【 更新情報 】

スポンサード リンク

かゆ作り方

白米をやわらかく煮たのがおかゆといいます。
おかゆは胃腸にとても優しいので、
風邪をひいているときには最適ですね。
おかゆの作り方ですが、といだお米を1時間くらいお水につけ、
強火にかけます。ふたを少しずらして、50分ほど弱火で煮ます。
出来上がったら5分くらい蒸らしてから食べることが必要であるようです。
おかゆをおいしくするポイントとしては、
おかゆを煮ている間にかき混ぜないということです。
かき混ぜることでお米に粘りが出てしまうので、
あまりかき混ぜないようにしましょう。
鍋は底に厚みがあるものがいいので、土鍋などが好ましいと
されています。
底が厚いことで火のあたりが弱くなるということです。
おかゆを炊飯器で炊いたご飯で作るときは、
ご飯の2倍から3倍程度の水を加え、
火にかける前にほぐしておくことが大切であるようです。
煮るときには、中火で煮立ちすぎないように煮ることが
必要であるようです。
おかゆを作ったら、あとはお好みの具を入れるだけでかなり
バラエティーに富んだおかゆを作ることができます。
卵などを入れてもいいですね。
おかゆは作り置きもできるようですよ。

かゆレシピ

おかゆは胃腸にとっても優しい食事ですよね。
風邪をひいてしまったときや、二日酔いで気持ちが悪いときなどに
最適の食事です。またダイエットにも効果的であるようですよ。
おかゆのレシピはいろいろありますが、
おかゆの中でも最もメジャーなのが、卵がゆであると思います。
おかゆに卵を入れれば、少しでも栄養のあるおかゆになりますし、
味もおいしくなりますよね。
まずは卵をときほぐし、だしを煮立て弱火にして薄口しょうゆとしょうゆで
味付けをします。
煮ておいたおかゆにときほぐした卵を入れ、だしと一緒に入れれば
出来てしまいます。
おかゆは簡単にできるものですよね。
おかゆをおいしく作るコツとしては、
出来れば30分以上お米をお水につけておくことです。
お水にお米をつけておくことで水を吸収し、
ふっくらつやつやのおかゆができるのです。
胃腸の調子が整ってきたら、いろいろな具を少しづつ入れていくのが
いいと思います。
鮭フレークなどを入れてもおいしいですし、韓国風にしてみても
いろいろな味が楽しめるのでおいしいですよ。
かゆは工夫次第でいろいろなレシピが生まれるので、
あなたの舌に合ったかゆを探してみてください。

かゆ種類

おかゆは、炊飯器で作ることもできるおなかに優しい食事です。
炊飯器で作る場合、短時間で作ることができてしまうため
離乳食や風邪をひいてしまったときの食事にぴったりです。
おかゆはアイデア次第でいろいろなレシピができるので、
あなたの好きな具材をなんでもトッピングすることができます。
中華かゆや韓国風がゆ、またリゾット風にした洋風かゆなど
あなたのアレンジ次第で何でも可能です。
おかゆのレシピをあげてみると、
卵がゆ、かに雑炊、チキンとブロッコリーを入れたリゾット風、
きのこの玄米入りリゾット、かき雑炊、ウインナ入りトマトリゾットなど
種類も豊富です。
中華風にしてもよし、韓国風にしてもよし、洋風にしてもよしという
国際的な食事でもありますね。
離乳食にする場合には、すりつぶした野菜をおかゆとあえることで
簡単においしいおかゆができてしまいます。
またおかゆは普通のご飯のカロリーが半分なので、
ダイエットにも最適です。
おかゆは熱いのでふうふう冷まして時間をかけて食べることで、
満腹中枢を保つことができます。
おかゆは余った食材でも組み合わせるとおいしくなるので、
万能な食事ですね。

離乳食かゆ

おかゆは胃腸にとってもやさしい食事なので、
赤ちゃんには最適の食事ですね。
離乳食として人気のおかゆを紹介します。
人気なのが、野菜たっぷりがゆ、きな粉がゆ、しらすがゆ、ほうれん草がゆ、
かぼちゃがゆです。
野菜たっぷりがゆは、皮をむいて刻んだにんじんや、キャベツ、大根などを
すりおろし、和風だしでやわらかく煮て、おかゆとあえるというものです。
野菜がたくさん入っているので栄養も満点です。
きな粉がゆは、おかゆにきな粉をかけるだけの簡単レシピです。
きな粉は甘くておいしいですし、その上に和風だしをかけてもいいようです。
デザート感覚のおかゆにもなりますね。
しらすがゆは、湯通ししたしらすに少し塩をふり、
おかゆとあえるというものです。
しらゆにはカルシウムも入っているので成長期にはちょうどいいです。
ほうれん草かゆは、刻んだほうれん草をゆで、おかゆとあえるというものですが、
ほうれん草とおかゆの相性がよく、おいしく食べられますよ。
がぼちゃがゆも同様です。煮たかぼちゃをだし汁と一緒におかゆに入れるという
ものですが、これはかぼちゃがとてもほくほくしていておいしくいただけるということです。
野菜と一緒にあえるというのは、栄養もつくのでおすすめの
離乳食です。一度試してみてください。

鯛かゆ

おかゆは風邪をひいたときに簡単に作ることのできる食事ですよね。
胃腸にもとっても優しいので、好きな方も多いと思います。
一般的におかゆに入れる具としては卵や野菜、しらすなどですよね。
おかゆは冷蔵庫の余りものでもおいしくできるので
安上がりでいいと思います。
そんなおかゆを少し豪華にしてみたいと思いませんか?
おすすめなのが、鯛のおかゆです。
鯛のお刺身を用意して鯛のお刺身を入れるだけでいいのですが、
鯛が少し湯引きされた感じになってとてもおいしいようです。
お好みでごま油などをかけてもおいしいようですよ。
おかゆはなんとなく風邪をひいたときに食べるものと思いがちですが、
具によっては、本当に豪華なおかゆになりますね。
おかゆに鯛を入れることで、だしがでて汁もおいしくなるようです。
見た目にも豪華になるので、とてもいいですよね。
お酒を飲んだ後などに食べたいものです。
おかゆにはいろいろな種類があり、具によっておかゆの印象もかなり変わってきます。
月並みなおかゆに飽きてしまった方は、おかゆに鯛を入れてみても
いいかもしれません。

中華かゆ

おかゆは中華料理の中でも、なかなかメジャーな食事であるようです。
中華の食材はおかゆにもよく合うので、中華料理屋さんに行った際に
中華かゆを頼む方もいるのではないでしょうか。
中華かゆの特徴としては、あらかじめ洗った米をサラダ油で少し炒めてから
調理を開始するということです。
これは日本のおかゆとは異なる調理ポイントですね。
また煮込むときも水だけでなく、鶏がらスープを少々入れることも特徴であると思います。
具材も貝柱やザーサイ、チャーシューなど中華料理独特なものが多いので、
おいしくいただけます。
最後にごま油をトッピングしたりしているので、
こう考えてみると中華かゆは日本のおかゆよりも油を使っており、
カロリーも高くなっているかもしれません。
具材も中華料理にそのまま使うようなものを利用しているので、
おかゆという感じではなく、本格的な料理として楽しむことができそうです。
中国ではおかゆを朝ごはんとして食べることもあるようなので、
中華かゆにはいろいろなバリエーションがあるようです。
いつも食べているおかゆに飽きてしまったら、
中華かゆを作ってアクセントをつけてみてはいかがでしょうか。

かゆ鍋

みなさんはおかゆ鍋をご存知ですか?
炊飯器でおかゆモードがついているものもあるのですが、
白米からおかゆを作る場合、なかなか作るのに時間がかかってしまったり、
手間がかかったりしますよね。
そんな方におすすめなのが、おかゆ鍋です。
おかゆ鍋は、おかゆを作り専門の機器なのですが、
TIGERや東芝、ビジョンなどのメーカーがこぞって販売しています。
値段は約8000円ほどと、炊飯器と同じくらいです。
電気おかゆ鍋なら、お米をおかゆ鍋に入れておいて放置しておくだけで
一時間後にはおいしいおかゆができるようになっています。
実際に土鍋などでおかゆを作ると、火の調節や水加減が大変だったりして、
手が離せないのですが、電気おかゆ鍋を利用すれば
放置しておくだけで簡単にできてしまいます。
おかゆは離乳食やダイエットにも最適だと言われています。
カロリーも低いので栄養のある具を混ぜればヘルシーな食事になります。
赤ちゃんのいる家庭やダイエットをしている方は、
おかゆ鍋を買って、簡単におかゆを作ってみませんか。
価格もなかなか手頃なので、定期的におかゆを食べる方には
電気おかゆ鍋は本当におすすめの商品です。

韓国かゆ

以前韓国に行った際、ホテルの朝食におかゆが出てきました。
韓国かゆを食べたことがなかったので早速食べてみると、
塩味とごま油の風味がマッチしていて
とてもおいしかったです。
具材は海の幸の貝類が多く入っていたのですが、
おなかにもやさしく、辛い韓国料理に飽き飽きしていた私にとって、
韓国かゆは救世主のようでした。
朝の食欲にもぴったりで、栄養も満点なのでおいしく間食することができました。
韓国かゆは種類がたくさんあるようで、
あわびかゆ、牛肉かゆ、野菜かゆ、あずきかゆ、高麗人参かゆなど
バリエーションも豊かです。
高麗人参は癖があるので好きな方と嫌いな方に別れるかもしれません。
私が食べたのはあわびかゆだったと思うのですが、
あわびがとてもやわらかく、ごま油とマッチしていてとてもおいしくいただけました。
腹持ちもとてもいいので、おかゆという感じではなく本格的な食事といった感じで
おいしかったです。
新大久保には韓国かゆの専門店なども多くあるようなので、
本格的な韓国かゆを試してみたいという方は、
新大久保に足を運んでみてはいかがでしょうか。

かゆダイエット

おかゆダイエットは、主食の白米をおかゆに切り替える方法です。
おかゆはいろいろなレトルト食品も販売されていますが、
炊飯器におかゆモードがついていれば、簡単に作ることができます。
おかゆは何でも好きなものを入れることができるので、お好みの具を入れることで飽きずに続けることができると思います。
おかゆは、ご飯よりも少量でおなかいっぱいになるので、白米を食べるときよりもカロリーを減らすことがでるというものです。
ご飯一膳で200キロカロリーなのですが、おかゆはその半分の100キロカロリーですむのでカロリーを抑えるには最適の食事です。
またおかゆは熱いということもあり、冷まして食べることで時間をかけて食べることができます。
早く食べるよりも時間をかけて食べる方が、満腹中枢に「おなかがいっぱい」という刺激がいくので食べる量も必然的に減らすことができます。
おかゆダイエットは食べる量も減らすことができますし、カロリーも低いので、なかなか人気のダイエットであるようですよ。
おかゆダイエットの評価も高くなっていますし、おかゆを信じて、じっくりと継続することで効果がでてくるものだと思えます。

かゆ専門店

おかゆ専門店で有名なのが、赤坂の一ツ木通りにある
ホンジュクという韓国かゆのお店です。
一ツ木通りにはいろいろな韓国料理のお店があるようですが、
その中で異彩を放っているのがホンジュクです。
ホンジュクは韓国では5000店以上もある巨大チェーン店であるようです。
おかゆの種類もかぼちゃのおかゆや鮭のおかゆ、
牛肉のおかゆ、あわびのおかゆ、高麗人参のおかゆなど
具材も韓国独特のものを使用しているようです。
韓国料理というと焼肉やキムチを連想してしまいますが、
おかゆも韓国ではメジャーな料理の一つであるようです。
ランチメニューも豊富であるようですが、
ランチにおかゆだと消化が早そうなので
夜までおなかが持つがどうか不安ですよね。
しかし韓国かゆのホンジュクでは量も多く、具材も本格的なものを
使用しているようなので、なかなかおなかいっぱいになってしまうようです。
また新久保付近にも韓国かゆ専門店はたくさんあるようですよ。
価格もなかなか安いようなので、
韓国かゆ専門店に行ってみたい方は、新大久保に行ってもいいかもしれません。
きっとおいしいかゆ専門店にめぐり合うことができるはずです。
P R