Kseniya Simonova(クセニア・シモノヴァ) 

August 27 [Sat], 2011, 7:18
昨日の健康診断の待合室で観たテレビだっただろうか。
営業中だっただろうか。

“サンドアート"なるものに出会った。
阿部何某さんという方のPVとのこと。
砂が人の手によって次々と姿を変えていく。

「すごい」

と思いつつ、その場では調べず。
夕方に聞いたラジオで
♪縄文土器〜 弥生土器〜 どっちが好き〜♪
という歌を聴いて、"レキシ”というユニットの存在を知り昨晩YouTubeで検索。
サンドアートの事は頭から無くなっていた。

今朝、ふと5時に目を覚まし

「あ、サンドアート」

と思い「阿部」「サンドアート」で検索。

→阿部芙蓉美 『空に舞う』

衝撃。
あーこのすごさを言葉で表現できるようになりたい。
でも今は便利だよね。
リンク貼り付けりゃいいんだから。
これだよ。
http://www.youtube.com/watch?v=wSQ_p0HtGNA

歌もイイんだけど、やはりサンドアートは圧巻。
その天才は

Kseniya Simonova(クセニア・シモノヴァ)



「2008年、世界金融危機の影響で職を失ったことをきっかけに、砂で絵を描き始める。それから1年も経たない2009年、母国ウクライナのテレビ番組『ゴット・タレント (Україна має талант)』に出演。第二次世界大戦の間のナチス・ドイツに対するソ連の大祖国戦争の中の人生を砂絵アニメーションでパフォーマンスを行い、番組で優勝。賞金として100万フリヴニャ(12万5千米ドル)を獲得した。YouTubeにアップロードされたこのパフォーマンス映像は、全世界で5,000万以上のヒットを受けた。

日本においても、音楽家の坂本龍一がTwitterにおいて高く評価したことや、2010年に歌手の阿部芙蓉美の楽曲「空に舞う」のPVに出演するなどで知られる。」
(Wikipediaより引用)

Wikipediaも更新する人少なくなったよね。情報少な。
シンデレラガール。

荒んだ心に染み渡ったので書いてしまいました。
安部公房の小説『砂の女』も好きだし、自分は砂が好きなのかもしれない。
砂のあの主張のない色や無機質な手触り。煙の様に風で舞う姿は美しい。
そして野生の砂は人を殺す力もあれば、クセニア・シモノヴァという才能豊かな人の手にかかれば自在に姿を変える。

しかし…

みんな知っててオレだけが今さらハシャいでるんだったら恥ずかしいわ。

ちなみに“レキシ”はこれ。
http://www.youtube.com/watch?v=OTKQ_WCwMYw

これももうみんな「CD持ってます」とかだったら恥ずかしいわ。
最近、自分が流行についていけてるかがホント不安。

プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:木村
  • アイコン画像 性別:男性
  • アイコン画像 誕生日:1982年
  • アイコン画像 血液型:AB型
  • アイコン画像 現住所:東京都
  • アイコン画像 職業:会社員
  • アイコン画像 趣味:
    ・読書
    ・球技
読者になる
2011年08月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
最新コメント
アイコン画像筆者
» 森山未來主演の『変身』 (2010年03月15日)
アイコン画像
» 森山未來主演の『変身』 (2010年03月15日)
アイコン画像
» いつもより早めに帰宅 (2010年03月10日)
アイコン画像
» yaplog!はじめました (2010年03月08日)
Yapme!一覧
読者になる