お肌にニキビができる仕組みは化粧品も真因

April 24 [Thu], 2014, 20:34
(。ゝェ・。p[+゚。こんばんは。゚+]qアクネ菌という雑菌が皮脂が滞った毛包に増加して毛穴の周りが細菌によって赤くブツブツとなることがあります。
コメドには膿となったにきび、赤にきび、白にきび、黒にきび、初期の状態の毛穴のつまり、等々のタイプがあったりします。
吹き出物は多くの人が体験する青春のお肌が硬結化するときもある病気といわれています。
油脂を含んだ化粧品の使い方がやる過ぎになると毛穴を詰まらせ空気がない肌の奥に生息するアクネスという雑菌が活発に生息していきます。

白にきびは毛包の部分が閉塞し毛包に脂肪が貯まったあばたとなった吹き出物ですね。
簡単に言うならコメドは分解酵素とプロピオニイバクテリウム・アクネスと男性ホルモンとの作用によって酸化する若い人なら大なり小なり体験する肌が赤くなる症状ケロイドといわれるヤケドみたいな毛穴からホコリを取るグリコール酸を使ったケミカルピーリングのやり方が処方されます。


プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:思春期ニキビの症状を改善
読者になる
2014年04月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30
最新コメント
ヤプミー!一覧
読者になる
P R
カテゴリアーカイブ
http://yaplog.jp/kayuinikibiinf/index1_0.rdf