小さな男の子 

2005年12月17日(土) 20時14分

  「じゃぁ明日からよろしく」
水木「ハイ」


眞野「おはよぉw北野w」
北野「あ、、、おはよう、、眞野君。」
眞野「どうした?元気ないじゃん。まだ治ってないの??」
北野違う//    矢野君、、、来た」
眞野「そっか、、、まぁ頑張ろうぜ!アイツの罠にかかんなよ!!」
北野「オレそんなに阿呆じゃなもん!」
眞野「////」

先生「ハイ、じゃぁ席ついて〜!!今日はえっとまず、転校生を紹介する。入れ〜」
女子「キャーw可愛いw」
眞野(北野の方が可愛いっつーの!!)
水木「えっと、水木翔デス。京都の○○から来ました。いろいろと分からないコトがあると思うので皆さんよろしくお願いします。」
先生「んじゃぁ、北野の隣行ってくれるか?」
水木「ハイ」

北野「水野君よろしくw」
水木「よろしくw」
眞野(

女子「ねぇ水木君の家ってどこらへん??一緒にカラオケでも行かないぃ??」
水木「あ、ゴメン!今日は北野君と帰る約束しちゃったからまた明日ネw」
女子「えぇ?そっかぁ残念〜!じゃぁまた明日〜w」
水木「行こッ!北野クン!」
北野「え?え?!」

眞野「何アイツ、、、、」

    RRRRRRRRRRRRRRR
北野「もしもし眞野クン?あ、今日ゴメンネ!勝手に帰って、、でもオレ水木クンと約束したわけじゃ」
眞野「アイツは危険だ。今日矢野は何もしてこなかった。絶対水木がしこみの奴だと思う、」
北野「そんな、、、分かんないじゃん!」
眞野「俺は分かる。もうアイツとは関わるなよ」
       ブチッ    ツーツーツー
北野「・・・・・・。」
眞野「・・・・・・。」

最後の下校 

2005年11月25日(金) 19時58分

眞野「先生〜、矢野っていつ帰ってくるんですか?」
先生「明日、土日はさんで月曜には登校するそうよ。家には日曜の夜帰ってくるんだって。矢野君がいなくて寂しいのね」
眞野「ホントそうですよ」

北野「・・今日が最後の下校かー・・・」
眞野「明日は下校会でいっしょに帰れないだけだろ。月曜だって、その次の月曜だっていっしょだよ」
北野「眞野君・・・・」
眞野「北野・・・・・ラブホ・・・行くか?」
北野「・・うん」
幸せな時間・・思いっきりしたいよ・・

北野「あッ!はぁッ・・・」
眞野「北・・野・・イれるぞ」
北野「・・・ぁあああ!!!!」
眞野「まだイくなよ・・?」
北野「んんッッ」
その日は いつもにまして激しかった

先生「北野君が体育休み!???」
北野「腰が、、、ぁたたたたた・・・」
眞野「わりぃ北野・・昨日キツすぎた???
北野「そうだよ・・・腰振りすぎだしイれすぎだし俺何回イッたと思ってんの!???
眞野「いいじゃんかよ?俺も久々にめちゃくちゃ感じたしネ・・w
北野「・・もう・・・
先生「なーにをコソコソと・・・」

もうすぐ 

2005年11月12日(土) 12時26分

北野「ふっ、、、、ぁあ、、!」
眞野「逝く、、、ぞっ!」
北野「ぅ、、ん、、!!!」

眞野「後、、、、3日」
北野「何が?」
眞野「矢野が帰ってくるまで、、、」
北野「あぁ、そうだネ」
眞野「きっと今までよりも酷い残酷な事してくると思う、矢野は」
北野「うん」
眞野「それでも、俺と一緒にいる?」
北野「うん」
眞野「そっか、よかった」
北野「俺は眞野君以外好きにはならない、なりたくないし、、、」
眞野「ww」
北野「矢野君は最近嫌いだ」
眞野「俺もだ」
北野「眞野君こそ・・・」
眞野「ん?」
北野「ずっと一緒にいてネ」
眞野「あぁ、当たり前だろ?」
北野「そうだネw」
眞野「本当に殺されてもイイ?」
北野「眞野君が一生愛してくれるって言ってくれたら死んでもイイ」

2人の絆はどんどん深まっていく。
         これからどんな酷い事をされるかも分からずに・・・

素直になれず 

2005年11月09日(水) 19時39分

先生「今日から矢野君は家族旅行で2週間ほど休みです」
「ええ〜!??」「いいなぁ〜」「ふ〜ん」
先生「口々に言わない!一人いなくなるけど皆頑張って、2週間のしんぼうよ」
眞野「北野ぉ〜
北野「何眞野君!手紙?えーっと・・矢野がいなくなってメチャ嬉しい。最近二人っきりになれないからな・・って///
先生「眞野北野!!!!!コソコソしないで歴史の教科書開ける!」
北野・眞野「はぃはぃ」

美嘉「北野!早く掃除してよ
北野「うるさいなぁ〜!!!!別にお前は怒られないだろ!」
美嘉「北野君連帯責任というの知ってますか!?」
眞野「はいはいケンカしない!第一俺僕の北野君とベタベタしないで下さい」
美嘉「え?何?眞野と北野ってできてたの?お幸せに!」
眞野「それって嫉妬?美嘉チャン僕に気があるんですか〜」
美嘉「一生言っとけば?」
眞野「言っとくけどな、俺はお前に気はナイから。」
北野「ちょっと眞野君!」
眞野「俺アイツ嫌いだ」
北野「何イキナリ」
眞野「ほんとどうでもいい女子が北野と喋ってるだけでムカツク、俺って心狭いんだ」
北野「今はそう言う眞野君が嬉しい。」
眞野「・・・お前矢野いなくなったらカナリ素直だなぁ・・・いっそ犯すぞ?」
北野「あはは」
でも もうすでに
地獄へのタイムリミットは
始まっていたのに・・・・
矢野「これからかなぁ・・・?」

家族旅行へ 

2005年11月08日(火) 18時48分

そうして2人は、何日かぶりに果てたのだった。

矢野母「あ!そうだ。」
矢野「なに?」
矢野母「今年の夏休みにね、旅行行けなかったから行こうと思ってるの」
矢野「いつから?」
矢野母「明日からだから準備しといてネ〜あ、2週間だけだから」
矢野「チッ!面倒くさい。。。2週間も2人をくっつけとかなきゃじゃん。まぁイイや、その後は・・・・フッ」

             ♪〜♪♪〜〜♪〜
眞野「北野〜!メール来てるぞー!早く来ないと見ちゃうよ〜!あぁ遅い、見ーちゃお!」
北野「あ゙ーー!!!勝手に見ないでよ!!先に俺が見るの!」
眞野「ハイハイ」
北野「・・・・・・・(読み)・・・・・・・・・・・!!!!!!!!」
眞野「どうした?その声にならない絶叫は・・・。」
北野「2週間矢野君いない旅行で!!」
眞野「ちょっと待て、意味分かんない。日本語をしゃべれ、」
北野「だーかーら!矢野君が家族旅行で2週間イナイんだってば!!」
眞野「マジで?!北野にメール送るって事は、本当か?イヤでも、俺と一緒にいるって・・・」
北野「嘘なヮヶないって!!だって矢野君って毎年家族旅行行ってるじゃん!」
眞野「そう言われればそうだな。じゃぁ、、、、やったぁぁー!!!!」
北野「やったネ!!!眞野君!!!」
眞野「フフフ。。ヤりまくろっと!

胸をよぎる嫌な予感 

2005年11月07日(月) 20時58分

眞野「とにかく・・・矢野に全部を話そう」
北野「分かってくれるかな・・??」
眞野「・・・祈るだけさ」
嫌な予感が胸をよぎる

北野「やっと終わった!数学の先生の話長いんだよなぁ〜!眞野チャン迎えにいこッ!!」
矢野「、、北野、今日帰りにうちに来い」
北野・眞野「・・・・」

矢野「よぅ・・・って眞野チャン?」
眞野「今まで北野がお世話になりました」
矢野「ってコトはー・・話したのかぁ?何?3pがいいの??」
北野「もう矢野君とは付き合えない!じゃぁ!」
バンッ
矢野「あ〜あ!見事にやられちゃった☆まぁイイよ。今回は北野の勇気に免じて許してあげよ。自由に泳がせといた方がエサはおいしくなるしね♪、、でも俺に逆らった事で眞野チャンと北野、バラバラにしてあげよ。おしおきも必要だネ」

眞野「ふぅーー!!!よかったよかった!あれから3日間何もないし♪」
北野「うん!ホントよかった!」
眞野「・・・あのー。俺は、裏を返せば北野とは何かあってほしいって言ってるんですけど」
北野「?」
眞野「もう俺・・ガマンできない・・・・」
北野「!あッ・・・・」
眞野「北野・・・・・」
北野「ぅんっ・・・」
俺も
俺も我慢できない

おかしい 

2005年10月29日(土) 11時53分

眞野「何で、、、つながらないんだ!!」
矢野「何が?」
眞野「うぉ!矢野!!!いつからいたんだ?」
矢野「教えてあげようか?俺と北野は付き合っている。だから、北野と眞野が連絡とれないように、俺が消しといたんだよ。」
眞野「なんだと?」
矢野「だって、俺が北野と付き合ってるんだ。お前達はもう何も関係ないだろう?あ、それからお前の携帯に入ってる北野の番号も消しといたからネ★」
眞野「

眞野「それなら・・・意地でも北野を取り戻してみせる!!
                    RRRRRRRRRRR
眞野「あ、もしもし眞野ですけど、、竜君のお母さんですか?あのですねぇ、今度の日曜日に同窓会がありまして、竜君に細かい事をいろいろ伝えたいので、ケータイの番号とアドレスを教えてほしいんですけど・・・。。。あ、ハイ、090-、、、、、、、ありがとうございます。デヮ」
                   ツーツーツーツー
眞野「よし!!後は、この番号に電話して・・・。」

北野「もうどうしよう・・・・矢野君は本当にどこから現れるか分かんないから、眞野君と会うなんて無理だし・・・・・。あ、携帯だ・・・、誰からだろう?登録されてないトコからだ。もしもし?」
眞野「もしもし、北野?!」
北野「あ!眞野君?!?!番号なんでわかったの?」
眞野「お前の家に電話した。それより、お前本当に矢野と付き合ってるのかよ!」
北野「、、、う、、、ん」
眞野「!!!お前はずっと俺の事が嫌いだったのか?それと
北野「違う!!!実は、眞野君がプール行ってる間に、矢野君が、「眞野が倒れた」って俺に言って、「どこ?」って聞いたら「ヤったら教えてあげる」って、、、」
眞野「、、ヤったのか?」
北野「う、、、ん」
眞野「!!」
北野「だって!!眞野君が心配で、、それでヤり終わった後に、嘘って言われて、、、ヤったのを眞野にバラされたくなければ、俺と付き合えって・・・。」
眞野「それじゃぁ、もう俺と付き合ってイイんだな?」
北野「?」
眞野「だって、もう俺は2人がヤったと知っから、お前達は付き合わなくてもイイんだよナ、頼むから、、、お前をせめたりしないから、もう1度俺と付き合ってくれよ、北野・・・!」
北野「ハイ、、、、!!」

気づいて 

2005年10月25日(火) 19時14分
成田空港
眞野「キタ─────(゜∀゜)──────!!(笑)」
コーチ「じゃ、解散。体気ぃつけろよ」


眞野「よしッ!まずは北野に電・・・いやイキナリ行って犯すってのも面白いな」
バンッ
眞野「ちぃーっす!!!!北野wwwって・・・あ?」
矢野「眞野チャン!久しぶり〜v」
眞野「待てよどういう事だよ?答えろ北野」
矢野「実は俺ら付き合うことになったんだ〜!!!な?・・北野・・
北野「あ・・・うん・・・・・・」
眞野「・・・もう・・・いい」
北野「待って眞野君!
矢野「眞野チャンも物分りがいいね。北野、お前はこっちだよ」
眞野「・・・?」

北野「携帯返してよ!」
矢野「おっとそうだった。ほれ」
北野「・・・あ゛ーー!!!!!!!!!!眞野君のケー番とアドが!!」
矢野「こっそり連絡取られちゃ困るんでね♪」
北野「最悪・・・・最低だよぉ!」
矢野「失礼ダネ手細かって言って欲しいナ♪」
お願い。眞野君・・・・気づいて・・・・・・・・眞野「北野・・・・」

 

2005年10月24日(月) 20時16分

北野「う、、、、、うん。ホントに会わせてくれるんだね?!」
矢野「あぁ、」

北野「い゙、痛い!!矢野君何してんの??」
矢野「しばってんの。北野が動かないように・・。」
北野「いたいよぉぉーそんなにきつくしないでよぅ」
矢野「ハイハイ」

北野「・・・・・う、、、、、、ん
矢野「う、、、、、入れ、、る、、ぞ、、!!」
北野「、、、、ん」
矢野「ぁ、、、、、、」
北野「うぅー!」

矢野「なぁ、北野?」
北野「何?早く眞野君の所行かして!」
矢野「それ、、、、だから。」
北野「え?」
矢野「俺、北野とヤりたくて北野にそう嘘ついただけ。眞野も可哀想になぁ」
北野「どーゆー事?!俺を騙したの?!最低!矢野君なんか大ッ嫌い!!」
矢野「別にさぁ、北野が俺の事、嫌いとか好きとか、もうどうでもよくなってきた。」
北野「え?」
矢野「俺とヤった事。眞野にバらされたくなければ、俺と付き合って、」
北野「は?ヤダよ」
矢野「じゃぁ、眞野に俺と北野がヤったって、今から電話で言おうっと!」
北野「お願い!それだけはヤめて!、、、、、、、、、、イイよ」
矢野「本当?やったw」

貧血眞野 

2005年10月17日(月) 21時40分

北野「眞野くぅ〜ん・・・早く帰ってきて・・(泣)」
そんな期待もむなしく、帰るのは程遠い眞野君だった

眞野(大丈夫かな北野・・)
コーチ「ホラ準備体操するぞ!何ボサッとしてんだ!」
眞野「すみません!!!!!!」

矢野「野口君タイミングよすぎですよ〜」
野口「そーゆーシュミだったん!!!!???」
北野「ちょっとヤメようよそういう話〜」
矢野「眞野チャンもヤりかたやっさしい〜vほらコイツの首のトコw」
野口「うわ!!!堂々とキスマーク見せ付けんなよぉ!」
北野「ちょっと矢野君!!!俺みせモンじゃないんだよッ!」
先生「ちょっとそこうるさすぎ!!!!!!」

北野「矢野君のせいだ」
矢野「何?何?バツとして掃除の何が悪い?」
北野「変な事言ってくるからでしょ!!!!!!」
矢野「へいへい・・・・おっと電話・・・もしもし?うん、うん、、、、はぁ!?眞野チャンが!???マジで?すぐ行くわ」
北野「どうしたの!???」
矢野「眞野チャンが倒れたらしい、貧血らしいけど心配だから行ってくるわ」
北野「ええええ!???俺も行く!!!!!」
矢野「いけるのは一人なんだ」
北野「お願い矢野君・・・・・」
矢野「・・・・よし。お前が俺に抱かれりゃ行かせてもいいけど?」
北野「それって・・・」
矢野「今、ヤるってことだよ」
2005年12月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
コメの数々vv
アイコン画像管理人 紗南
» 最後の下校 (2005年12月15日)
アイコン画像管理人 葵
» 最後の下校 (2005年12月15日)
アイコン画像
» 最後の下校 (2005年12月15日)
アイコン画像
» 最後の下校 (2005年12月04日)
アイコン画像管理人A!!
» おかしい (2005年11月05日)
アイコン画像管理人@
» おかしい (2005年11月05日)
アイコン画像
» おかしい (2005年11月03日)
アイコン画像管理人A
» 浮気 (2005年10月11日)
アイコン画像管理人@(笑
» 浮気 (2005年09月26日)
アイコン画像
» 浮気 (2005年09月26日)
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:kazeni62
読者になる
Yapme!一覧
読者になる