【 更新情報 】

スポンサード リンク

皮膚のかゆみ症状

 皮膚のかゆみの症状は、全て同じというわけではありません。
例えば、アトピーのかゆみは、夜寝ているときやお風呂上がりなどに強烈にひどくなるかゆみで、がまんができないために掻き壊して症状が悪化してしまうことが多いのです。
 どうして、アトピーはかゆみが治まらないのかと言うと、かゆみに対する原因物質があるのではないかと言われています。アトピーのかゆみは、薬を塗れば治まるというものではなく、皮膚のバリア機能が低下しているので、なかなか治りません。気長に塗り薬や飲み薬などで治していくしかないですね。
 また、食べ物のアレルギーで、急にかゆみが出てくるという場合もあります。一番多いのが、卵アレルギーや乳製品のアレルギーです。赤ちゃんなどが、初めて卵などを食べてしまった時に、顔が真っ赤に腫れ上がったようなじんましんが出た場合には、アレルギーが考えられます。しかし、このような食べ物を食べなければ症状は治まるので、比較的原因はわかりやすいです。もし、原因が分からなくて困っている場合には、医療機関でアレルギーテストなどを受けてみましょう。そうすれば、原因を突き止められます。

かゆみ止め

 かゆみ止めには、色々な種類のものがあります。たとえば、蚊に刺された時に使うようなスーッとするタイプのムヒのようなものやデリケートゾーンに使う軟膏などです。注意が必要なのは、効果があるからと言って無闇にステロイドが使用されているかゆみ止めを使わない方がいいと言うことです。
 ステロイドというのは、アトピーに効果があることで皮膚科などで処方してもらいます。そして、ステロイドにも段階があり、とても強いものや弱いものがあるので、いきなり強いものを使ってしまうと副作用が心配されます。そして、使う用途によっては、菌が繁殖してしまうこともあります。性病などのかゆみにはむかないこともあるでしょう。
 もし薬局で、かゆみ止めを買う時には、非ステロイドと表示してあるものを選んだ方がいいかもしれません。初めは効き目の効果は薄いかもしれませんね。
 そして、もしかゆみが治まらない場合には皮膚科できちんと診察を受けてから薬処方してもらいましょう。ステロイドは、使ってはいけないという人もいますが、正しい使い方をすれば、効き目がよくかゆみにも効果があります。くれぐれも自己判断で使用することはやめましょう。

デリケートゾーンのかゆみ

 デリケートゾーンがかゆくて悩んでいる人は、意外とたくさんいるみたいですね。女性は特に、デリケートな部分、デリケートゾーンがかゆくても、病院へ行ったり、人に相談することは恥ずかしくてできないですよね。
 デリケートゾーンがかゆいときの原因として考えられるのが、生理中だからということがありますね。生理用のナプキンにかぶれたという話をよく聞きます。ナプキンが合わなくてかぶれたということや、生理中は、デリケートゾーンに湿気がこもってしまいがちです。それによって、かゆみが出てくることもあります。こういったことが原因だと、生理が終われば良くなります。
 でも、なかなかかゆみが引かないと言った場合には、どういうことが考えられるのでしょうか。少しのかゆみならば、市販の薬でかゆみや炎症を抑えることができます。よく効くのは、フェミニーナ軟膏、デリケアなどですね。これらは、処方箋が無くても薬局で買うことができます。しかし、このような市販のかゆみ止めが効かない場合には、性病などが原因しているかもしれませんね。一般的な薬では治すことができないので、迷わずに婦人科などを受診してください。

乾燥肌とかゆみ

乾燥肌とかゆみには、深い関係があります。特に女性は年を取ってくると肌の水分量が低下して乾燥肌になります。子供の頃は、潤っていた肌も次第にかさついてきます。そして、乾燥肌は、皺を増加させる原因にもなります。
 乾燥肌が軽いうちは、なんだか化粧乗りが悪いなと思う程度でしょうが、ほっておくと、肌にかゆみが出てきます。かゆみは、なかなか良くならない、酷くなる一方だとアトピーになっている可能性もあります。アトピーとは、原因がよくわからない場合が多いです。突然、アレルギー性の皮膚炎のように肌がかゆくなってしまうこともあります。女性の場合は、女性ホルモンが影響している場合もあります。ホルモンバランスが乱れたりすると、肌がかゆくなるのです。これは、生理前などに起こりやすいですね。よく、生理前に顔に吹き出物ができるときがありませんか。これは、女性ホルモンが関係しています。
 乾燥肌を治す為には、まず重要なのは体を清潔に保ち、充分に保湿をするということです。体を洗う場合には、石けんなどをよく泡立ててから洗います。この際体を擦らないようにします。泡の力で優しく洗い上げましょう。顔の場合も同じです。
そして、大切なのは洗い残しがないようにすることです。石けんカスなどが残っていると、かゆみの原因になります。しっかりと流水で洗いましょう。その後は、基礎化粧品などで保湿を充分にします。

顔のかゆみ

 顔のかゆみで困っている人はいないでしょうか。冬の乾燥の激しい時期などに、急に空気が暖かい建物の中に入ったりすると、顔がかゆくなりませんか。これは、乾燥性の敏感肌でかゆみが出ているのでしょう。
 その他にも、化粧品などにかぶれたり、強い化粧品が合わなくてかゆみが出ることもあります。こういう場合には、使用を停止して様子を見る必要がありますね。顔に刺激になることは避けたいですね。
 顔のかゆみは、ひどい時には髪の毛がちょっと顔に触れただけでもかゆいと感じることがあります。これは、過敏性の敏感肌が原因ではないでしょうか。何か原因物質があり、かゆみを生じさせているのかもしれないで
すね。こういった顔にかゆみを感じる時には、基礎化粧品ぐらいの手入れだけにしておき、化粧はやめておくことやコンタクトを使用している場合には、使用をやめておくなどの処置をとりましょう。意外と、コンタクトの液によって皮膚がかぶれているという人もいます。シャンプーなどの界面活性剤が原因であることもあります。シャンプーのすすぎ残しが頭に残り、髪がふれる度に顔がかゆくなるなる人もいます。少し敏感肌だと思っている人は、敏感肌用の刺激の少ない石けんシャンプーを使用することなどを検討してみましょう。
 あまりにも顔のかゆみが気になるという場合は、皮膚科などで相談してみることをお勧めします。

乾燥肌のかゆみ対策

 乾燥肌のかゆみ対策には何が効果的でしょうか。乾燥肌は、肌の水分量が不足していることが原因で起こります。この為には、しっかりと保湿をすることが一番重要なのです。乾燥肌が悪化してしまうと、肌荒れだけでなくかゆみをともなうアトピーのような清浄になってしまうこともあります。特に、女性は30代を過ぎてくると急激に肌の水分量が減ってきます。そのことにより、今まで乾燥肌ではなかった人まで、乾燥肌になってしまいます。ほっぺなどは乾燥しても、鼻の付近はオイリーという厄介な混合肌の方も多いのではないでしょうか。
 乾燥した肌を潤すには、しっかりと化粧水で何度もパッティングすることが重要です。そして、ローションパックなどもとても効果的です。佐伯チズさんのローションパックも話題になりましたね。これは、毎日持続することが大事みたいですよ。
そして、その後は、保湿クリームで肌を保護してあげるといいですね。毎日、基礎化粧品をする時間を充分に取ることで、顔の肌荒れにはかなりの効果があるようです。
 あとは、サプリなどで乾燥肌を内側から治していくことも大事です。年を取ってくると、肌のバリア機能が低下し、ヒアルロン酸が少なくなってきています。このヒアルロン酸をサプリでとることでかなりの肌荒れの改善になります。飲みやすいタイプのものがいくつもあるので、色々と試してみるのも良いでしょう。

湿疹のあるかゆみ

 湿疹のあるかゆみに対して効果が高いのはどのような薬でしょうか。
湿疹にも様々な種類があるので、無闇に市販の薬で症状を抑えようと思わない方がいいでしょう。体に虫さされのような湿疹が出た場合には、湿疹の見極め方も重要です。
 もし、その湿疹が赤く小さなポチポチのようなもので体中にできているのならば、もしかしたらダニなどが原因かもしれませんね。布団についたダニにさされるとポチポチとしたような湿疹ができます。その場合は、布団を干したり、布団に掃除機をかけるなどして原因物質となるダニなどを排除していかなければ湿疹は治りません。
 そして、顔ににきびのような大きな湿疹がたまにできたりすることはありませんか。これは、体の中からの不調が原因かもしれませんね。甘いものや脂っぽいものを食べ過ぎたりするとにきびがひどくなると言いますね。このようなにきび系の湿疹には、食生活を改善することが一番効果的です。野菜を多くとり、ジャンクフードは食べないようにすることが肌にも良いでしょう。
 その他にも、アトピーのような湿疹がかゆい場合などは、皮膚科の受診をお勧めします。このような治りにくい湿疹に、自己判断でかゆみ止めなどを使うと症状が悪化する恐れがあります。

肌荒れとかゆみ

 肌荒れとかゆみには、密接な関係があります。肌荒れが激しくなる季節というのもあります。春になると急に肌荒れが目立ち、かゆみが出てくるという人がいます。この場合は、花粉に夜肌荒れとかゆみが考えられますね。花粉症とは、よくくしゃみがとまらなくなる、目がかゆい、鼻水が出てしまうなどの症状がありますね。しかし、花粉症で肌があれ、かゆみが出てくることもあるのです。例えば、目がしょぼしょぼし、目の周りがただれてしまうこともあります。この場合には、眼科と皮膚科の両方を受診した方がいいでしょう。そして、花粉の多い季節の外出は、なるべく帽子をかぶったり、マスクをしたり、サングラスをし、肌に花粉がつかないようにナイロンの服を着て出かけることを心がけましょう。また、家に帰ってきても、すぐに着替えができるようにして体に花粉を残さないようにする必要があります。
 また、夏に肌荒れがする人は、紫外線が原因と思われます。紫外線は、皮膚がんの原因にもなりますし、UVカット効果のある日焼け止めなどで予防しましょう。しかし、肌が弱い人は強い日差しに当たるだけでも肌荒れを起こすのです。この場合には、敏感肌専用の日焼け止めや赤ちゃん用のUVクリームなどで、優しく肌を保護してあげましょう。

皮膚のかゆみ

 皮膚のかゆみはどうやったら良くなるのでしょうか。軽いかゆみの場合は、とにかく水分不足などが原因かもしれません。顔と同じように、お風呂から上がったらすぐに(3分以内がいいそうです。)
保湿剤を体に塗り込むことが大事だそうです。とにかく、体を保湿してあげることで乾燥を防ぐ方法が一番効果があるのではないでしょうか。これは、乾燥性のかゆみがある方にはとても効果的な方法です。
 しかし、なかなか皮膚のかゆみが治まらない、かゆくてたまらない心配している方は、検査を受けてみることをお勧めします。異常に肌がかゆい場合には、何らかの原因があるでしょう。何かアレルギー物質にふれてしまった場合や、食べ物のアレルギーで肌がかゆくなってしまうこともあります。そして、原因がよくわからない場
合は、アレルギー性皮膚炎の可能性もあります。これらは、ダニやホコリなどのハウスダストが原因で、皮膚がかゆいということもあるでしょう。これらのことを検査したい場合には、病院へ行って血液検査などで、原因物質を探る必要があります。これらの原因物質を除去しないことには、いくら塗り薬などを塗っても、かゆみは治
まらないでしょうね。

かゆみの原因

 肌のかゆみの原因は、一体なんでしょうか。ちょっと肌に、何かが触れただけでかゆくなることってないですか。例えば、髪の毛がふれただけでかゆく感じることや、体をタオルで拭いた時にこすれたようにかゆみが出ることがありますか。これは、敏感肌になっているのでしょうね。過敏性敏感肌は、何かがふれたりした時に反応してしまいます。
 他にも、乾燥が原因でかゆみが起きることもあります。それは、乾燥性の敏感肌ですね。乾燥性の敏感肌は、冬に空気が乾燥している時におきやすいですが、皮膚の水分が少ない状態が持続してしまっている人は、季節に関係なく肌が乾燥しています。これは、加齢が原因であることもあります。そして、乾燥肌が悪化してしまうと、かゆみが治まらずにアトピーのようになってしまいます。だいたい、アトピーの人は乾燥肌の方が多いですね。
 そして、かゆみはいつおきるかと言うと、夜寝ている時などに異常に肌がかゆくなることがあります。これは、体が温まることによってかゆみが増してしまうのです。かゆくて寝られないというアトピーの方も多いですね。そして、かゆいから掻いてしまい、傷になり悪循環を引き起こしてしまいます。
 このようなかゆみは、もしかしたらアレルギーが原因で起こるのかもしれません。布団で寝ている時に異常にかゆいといった場合は、ダニなどが原因かもしれません。
P R