってる気がする・・・
ま、お前は生きているのだから自分でなんとかしろよーってのもあるか

なんとなく一生かかるのかなぁ・・・という不安に押しつぶされそうになるけど
道を求め続けるという意味では「その道のヒト」もレベルの違いさえあれ同じ?!
教えを説く側も教えを求める側も、結局はもがき苦しんで何かを求め続けてるのかな?
と、思うと少しホッとする気もするが・・・
こんなこと書くと「そのレベルと一緒にするなよっ!」と叱られそうだな
ま、たぶん私は暇なんだよ

ひな祭り茶会 

2016年03月03日(木) 18時21分
昨日は一年ぶりに小西邸にての茶会

床の間のお雛さん。あ、ピンボケ。。。(=_=;;


待合の座敷には澁谷さんのまめ雛
と、コニシボンドクッション♪


お菓子は菊壽堂さんのひな祭りのお菓子「いただき」
平日は家の周りにいないので毎回茶会でしか食べたことないんですよねー♪

お運びのお手伝いは想定外だった〜袱紗ない、というか、持ってない!
船場のひな祭りと言ってもe-よこお手伝いだもんでラフなんです(^_^;;;
もー本当に適当なお運びでスンマセン


そして小西さんの帯結びは一文字
袴を想定してココまでササっとしましたが、コレでいいわーと言うことで
まぁ、家で着て家から出ないですけど
ラフな会ですが、袴は着けても良かったですね

帯の座りは良かったですが、襦袢の腰紐はもっと高くするべきだったな
女性同様胸ひもくらい?
確かにおじさんのズボンのベルト位置は高いようなので
張ったおなかの上でも違和感はないのかもしれない
今回のようにおなかをすくうように締めると襟ピンをされるのも分かる
男性の着付けはもっと人数を重ねて研究したいなぁ
なにぶん連れ合いがいないのでそこは難しい。。。
練習台になってもいーよーという恰幅のいい方、お声かけくださいっ!!

それにしても、コレもピントずれてるな
まぁ後ろ姿といえども男前にピントが合うのは仕方あるまい

旅の帰宅後 

2016年02月22日(月) 16時24分
寒いながらものんびり旅は一泊だったのに帰宅すると留守を預けていた
猫がハゲを作って待っていたのでその足で病院へ

しばらく先生の指名はしてなかったのだけれど、猫飼いの先生が来てからは
なるべくその先生を指名している
猫の処置が上手いし、質問に対して的確かつリスクについても
しっかり答えてくれるから
なのに、コタさんはこの先生がいたく苦手らしい
女の先生が好きなのは知ってたけど、他の男の先生でもこんなに
ガクブルになることはなかったんだよね
はて、なぜでしょう??
私が嫌いじゃない人は大丈夫なはずなんだけどなぁ
どちらかと言うと好きな感じなんだけど

ひとつ言うなら、初めてお目にかかった時から変わった雰囲気だなぁと
思っていたのは事実
強いて言うなら何となく宇宙人ぽい?とか思ってたけど・・・
ホンモノだったりして(^。^)ノ
だからですかっ?コタさんっ

気まぐれ更新 

2016年02月22日(月) 15時54分
ブログスキンを変えた
というのも今開けたら「秋」だったから
そう、この前の更新は秋だったのね。。。ハハハ

ところで週末は久々に旅の空だった

ほら、日光!・・・というのは嘘で
この日光東照宮は模型
行った先の飛騨高山は木の領地
昔から匠も多く日光の修繕の折はその匠が腕をふるったとか
その改修の時にひいた図面から精巧な模型が作られていて
ばばーんと展示されていたのは櫻山八幡宮の境内にある櫻山日光館
同境内の高山屋台会館では例大祭で引き出される屋台などの展示も
木々を背にした社殿はなかなかいい雰囲気でしたワ

翌日行った昔の役所跡「陣屋」(復元)には改修用?の屋根材が積み上がってたけど
なんて言うか、木の建物や制作物はそこの木が補修用にたくさん要るけれど
それと匠の技があればずっとずっと残っていくのだなぁ
だから森を失った土地のそれらは滅びる運命だな〜とか思ったり

それにしても、リフレッシュもできるけど移動と違う布団とで
カラダが痛いな
やっぱりどこでもドアが欲しいわ

連休っぽい 

2015年10月14日(水) 18時42分
何となくそれっぽい過ごし方
いや、年相応ではない気もするが・・・
片付けも先日の粗大ごみ大放出以来一向に進んでないが・・・

とりあえず、1日目は筋トレと歌の練習
新しい動作が入るたびに激しい筋肉痛に襲われる我が身が
笑えるというか、笑えないというか・・・
とりあえず「70歳のカラダ」を年相応までは戻すべく頑張るのみ

2日目はボドゲ会
終日押さえたので一食分みんなのお弁当持参で

(これで一人分)
間に合わせのサンドウィッチなのでパンがいまいちだったけど
まぁ、私の定番的ラインナップで

3日目は全日朝食に作って半分持って行った「オニキラズ」という名のおにぎり(笑)が
まぁまぁの評価?だったので、次回への試作がてら3食分具を替えて作り置き

全日のサンドウィッチの具で
ハムは断然焼いた方がいい感じ
ツナは少し火を入れて卵でとじてみた
ポテサラも焼き味噌ダレとか使えばそれも使えそう
サンドウィッチと具が同じならホント弁当としては優秀だなぁ
なかなかのポテンシャルを秘めてるのね〜(笑)

3日目は洗濯を済ませてからの〜近所の歴博へ
先日の「編み部」で琴サンにチケットをいただいていたのだ〜♪
古地図もあったり、収集家の邸宅写真もあってそっち方面も見所
東南アジアの布はいいねぇ〜
更紗っぽいお着物の女性も見に来ていたりして
私は相変わらず『通り雨に遭ってもどうでもいいわよ』コーデ

もう伊勢木綿でも暑くないもんねーって言うか、風が強くて少し肌寒かったので
早いな、と思いつつ普通に羽織り
びっくりの秋の足の速さよ。。。

まぁ、なんてことない日常だな
あ、そうそう、2日目の気分転換買い出しの時に行ったスーパーで
新しいおもちゃを見つけてしまったので即買い

お気に入っていただけたようで私も満足満足♪

うだる暑さに清涼感 

2015年08月02日(日) 22時20分
昨日は午後イチ声楽レッスンの後、一旦帰宅、着替え後

今話題の?ここへ。意外にも?初味園
美人揃いの静紀社中の皆さまに会いに
いつもは「はるの会」ではお手伝いさせていただいているので
ほげーっとただ楽しんでみよう!と「ゆかた会」へお邪魔させていただきました

箱膳付き。どれも美味しかった♪
レッスン帰りに買った「だらにすけ」も飲んで快調、全部たいらげたよ♪
で、料理とお酒を頂きながらただぼんやり見るつもりが、
なんかあれこれ気づきがあってすごく勉強になってしまった
ま、私がそう思っただけかもしれないけど―
なんていうか、音読と朗読の差、みたいな?(って、わからないよね〜)
まぁ、伝わる表現って難しいねーってことで

外の暑さを忘れるいいひと時を過ごさせていただきました
で、出演者の皆さまの写真を撮る私を撮った写真を頂いたので

(つむじがっつむじがっ!)
。。。あ、いや、Kさん&Kちゃんありがとうございます!
(って、HNをイニシャルにする意味ない?)
麗しの皆さま写真は若静紀先生か社中の方のサイトでどうぞ♪

外の暑さ同様、私の後姿がぐだぐだですが(汗)
この日の出で立ちは綿麻浴衣に博多の紗の半巾
もうこの夏は衿付きなんかに出来ないね、「浴衣」で着ますよ

で、おまけはアンニュイなコタさん

今日は久々に病院行って頑張りました!
相変わらず可愛い声を助手のおねーさんに褒められたよ♪

加齢と着るモノ 

2015年07月20日(月) 10時49分
ども、大型家電入れ替えから二週間、洗濯機はごきげんに稼働しているものの
冷蔵庫は相変わらずからっぽのワタクシです

さて、最近は休日に脱出やら個人レッスンやらですっかり着物生活も下火でしたが
昨日は久々に、というか今季初の浴衣発動しました

まぁ、相変わらずのものぐさ着付けですが
(張りのある帯の日は帯板しない、駄目っプリ)
それはそうと、これの前に一枚羽織った浴衣がありまして、
なんで着替えたかってーと、微妙に力士感が漂っていたわけで
はて、なんででしょうね?
まぁ、他にも着物やら洋服やら、今年は着てみて??というものが多く
あぁ、これは恐怖の加齢ね。。。と
顔色なんでしょうか?(確かに太ったのは太ったんですが)
ともかく、自分の服に突然違和感を感じるわけです
先日着たしじらも微妙に違和感があったしですね
洋服は・・・似合う似合わないもあるけど物理的な要因も多く・・・ゴニョゴニョ
とりあえず!好きなものが似合わないのは残念ですが少しおけば
なぜか着られるようになるので私の場合は今年は寝かせておくことに
多分センスのある人なら??に新たな色柄の半襟や帯、小物を合わせて
常に着まわせるようにコーデするのでしょう。洋服の場合もね
それを思うとスタイリストさんがスタイリストさんとしてごはんが食べられるのも納得です
私はその辺頭が固いので今年はダメと思えばスパッと寝かせます
無理してコーディネートすると・・・まぁ、カオスになる確率高いので
(それなら少しの違和感を抱えて着る方がマシ)

一度カラーのお勉強をされた方に相談したいものです
梅雨の時期は貧血なことが多いのですが、先日会社で鏡を見たら自分の顔が怖かったよ
健康が一番のコーディネートの武器だと思う!

少し長くなったので最近私がよく質問される浴衣って、どこへ?いつ着るの?などの
質問のネタはまた次回に。。。(って、最近さっぱり更新してない癖に・・・)

ということで、今日のおまけは一昨日大阪駅で見かけたトワイライトエキスプレス


と、コタさんのせくしーポーズ

「せくしーポーズだってばよっ!なんか文句あっか?!」

初、梅仕事 

2015年06月20日(土) 12時53分
今年は初めて梅シロップ漬けてみた。

古城梅と南高梅をアガベシロップ、蜂蜜、純黒糖、氷砂糖と思い付きで。
何ベースでも古城は酸味が、南高は甘味は強いもののバランスよく仕上がるようだ。
と言っても私の今年の仕上がり具合感想。
好みは古城&アガベシロップ。レモンに劣らぬ酸っぱさだ。
アガベシロップは砂糖の半分以下で同等の甘味を感じるのに不思議な反応だな。
黒糖&南高はやや水気の上がりが遅く、途中留守も合間って表面に傷みが出たのを
取り除いたので最終梅を引き揚げ火入れをした。
来年は今年の味を踏まえて好みのバランスでもう少し仕込んでみよう。
キズ梅は濁りが出るらしいとのことだったが丁寧に処理をしたらそうでもない。
が、割れはやはり濁りが出るか?ぶつかりキズなら問題ないようだ。
梅酒だともう少し違うのかも?今回はキズ梅は処理後冷凍して足し梅にしてみた。
なんにせよ、季節ものの仕込みは面倒くさいがよいものだな。
余談だが、アガベシロップが購入時より値段上がってて驚き。流行?輸入レートの変動?

久々の投稿が着物でも猫でもない。。。今回は備忘録だからさ。。。
■プロフィール■
◆名前(HN)◆ 梨緒
◆趣味◆
歌うこと、ぼんやりすること、書くこと、着物、野良猫に話しかけること(2011年よりついに猫飼いに!)、のんびり街散歩<大阪*街暮らし> キモノ*スイーツにて2006年秋からベーシックコースでキモノ*Reスタート。翌2007年よりプロコースにて5年ほど修行。成人式はお仕事させて頂いてます〜
最新コメント
アイコン画像yuki
» ひな祭り茶会 (2016年03月04日)
アイコン画像梨緒
» 花見と言う名の耐寒イベント (2014年04月12日)
アイコン画像yukiusagi
» 花見と言う名の耐寒イベント (2014年04月12日)
アイコン画像yukiusagi
» 先週の女子会は (2014年04月12日)
アイコン画像ヒッシー
» つい・・・ (2013年03月19日)
アイコン画像かな
» 野草は元気 (2012年12月03日)
アイコン画像ヒッシー
» のきなみ家電、壊れ時 (2012年11月02日)
アイコン画像ヒッシー
» めげるな私ッ、慰めに月末の演奏会チケゲット (2012年10月09日)
アイコン画像梨緒
» うたうたう〜 (2012年09月29日)
アイコン画像ヒッシー
» うたうたう〜 (2012年09月29日)
月別アーカイブ